ID管理システムのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
特権パスワード管理
利用可能
ワークフロー連携
利用可能
パスワード自動変更
利用可能
パスワード隠ぺい
利用可能
操作証跡取得
利用可能
不正利用の検知
利用可能
初期費用
1,900,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
特権ID管理ソリューション iDoperationの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
今求められる特権ID管理に必要な機能がすべて揃います
J-SOX監査、PCI DSS、GDPRなどの法令・ガイドライン対応では、「特権IDを」「誰が」「使うのか」を明確にして、特権IDを承認に基づき一時的に貸出し、特権IDの利用状況を点検できる管理が求められます。iDoperationは、今、求められる監査レベルに対応した5つの基本機能(ID管理、ワークフロー、アクセス制御、アクセスログ管理、操作ログ管理)を1つのパッケージで提供します。 また、iDoperationは、監査対応ノウハウを製品化しており、監査対応実績100%(2012年からの当社実績)を実現しています。豊富な監査レポートに加え、監査人向けの説明マニュアルを用意しています。
2.
AWSやAzureの特権ID管理にも対応します
近年、クラウドやモバイルの利用が急速に増えています。クラウドを利用することで、オンプレシステムには存在しなかった、新しい特権ID「クラウドサービスの特権ID」の管理が必要となります。 iDoperationは、OS、データベース、仮想化ソフトウェアの特権ID管理はもちろん、AWSやAzureなどのクラウドの特権ID管理にも対応します。
3.
クラウド時代の特権ID管理ツールはクライアント型!
クラウドやモバイルを利用することで、セキュリティの境界が「ネットワーク」から「ID」に変化しました。これにより、従来一般的に行われてきた、多層防御やネットワークの境界で特権IDを守ることが難しく、エンドポイントでのセキュリティ対策が非常に重要になってきています。 iDoperationは、接続元となるクライアント側で特権IDの貸出制御(アクセス制御)を行うクライアント型の製品タイプで、ネットワークの境界によらず適切に貸出制御が行えます。 また、iDoperationは、管理対象システムから直接アクセスログを収集するため、コンソールログイン、サーバからサーバへの多段アクセスなど、ゲートウェイのみでログを収集するツールでは点検が難しいアクセスも、iDoperationでは点検が行えます。 ※お客様の環境にあわせて、クライアント型とゲートウェイ型を組み合わせたハイブリッド構成で導入することもできます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。