{{ message }}
Article square balloon
2015-08-15

会計ソフト比較!クラウドの無料おすすめ|弥生・フリー

会社の運営に欠かせないのが会計ソフト。近年ではクラウドソフトを導入している企業が数多くあります。クラウド会計システムを機能&価格の面から徹底的に比較しました!※2017年4月24日更新
- PR -
- PR -
Large
Article thumbnail cover

法人クラウド会計ソフトとは

「会計処理」面倒ですよね。手順が多いのに、それぞれにとても手間がかかるので、「やること多すぎ!」ってなっていませんか?決算や確定申告など、自分の手でやっていては間に合わない...といったこともあります。

そんな会計の悩みを解決してくれる「<>クラウド会計ソフト」を最近の流行・評判のあるクラウドサービスに絞って機能や価格の比較をしながら紹介したいと思います!

ボクシルで紹介している各種会計ソフトのサービス資料を見てサービスの詳細までいっぺんに比較したいという方は下記のリンクからどうぞ!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

特におすすめの法人クラウド会計ソフト

1. freee(フリー)

freeeはクラウド型会計ソフト利用者の約4割のシェアを占めており、導入の際に利用者が多いのは安心できる要素の一つですね。

経理・簿記の知識がなくても簡単に決算書が作成できたり、スマートフォンやMacにも対応していたり、より良い環境で使うことができます。
また、わからないことがあってもすぐにチャットサポートに相談でき、無料でメールサポートも受けることができるため、安心です。

スクリーンショット 2015-08-19 19.30.33

freeeでは、パソコンがなくてもスマートフォンを使って好きな時間にデータを申請できます。申請したデータは自動で記帳されるので、手間がかかりません!
申請の状況や追記されたコメントなどはプッシュ通知で知らせてくれます。

申請データだけでなく、会計データも一目瞭然です。「誰が」「どの程度」「支払い済み・未払い」などが一目でわかります。
経費の支払いも自動で記帳付ができますし、ステータス管理も1クリックで出来ます。

初期費用:無料
月額費用:0円 980円(個人) 1,980円(法人)
年額費用:0円 9,800円(個人) 19,800円(法人)
無料体験版:有
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
###2. 弥生会計オンライン [弥生会計オンライン](https://boxil.jp/cloud_accounting/710)は、2016年3月のMM総研調べで利用シェア53.1%を誇る、一番使われているクラウド会計ソフトです。 日々の取引入力から、帳簿・レポート作成まで、小規模法人の会計業務に必要な業務がすべて備わっています。行われた取引を入力することができ、登録した取引から会計帳簿や決算書を自動で作成することができます。 また、様々なレポートを自動で作成してくれるので、日々入力した取引の集計結果がグラフで表示され、経営状況がひと目で確認することができます。 開業・起業したての方や経理に時間をかけたくない方、Macで使える会計ソフトをお探しの方などにオススメです。
初期費用:無料
年額費用:26,000円〜
無料体験版:有(1年間)
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
###3. Crew(クルー) [Crew](https://boxil.jp/cloud_accounting/134)は1988年の創業以来、27年以上ビジネスを支援してきた実績があり、簡単な操作も相まって初めてという方にもおすすめではないでしょうか。 機能として「仕訳Q&A」がついており、会計事務所へ質問を登録することで、会計事務所側が回答をしてくれます。また正しい仕訳をアドバイスするメッセージを自動表示する「入力アシスタント」機能もついています。 [Crew](https://boxil.jp/cloud_accounting/134)は会計に必要な簿記の知識がいりません。サポートが充実しているので、頼りきってしまっても大丈夫です。 また、ダッシュボードにはお金の推移が表示されます。これはスマホやタブレットでも見れるので、いつでもどこでもお金の状況を確認できます。 目玉サービスは「仕訳Q&A」です。質問をしておくことで、会計事務所が回答をしてくれます。 さらに、普段の経理業務だけではなく、資金繰りや助成金情報などの専門的なアドバイスを受ける事もできます。
初期費用:無料
月額費用:980円(個人), 1,980円(法人)
年額費用:10,780円(個人), 21,780円(法人)

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

4. MFクラウド会計

MFクラウド会計は「取引入力と仕訳の自動化で、会計に関わる作業時間を大幅に削減」してくれます。また取引明細を自動で取得したり、損益計算書・貸借対照表などを自動で作成したり、経営者・経理担当の方の仕事をより楽にしてくれます。
また、「弥生会計」や「freee」など、他社会計ソフトからのデータが簡単にインポートできます。

初期費用:無料
月額費用:1,800円
年額費用:19,800円(1,650円/月)
無料体験版:有(45日間)

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

5. ネットde会計

ネットde会計では、経理初心者向けの出納帳や売掛・買掛超入力、経理上級者向けの伝票入力・仕訳入力、など経理レベルに合わせた多彩な入力方法が準備されています。自動学習機能で、2回目以降は自動で仕訳が作成できます。
また、銀行の入出金明細や自社の販売管理システムなどのデータをCSVインポート機能を使って取り込みが可能です。

初期費用:無料
月額費用:3,600円
年額費用:40,000円
無料体験版:有(30日間)

ねっとdeシリーズが顧問先の指導に適している理由は、データを会計事務所で一括管理できたり、記帳指導をオンラインで行えたり、税理士と担当者でも情報共有ができるからです。業務を行う上での煩わしさを排除し快適な業務を支えてくれます。

ネットde記帳は、WindowsでもMacでも機種を問わず使うことができます。顧問先にマシーンを買い直す必要がありません。
さらに、従来のMac版会計ソフトと異なり、Macで入力したデータがWindowsでそのまま共有できるのも特徴です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

6. EXPLANNER for SaaS(会計)

kaikei_EXPLANNER for SaaS_screen_201606

EXPLANNER for SaaS会計は30,000本以上の導入実績と日本の商習慣と共に育った40年の歴史で培われたノウハウから様々な課題を解決してくれます。
不確定要素を考慮した管理会計仕訳の登録を事前に行っておくことで、予測B/Sや予測P/Lを作成し、経営状況の変化に迅速に対応するために判断材料として活用できます。

初期費用:0円 月額費用:140,000円〜
  1. FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きらら
    kaikei_glovia kirara_screen_201606

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きららは、総務省後援 ASP・SaaS・クラウドアワード2012ベスト連携賞を受賞するなど、高い評価を得ています。
簡単でシンプルな設定でであることに加えて、デザインの専門家が人間工学に基づき設計した目にやさしい配色となっており、作業をする上での画面の煩わしさがなくなり、作業効率のアップにもつながります。

月額費用:10,000円〜

8. ASP発展会計

kaikei_asp hattenkaikei_screen_201606

ASP発展会計は、支店展開や複数の部門や工場などを有している企業でも、システム設定時に部門登録を行うだけで、その部門単位ごとに業績確認を行うことが可能です。
また、いつでも、どこからでも、ネット上で豊富な管理会計資料を確認することができます。貴社の経営実態を多角的に分析・把握することが可能です。

初期費用:無料
月額費用:3,000円

9.かんたんネット会計

かんたんネット会計の一番の特徴は、電話やメールだけでなく、skypeを使って財務の専門家と同じ画面を見ながら指導が受けられる点です。他の会計ソフトに付いているような基本機能はありますし、メールや電話だけでなく画面を見ながらリアルタイムに相談ができるのは魅力的です。

初期費用:無料
月額費用:3,000円
無料体験版:有

10.ネットde記帳

ネットde記帳は商工会推奨の経理ソフトです。伝票入力や決済、各種申告書作成などが「いつでも」「どこでも」「誰にでも」簡単に行えます。
また、商工会などにいて操作方法などのサポートを行っていることに加え、身近な商工会などによる記帳・経理などの紫藤が受けられることが最大の特徴となっています。

料金は別途問い合わせ

11. クラウド発展会計

クラウド発展会計にはシステムメンテナンスが一切必要ありません。法改正などによってシステムが変更となる場合には、データセンターが自動で行ってくれます。
また、「一般企業用」と「医・歯科用」などの様々な経営改善テーマを網羅した、「決算診断改善ナビ」を装備しているので、これを活用してよりよい決算を行うことができます。

料金は別途問い合わせ

12. JDL Pv CLOUD

JDL Pv CLOUDは、事務所内はもちろん、顧問先、外出先、自宅など様々な場所から会計事務所のシステムを自在に活用できる「プライベート・クラウド」を構築します。
また、入力業務のない効率性に優れた実務スタイルを実現しており、データの一元管理・共有利用による効率的な環境と併せて、会計事務所の将来の発展を展望できます。

料金は別途問い合わせ
無料体験版:有(30日間)

13. フリーウェイ経理Pro

フリーウェイ経理Proは大切な会計データを、インターネット上だけでなく、会計事務所内にも保存できます。顧問先と共有したいデータだけをインターネット上において、後は事務所のサーバーに保存といった使い方もできます。
また、自社ソフト(給与計算、販売管理、税務申告ソフト)との連携を始め、他社ソフト(NTTデータ達人シリーズなど)との連携も試みています。

料金は別途問い合わせ
無料体験版:有

法人クラウド会計ソフトの機能・価格比較表

こちらで各法人クラウド会計ソフトの機能と料金の比較表を掲載しています。各種仕訳入力や決算申告が可能かどうかといったポイントがひと目で分かるようになっています。ぜひご活用下さい。

法人クラウド会計ソフトの機能比較表

freee弥生会計オンラインMFクラウド会計は多機能で、会計業務のほぼ全てを網羅していると言っても過言ではないでしょう。

各種仕訳入力 各種会計帳簿 レポート集計 決算申告 取引明細の自動取得
freee
弥生会計オンライン
Crew ×
MFクラウド会計
ネットde会計
EXPLANNER for SaaS会計 - × - -
FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きらら × - -
ASP発展会計 × - - -
かんたんネット会計 - - - - -
ネットde記帳 - -
クラウド発展会計 × - ×
JDL Pv CLOUD - -
フリーウェイ経理Pro × -

法人クラウド会計ソフトの料金比較表

機能面と合わせて考えると、freeeはやはり強くおすすめしたいサービスです。お試し期間が付いているものも多いので、気になったらまずは試してみるというのもいいですね!

初期費用 利用料 月額/ユーザー 無料お試し期間あり 無料プランあり
freee 0円 1,980円 - ×
弥生会計オンライン 0円 26,000円 0円
Crew 0円 0円 - -
MFクラウド会計 0円 1,980円 -
ネットde会計 0円 3,600円 - ×
EXPLANNER for SaaS会計 - 140,000円/月〜 - - -
FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きらら - - 10,000円 - -
ASP発展会計 - - 3,000円〜 - -
かんたんネット会計 - - 3,000円〜 - -
ネットde記帳 - 31,500円/年 2,625円/月 -
クラウド発展会計 0円 3,000円/月 -
JDL Pv CLOUD - - - - -
フリーウェイ経理Pro - - - -

ボクシル編集部がオススメするクラウド会計ソフトの比較

ボクシルでは、クラウド会計ソフトをまとめて比較することができます。とりわけ人気の高いボクシルオススメの4サービスについてご紹介しました。下記がボクシルでの比較の図になるのでご覧ください。

会計ソフト比較4つスクショ

ボクシル編集部がオススメするクラウド会計システムの比較

クラウド会計ソフトの選び方

クラウド会計ソフトを選ぶ際のポイントとしては、操作性、対応金融機関・カード会社、価格(導入コスト・月額使用料)、スマホの対応有無などが挙げられます。

下記のクラウド会計ソフトの選び方ガイドでは、選ぶ際のポイントだけでなく、クラウド会計ソフトを導入するメリットやデメリットなどといった情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

会計ソフトは慎重に!

いかがでしたか。今回はクラウド会計ソフト・システムを紹介しました。今利用されている会計ソフトが使いにくく変更をお考えの方、新たに会計ソフトを導入しようと思っている方、今回紹介したサービスを検討してみてはいかがでしょうか。
無料版があるものもあるので、使い心地をお試しになってもいいかもしれません。

クラウド会計ソフトのメリット・デメリットはこちらの記事もご覧ください。

クラウド会計ソフトのメリット・デメリットをまとめてみた! | ボクシルマガジン
近年では会計ソフトもクラウド型のものが増えてきています。ここではそのクラウド会計ソフトについてメリット・デメリット...

ボクシルとは

ボクシルは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業様はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成など様々なニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社マネーフォワード、弥生株式会社、freee株式会社
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ