サイトパフォーマンス(UX)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
初期費用
150,000-
情報なし
利用料
(月額)
50,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
サイト表示速度、表示速度改善を追求するための計測ツール SpeedCurve(スピードカーブ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
アイドルタイムではなく、ピークタイムの表示スピードを計測することが重要
誰もが買い物をしないアイドルタイムの表示スピードを把握しても意味がありません。一番商品が売れる、夜間のピークタイム、休日のセールタイム、メルマガ、LINEの配信時に発生するスパイク時にどれくらい遅延が発生するのかを把握することが重要です。 また、計測には4Gだけでなく3割いるとされる3Gでの計測も重要です。4Gの環境でも電車やピークタイムなどで刻々と変化はします。まして会社内のWiFiでの計測などは、限られた人の環境となってしまうことを理解して、できるだけ実際のユーザーに近い環境での計測をみて、UX(ユーザーエキスペリエンス)の向上に努めましょう。
2.
1ページだけでなく、カスタマージャーニーのトータルな時間の短縮が大切です。
2017年、1ページの平均ファイル容量は3MBを超えたとされています。2011年頃には1MBだったのが3倍にまで増えてしまいました。またトップページに限ると、これ以上に大きなサイトがたくさんあります。1ページだけの計測も重要ですが、できればランディングページからカートまでの計測時間を把握し、トータルとしてのカスタマージャーニーの短縮を目指すことが重要です。これには、高度な計測が必要ですが、スピードカーブなら一部これを補完することができます。ショッピンク体験そのものの時間の短縮で、ユーザーのストレスを減らし、CVRをあげていくことを目指しましょう。
3.
スピードカーブには、他にはない特徴があります。
●時系列の計測を定期的に行うことが可能 ●どの要素に問題があるかをアラート通知 ●スマホ、タブレット、PCまで、フィルムストリップやウオーターフォールグラフで、状態を把握が可能 ●競合他社との比較が可能 ●どこよりも低コストで利用することが可能
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。