ウイルス対策・不正アクセス対策のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
初期費用
9,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
未知の脆弱性攻撃を防御
メールでの標的型攻撃では、取引関係者や知人を語った駆使したメールが送り付けられ、 メールに添付されているPDFファイルなどを開かせることでバックドアを仕掛け、攻撃コードや本体マルウェアが実行されます。 「FFR yarai」の搭載するZDPエンジンは、標的型攻撃マルウェアで利用されるコード実行型脆弱性に焦点を絞り、 その99%以上の脆弱性を汎用的な仕組みでカバーします。
2.
サンドボックスエンジンで検知
仮想環境上でプログラムを実行し、その挙動でマルウェアを検出します。また、昨今の高度なマルウェアは仮想環境の存在を察知して挙動を停止したり、マルウェアが持つ本来の挙動を行う前に、意図的に本来の挙動と関係ない動きをして、Sandboxによる検知を回避するマルウェアも存在します。「FFR yarai」のSandboxエンジンでは、このようなアンチSandbox技術を検知することでマルウェアと判定するロジックも搭載しています。
3.
標的型攻撃に特化したホスト型IPS
標的型攻撃では、Webブラウザを乗っ取ることで通信を偽装し、あたかも正常な通信であるかのように見せかけることで、ネットワーク監視システムや通信ログの監視をすり抜けるものがあります。「FFR yarai」のHIPSエンジンでは、このような振る舞いを検知します。また、その他にもキーロギング、異常なネットワークアクセス、自身の再実行など、マルウェアによく見られるさまざまな挙動を監視し、防御することもできます。
詳細を確認
最低利用人数
5人
最低利用期間
1年
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。