資格スクエアクラウドとPlaton(プラトン)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
コンテンツ作成機能
未対応
講座販売
未対応
テスト作成機能
未対応
学習管理機能
未対応
コンテンツ作成機能
利用可能
講座販売
未対応
テスト作成機能
利用可能
学習管理機能
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
14,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
資格スクエアクラウドの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Platon(プラトン)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
3つの「データ」に基づいて学習効率を最適化
「3つのデータ」のうちの「合格者のデータ」は、これまでの合格者の勉強方法を、誰でもなぞって効率の良い学習法を学べるものです。合格者の頭の中を見える化するようなイメージです。 「脳科学のデータ」は、属人的手法に陥らないよう、脳科学界の権威ある東京大学の教授監修の上で開発されたものです。これまでに発表されている論文などに裏付けられたサイエンスによる「データ」になります。 「学生のデータ」は、受講者の動画の閲覧履歴や確認テストの学習履歴を「データ」として取得し分析したものです。動画視聴時間や確認テストの点数の有意差、ある分野の得意不得意が他の分野の得意不得意と関連しているか、などの項目が合格者と不合格者との間で違いがあるを見極めます。
2.
オンラインのみで完結する学習教材
資格スクエアクラウドの教材はすべでオンライン上にまとめられています。講義は人気講師の授業動画をもとに進められ、PCやスマホ、タブレットで、自分の都合に合わせて受講できます。 講義のテキストとなるレジュメは、講義動画と一緒に表示されます。外出先で少し時間ができたときでも、スマホさえあればオンラインレジュメを見ながら講義を受けられます。 レジュメはテキストの編集ができるので、紙のテキスト同様に講義を聴きながら書き込みができます。講義を受けているときに、疑問が発生したら、ワンクリックで質問可能です。 脳科学を活用した問題演習により、学習者の理解度に合わせて、記憶に定着するような問題を出してくれます。論証集や単語帳もすべてクラウドの中にまとまっているので、他の受講生の単語帳も参照できます。
3.
学習の見える化
資格スクエアクラウドは、通信教育ではなく「オンライン学習サービス」を謳っています。単に講義を動画で見るだけではなく、オンラインでつながったクラウド環境に学習に必要なすべてが揃っています。 問題演習機能は、脳科学に基づいたアルゴリズムを使ったITを活用しており、学習者の理解度に合った問題が提示されます。問題を解くほど自分の苦手な領域なども見えてきます。 講義視聴の進行度や問題演習の成績もオンライン上に「見える化」されており、自分の理解度や合格ラインとの乖離なども把握しやすくなります。 オンライン講義は自分のペースで学習を進められるものの、スケジュールにルーズになって講義をため込んでしまうこともあります。資格スクエアクラウドでは、スケジュールや進捗が見える化されているため遅れも自覚しやすく、スケジュール管理も徹底しやすい仕組みになっています。
詳細を確認
1.
運営者の4大業務を完全サポート
インターネットを介して教材を配信し、時間や場所を選ばずに社員を教育する仕組みといえばeラーニングです。その管理者の手間と時間がかかる業務が、受講者を登録する、講座を登録する、受講者に講座を割り当てる、進捗を管理するという4つの業務になることが多いです。 Platonは柔軟な管理機能と抜群の操作性で管理者が運用しやすい環境を整え、時間と手間を削減できるのが特徴です。カテゴリーごとに講座と教材を登録してコースを作成し、受講者に割り当てます。管理画面から便利なレポート作成ツールを使えば、社員の学習状況のサマリーや教育訓練完了者のリストを簡単に作成できるので、蓄積された受講者の学習履歴や成績を簡単に集計・分析することができます。
2.
受講者が満足しやすい利便性
Platonの受講者画面には最新のユーザーインターフェース技術が用いられているため、とても操作性に優れており、マニュアルなどをあまり読まなくても直感的に使えるのが特徴です。 受講生は特別なソフトやアプリを使わずに、パソコンのほかにスマートフォンやタブレットの標準ブラウザを使っていつでもどこでも学習することできます。業務マニュアルなど企業独自の教材を作成したい場合は、別売りの教材コンテンツ作成ソフトウェアを使用すれば簡単に作成可能です。一般のドキュメントをデジタルブック化して学習コンテンツとして使用できるほか、プレゼン型コンテンツやクイズ・テストを作成できます。
3.
運用規模に合わせた価格帯
運用規模が小さい場合、Platonが提供するクラウド型従量課金制を選べば料金は使った分だけなのでおすすめです。利用者数が予測できなくても無駄がなく、新規事業を小さな投資で始められます。クラウド型では、Platonソフトウェアに加えてそれを稼働させるサーバー類も提供されるほか、コンテンツ作成ソフトがセットになったプランを選ぶことが可能です。 一方、LMSの提供サービスをビジネスとして取り組む場合や、 大規模運用・長期間運用する場合に最適なのがインストール(オンプレミス)型です。料金は買取方式あるいは年間定額制のいずれかの選択制となっており、自前のサーバーを準備する必要がありますが、自在に独自の環境構築ができます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。