Web制作・CMSの
クラウドサービス

無料一括資料請求
資料を探すのが面倒な方は
利用規約に同意の上
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。

Web制作・CMSサービスを選ぶときの3つのポイント!


1
誰を想定した仕様か
まず、そのCMSがどのような人が使うことを想定しているのかという点です。一口にCMSといっても、アイコンをドラッグアンドドロップするのみのもの、HTMLとCSSを入力しなくてはないないもの、そのハイブリッドのものなど利用者のスキルによって適切なサービスも変わっていきます。利用する人のスキルや、想定しているクオリティを考慮して、それを実現する機能を持っているか比較していくとよいでしょう。
2
ECサイトに対応しているか
ECサイトを構築したいときには、商用利用が可能か、そもそもECサイトを構築することができるのかを確認しなければなりません。サイトは自社公式サイト用、ECサイト用が主にありますが、それぞれに最適化されているサービスと万能に対応できるCMSがあります。適切なCMSを選ぶことで、随所にある便利な機能や、優れたデザインを利用することができます。
3
デザインが優れているか
サイトは見た目が重視されるのでデザインの比較もしていきましょう。どの目的にしてもWebサイトは人に見られるものであり、優れたデザインは良いUXを残すことにつながります。それぞれのサービス紹介ページにあるテンプレートを参考にしていけばある程度の、デザインの特徴やテイストがわかるでしょう。特に無料で使えるCMSは、CMSによって独自のデザインがあるので、よく確認すべきです。

Web制作・CMSサービスの一覧


手間なし
費用なし
Web制作・CMS
15
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow
利用規約に同意の上、資料請求をお願いします。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
手間なし
費用なし
Web制作・CMS
15
サービス分の資料
※ 一括資料請求ボタンを押すと、各サービス資料のダウンロード用URLがご登録頂いたメールアドレスに送信されます。
※資料請求後に掲載各社からご案内を差し上げる場合があります。
Download for free yellow


Web制作・CMSの基礎知識


1
CMSとは

CMSとは、従来HTMLとCSSを使いエンジニアが作成していましたが、このサービスを利用することで初心者でも簡単に作成できるようになっています。またエンジニアが作成するにしても煩わしいコーディングを最小限に抑え、簡単にプログラミングできるようにしたものです。Amazonや価格.comのようなECサイトを作成することも可能なので、設定や作成が困難ゆえにECを敬遠していた方には朗報です。サイトのテンプレートもあるのでデザイン力がない方でも問題ありません。簡単にハイクオリティなサイトを作成していきましょう。

2
CMSの基本性能

・サイト作成
・ECサイト運営
CMSとは企業や個人のホームページを簡単に作成・制作できるサービスのことです。このサービスでは一昔前では難しかったサイトの作成や管理を行いやすくしてくれます。また、EC(eコマース)のサイトも簡単に作成できます。商品のリストアップや決済管理といった一見面倒なセッティングも代行してくれます。ベテランのエンジニアが使いやすいものから初心者でも簡単に制作できるものまで幅広くそろえられています。

3
CMSがなぜ必要か

・ドラッグアンドドロップ
・容易な決算処理設定
・洗練されたデザイン
CMSはサイトの制作・管理をより簡単に楽にしてくれるサービスです。その一環として「ドラッグアンドドロップ」によるデザインがあります。従来のHP制作ではエンジニアがデザイナーと協力しながらコードを書いていくのが主流でした。しかしCMSでは、フォルダを整理するときの操作と似た感覚でサイトを作成できます。直感的に触れるので、初心者がHPを制作していくときには必須の機能です。初心者でもECサイトが制作できるようにした例としては「決済処理」があげられます。クレジットカードに対応したサイトもサービスによっては作成できるので、HP制作のシステムを理解していない人でも心配不要です。デザインの知識がない人でも問題ありません。これらのサービスにはあらかじめいくつかのテンプレートが用意されていることが多く、それに当てはめていくだけでサイトが様になります。

4
CMSでサイトを作成するメリット

・誰でも編集可能
・作成時間を短縮
・良質なテンプレート
CMSのメリットで一番大きなものはエンジニアでなくてもHPの制作ができる点です。アイコン等をマウス操作で移動させるだけでサイトが作成できます。反対にエンジニアがサイトを構築する際にはHTMLとCSSが扱えるので、不自由はありません。両者にとってサイトの作成が簡単なので、いままでのように制作に時間をとられることが減ります。人を選ばないのは強みと言えるでしょう。だれでも制作できるもう一つの理由としては優れたテンプレートがあげられます。型が出来上がっているそのデザインはそのまま使っても、高いデザイン性として評価されることでしょう。

5
CMSを導入しても困る事

・エンジニアと初心者
デメリットとしては、エンジニアと初心者の壁があります。初心者でも簡単に作成することができるものの、根本的なシステムを理解しなくてはならないときや障害などでエラーになってしまったときにはエンジニアとしての知識をかじっていないと頭が混乱してしまうでしょう。また、いくらエンジニアと初心者のどちらも制作できるといっても、エンジニアのほうがカスタマイズの自由度は遥かに高いので、ちょっとした付け足しがほしいときには初心者では不都合が生じえるでしょう。

6
CMSを導入する際に比較するべきポイント

・誰を想定した仕様か
・ECサイトに対応しているか
・デザインが優れているか
多様化しているCMSを比較するにあたっては、上記のような注意点があります。まず、そのサービスがどのような人が使うことを想定しているのかという点です。一口にCMSといっても、アイコンをドラッグアンドドロップするのみのもの、HTMLとCSSを入力しなくてはないないもの、そのハイブリッドのものなど利用者のスキルによって適切なサービスも変わっていきます。つぎに商品を販売したい場合は、ECサイトが容易に作成できるかがポイントです。サイトは自社公式サイト用、ECサイト用が主にありますが、それぞれに最適化されているサービスと万能に対応できるサービスがあるので、目的にあわせて注意する必要があります。サイトは見た目も重視されるのでデザインの比較もしていきましょう。それぞれのサービス紹介ページにあるテンプレートを参考にしていけばある程度の、デザイン傾向は見てとれるでしょう。

7
CMSの導入に成功するため、失敗しないためのポイント

・機能が多すぎないか
・操作できるか
・デザインが気に入るか
実際に使用してみたら意外に使いにくかった、などといった失敗を防ぐために以上の3点には気をつけていきましょう。1つめは機能が過不足ないかということです。不必要な機能で溢れかえっていてかえって使いにくいということは頻繁にあります。余計な機能が搭載しているとコストもかかりますし、UIにも問題が生じてきます。2つめはそもそも操作できるのかということです。コーディングの技量があればあるほど使用できる幅は広くなっていきますが、反対に初心者が使用できるものには限りがあります。そのサービスは想定している利用者が操作できるのかは確認しておきましょう。長期間使用していくうえで重要なのがインターフェイスのデザイン性です。使用していくにはそう問題なさそうですが、モチベーションの管理や操作性を考察するとそれなりに気をつけたほうが良いでしょう。