メールセキュリティのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
ファイルのwebダウンロード
情報なし
ランダムパスワードの生成
情報なし
固定パスワードの利用生成
情報なし
office365との連携
情報なし
Google Appsとの連携
情報なし
一時保留機能
情報なし
初期費用
950,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
100-
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
添付の有無に限らず、全てのメールを全件、庁内メールサーバに転送
インターネットメールシステムを常にチェックすることなく、庁内・社内のメールサーバの確認のみで、インターネットメールサーバの受信状況を把握出来るため、職員の業務負担の軽減をすることが可能になっています。
2.
メールの監査証跡としてオリジナルメールの保存及びアーカイブ転送が可能
平成27年3月の総務省セキュリティガイドラインで求められているメールの監査証跡の対応として、オリジナルメールを管理するため、アーカイブシステム連携(「MailBase」)が可能。 ※ゲートウェイで、添付ファイルを分離してしまう場合は、メールが改竄されるため、監査対応として適しておりません。
3.
ファイル展開せずに内容閲覧可能
無害化転送メールに添付ファイル内のテキストを抽出し、文末に挿入して転送添付ファイルを開かなくとも、ファイルの概要を確認することが出来るため、ファイルを開くリスクを低減することができるようになっています(特許出願中)
詳細を確認
最低利用人数
500人
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。