{{ message }}
Article square balloon
2017-05-22

経理が従来の1/10で終わる!?freee・マネーフォワードなどクラウド型会計系スタートアップまとめ!

- PR -
- PR -
Large
Article thumbnail cover

クラウド型会計サービスは、バックアップやセキュリティ管理の必要がなく、すぐに始めることができるのが特徴です。企業側がデータを一元管理・対応するため、ユーザーがバックオフィス業務に費やす時間と費用を削減することができます。

今日はそんな低価格でサービスを提供している会計系スタートアップについてまとめてみました。

 

1.freee(フリー)

スクリーンショット 2015-05-12 16.28.09

クラウド給与計算ソフト「freee」は、税金や保険の知識がなくても、1クリックで簡単に給与計算を行えるもの。他にも、課税所得、源泉徴収票、扶養控除など複雑な所得の計算も簡単に行うことができるもの。

元Googleの方が作ったクラウド会計ソフトとして有名です。クラウド型会計ソフトではダントツのシェアナンバーワンでもあります。

2014年4月には、DCMなどの2社から資金調達を実施しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

2.MerryBiz(メリービズ)

スクリーンショット 2015-05-12 16.29.12

会計・経理アウトソースサービスのMerryBizは、溜まっているレシートを封筒に入れてポストへ投函するだけで、経理データが届くというもの。基本料金2,980円からです。

その他にも銀行通帳やカード明細など、オンラインサービスと連携することができたり、全ての経理書類の入力代行/仕訳処理に対応するサービスを提供しています。

「弁護士ドットコム」や家事シェアリングサービス「エニタイムズ」と業務提携、セットプランの販売をするなど広範囲に渡りサービスを提供しています。

2014年5月には、リブ株式会社、 三井住友海上キャピタルから資金調達を実施しています。

3.Misoca(ミソカ)

スクリーンショット 2015-05-12 16.29.57
クラウド請求書管理サービス「Misoca」は、初期費用も月額費用も0円の請求書管理サービスで、請求書作成がわずか1分でできてしまうもの。

Misocaは、「弥生」「freee」「MFクラウド会計」と会計サービスの連携をしており、ウォンテッドリー株式会社などの導入事例があります。

また、同社は2014年には、SMBCベンチャーキャピタルと既存株主であるインキュベイトファンドから総額7,000万円の資金調達を実施。2013年の資金調達と合算すると総額1億円にも上ります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

4.MFクラウド会計

スクリーンショット 2015-05-12 16.30.56
「資産管理まとめ」でもご紹介したマネーフォワード社が提供しているサービス。MFクラウド会計では、仕訳登録を学習して、次の仕訳ルールに反映したり、各金融機関のデータ再取得を一括で行ったりすることができる点などが競合との差別化のポイントとなります。

マネーフォワード社はこれまでに総額で約15億円の資金調達を実施しております。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

【番外編】ユビレジ

  • MFクラウド会計と連携
  • 世界初のiPadレジシステム
  • あらゆる店舗で使える

ユビレジは、MFクラウド会計と提携していて、売上データを自動で取得することが可能です。飲食店や小売店で非常に多く使われているサービスなので、合わせて検討してみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

5.MakeLeaps(メイクリープス)

スクリーンショット 2015-05-12 16.31.44

MakeLeapsは請求書の発送をかわりにやってくれるもので、本来やるべき「印刷、切手の添付、投函」を全て代行してくれます。

現在の利用者数は、国内15,000社以上の個人事業主や法人です。シンプルなインターフェイスでも特徴の1つです。

MakeLeapsでは、外貨とバイリンガルインターフェイスにも対応しており、両言語で書類を作成、編集、発行することも可能です。

6.フリビズ

スクリーンショット 2015-05-12 16.32.37

フリビズは、入金確認が自動できることや出荷・方品状況を簡単に確認できることが特徴です。また、フリーマーケットやフリーランス、プチ起業した人にも幅広くサービスを展開しています。

無料プランは月額使用料無料で、データ保存期間は最大で3ヶ月です。有料プランは月額使用料が350円で、データ保存期間は無制限になります。

まとめ

いかがでしたか?

高価な会計ソフトを購入することなく、すぐにサービスを利用することができます。
フリーランスやスタートアップの方にもオススメのサービスばかりですね。

 

ボクシルとは

無料登録することで、サービス資料の閲覧や、詳細情報、問い合わせをすることができます。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

こんなときに、便利なのがボクシルです。
また掲載していない情報についてもサービス担当者にチャットで問い合わせることも可能です!

Article whitepaper bgS3 0
会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社マネーフォワード、freee株式会社、弥生株式会社
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ