セキュリティ診断サービスのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
WEB改ざん検知自動復旧 サイトパトロールクラウドの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
更新と改ざんを正確に判定
エントリーパトロールプランの場合 HTMLファイルの改ざんを検知します。コンテンツ更新者が、ファイルをアップロードする前に、HTMLに証明書を付ける処理を施し、証明書で改ざんを判定する。 スタンダード/エンタープライズプランの場合 すべてのファイルをサイトパトロールサーバを経由してアップロードをするので、正常なコンテンツをディスクに保持できる。なので、改ざんと正常な更新によるサイトの変化を判定することが出来る。
2.
WEBサーバを選ばない
SITE PATROL は、WWWサーバの種類や形態を選びません。 安価な共用のサーバプランを利用している場合でも監視可能 高価な専用サーバプランでしか、利用できなかったセキュリティ対策が、安価な共用プランでも実現可能。 VPNモジュールによりさらにセキュアに VPNにより通信を暗号化することが出来るので、ガンブラー騒動後のポリシー変更で、外部にFTPサービスを開けられない場合でも、導入できます。 HTML証明書はアップロード前に処理 エントリープランでは、HTTPにより、監視対象コンテンツを取得するので、全くのエージェントレスです。改ざんと更新を区別するための証明書は、アップロード前に付与します。
3.
自動修復までも可能
ウイルス被害の拡散防止 これにより、ガンブラーなどのウイルス感染攻撃に会っても、被害の拡大を防ぎます。 フィッシングサイトの踏み台防止 自社サイト内に、不正なフィッシングサイトを構築されても、それを検知して自動的に消去します。 会社の信頼の失墜防止 書き換えられても、自動的に、修復するので、改ざんされたホームページを多くのお客様の目にさらせずに済みます。 SitePatrolサーバのディスクに蓄えた正当なファイルで上書きします。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。