データバックアップのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
異なるハードウェア環境への復元
利用可能
仮想環境への復元
利用可能
ファイル/フォルダー単位のバックアップ・復元
利用可能
ハードディスク単位のバックアップ/復元
未対応
バックアップイメージの統合機能
利用可能
データの重複排除機能
利用可能
初期費用
60,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
Hyper-Vのためのバックアップツール
ActiveImage Protector for Hyper-Vによるバックアップは、Hyper-Vで構築された仮想環境のために最適化されています。Hyper-Vで構築された環境の特性を活かし、Hyper-Vのホスト全体を一括してバックアップしながらも、内部的には仮想マシンごとのバックアップを保持します。そのため、一括バックアップを行っても、仮想マシンごとのリストアを可能としています。 バックアップには、Hyper-Vに組み込まれている「Hyper-V VSS writer」を利用すれば、稼働中の仮想マシンに対するホットイメージングができます。リストアの際は、「ReZoom it!」を利用すれば、Hyper-Vホスト全体のバックアップイメージからバックアップ元となるホストマシンへ復元することも、別のHyper-Vホストへ復元することも可能です。
2.
ActiveImage Protector for Hyper-Vで簡単リストア
ActiveImage Protector for Hyper-Vの「ReZoom it!」には、「ReZoom it! ライブ」という機能が搭載されています。この機能では、総合管理コンソールのActiveVisorに対応しており、仮想マシンをすぐに起動することができます。「ReZoom it!」を使って、バックアップ元のホストや、新たなHyper-Vホストに簡単に復元できるので、ActiveImage Protector for Hyper-Vを利用したディザスターリカバリー対策も万全です。 バックアップもリカバリーもウィザードに従って実行可能で、バックアップ運用に不慣れな人でも簡単に作業ができます。特定の技術者に頼ることなく、非常時にはバックアップから復旧させて、業務を止める時間を最小限に抑えることができます。
3.
フェイルオーバークラスター環境にも対応
ActiveImage Protector for Hyper-Vは、クラスター環境のバックアップにも対応できます。フェイルオーバークラスター環境でも通常の仮想環境と同様にバックアップもリストアも行えるように対応されています。 CSVFSに関しては、ActiveImage Protector for Hyper-VのID追加料金や年間サポート費用が異なります。 ActiveImage Protector for Hyper-Vでは、CSVFSでも、NTFSボリュームと同じようにスマートセクターバックアップとリストアが可能です。8TBを超えるようなボリュームを持つデータでも、パフォーマンスを維持したままバックアップが可能なので、ボリュームサイズが大きくなってしまう仮想のシステム環境でも、ストレスレスでバックアップが行えます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。