BIツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
分析機能
利用可能
分析結果表示機能
利用可能
データ抽出機能
利用可能
レポート機能
利用可能
権限セキュリティー機能
利用可能
インポート・エクスポート機能
利用可能
グラフ機能
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
500,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
Data Knowledgeの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
分析レポートが豊富
在庫分析、販売データ管理、顧客データ分析など、さまざまなデータを分析できる機能が整備されています。無数に存在する社内のデータを可視化し、容易にレポートを作成することができます。ポータル画面やExcel形式、レポート様式と、必要なタイミングで必要なデータを取り出すことが可能です。問題点の洗い出しや改善案の討論等、社内会議にも使えます。およそ1ヶ月間の無料トライアル期間も設けられているので、使い心地を試してから導入を決めることもできます。万が一不正にデータが改ざんされたり怪しいデータがあったりした場合にも、効果を発揮します。
2.
分析ノウハウを共有できる
社内で作られたさまざまな分析ノウハウ(データ同士の統合、条件ごとのデータ抽出、グラフやフォーマットでの出力)を公開し、社員1人1人がデータ分析を簡単に行うことができます。他の社員のデータやノウハウを活用してまた新しいデータを獲得し、自分の業務やプロジェクトに活用することが可能になります。 社員間で共有したナレッジはDB(データベース)に蓄積されていくので、必要な場面ですぐに取り出すことができます。自分の知識や情報では限界があることも、他の社員からのナレッジを取り入れることで、大きな業績につながっていく可能性が広がります。
3.
顧客ニーズに応じた機能開発
Data Knowledgeの前身となる商品は、1987年に発売されています。当時はまだ「BI(ビジネスインテリジェンス)」という言葉も全く普及していなかった時代です。それから30年以上もの間、Data Knowledgeは純国産データ活用ツールとして支持され続けてきました。 海外産のBIツールの多くは操作が複雑でスキルが必要になるのに対し、Data Knowledgeでは初心者でもすぐに使えるよう、顧客の使いやすさにも注目しながら開発・改良されてきました。常に顧客の意見を取り入れ、便利な機能も多数装備しています。
詳細を確認
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
iPhone
利用可能
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。