アクセス解析ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
サイト全体の分析
利用可能
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
利用可能
広告分析
利用可能
コンバージョン分析
利用可能
検索ワード
利用可能
セグメント分析
利用可能
通知メール
利用可能
ヒートマップ
利用可能
ABテスト
未対応
間接効果測定
未対応
初期費用
50,000-
情報なし
利用料
(月額)
50,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
使い勝手のよいヒートマップ
User Insightには、バリエーション豊かな10種類のヒートマップが用意されています。ユーザーの減少率がわかるヒートマップでは、どのようなページや記事がユーザーに飽きられはじめているかを見つけ出すことができます。マウスのクリック位置では、ユーザーがどのタイミングで行動を起こすかを知ることになります。 また、熟読エリアなどの一般的なヒートマップに加え、マウスの開始位置や、最終クリックの位置を計測することができるのも特徴です。これはヒートマップを補完する機能として注目されているマウスリプレイで行います。ヒートマップで追い切れないユーザーのページでの行動を確認することができます。たとえば、そのページで離脱した、コンバージョンしたといった特定の行動をしたユーザーを絞りこんで動画で確認するといったことも可能になっています。
2.
ユーザーの遷移が追える
ユーザーがサイト上でどのように動いたかを知ることは、サイト解析において非常に重要です。セッションによって、ユーザーがそのページに至るまでにどのページにアクセスし、なにを見たかということは、ユーザーの導線が想定していたものと合っているかの検証になります。 コンバージョンしたユーザーがコンバージョンするまでにどのページを見たか、最初にページを訪問したのはいつで、どういう経路で流入したか、といった情報を取得することで、その遷移が自分たちが想定していた導線に沿っているものなのか、それとも、離脱などの原因が含まれているページはどこかといったことがわかります。コンバージョンするまでの導線は、サイトがユーザーにとって有効なものかどうかを決める要となります。
3.
ログをCSVで出力
User Insightで取得したさまざまな計測データはログデータとして保存され、CSVでダウンロードすることができます。さまざまな条件を指定して、ダウンロードをした後も使いやすいように加工されたものをダウンロードができるだけでなく、生ログでのダウンロードもできるようになっています。 サイトの情報は、User Insightで取得し、そのデータを別の解析ツールなどを利用して、別の切り口から分析をするときにも、利用する解析ツールにあわせたログの吐き出しができます。ログデータを直接加工することで、今のサイトがどういう状態にあるかをよりリアルに見せることができるので、より有効に活用できます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
6ヶ月
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。