アクセス解析ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
4点
有料版を導入しましたが、人的な判断では中々難しい提案がバンバン飛んでくるというイメージです。 かなりセオリーを外してくる提案が多く興味深かったです。 勝敗は6戦中2勝2引き分け2敗といったところでした。 2勝の内容が自分だったらこの施策は絶対にしないというものだったので信頼におけるツールだと思います。
5点
これまでWebサイトをなんとなく運用していただけだったが、Webサイトから利益を出せるようになりたいと思って、覚悟をきめて有料化。無料とは全然違うレベルの分析と改善提案がもらえたので、それを一生懸命取り入れた結果、かなり収益が改善!コンテンツマーケティングの提案などももらえ、SEO対策のための自然検索キーワードを知ることもでき、訪問数が増えましたし、その訪問者に回遊をうまくしてもらえるようになりました!サービスも昔に比べてかなり改善しているようですね。自分たちはWeb改善の技術がないため、改善の提案に対して、実際にWebサイトを改善するペースが遅れてしまい、、なかなか提案を実現するのに時間がかかってしまったことは(自分のせいですが)残念でした。 あとは、機能が多すぎて、まだまだ自分たちで使いこなせていない気はします。。カスタマーサクセス担当のコンサルタントの方に使いかたをいろいろ聞いています。。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
サイト全体の分析
利用可能
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
利用可能
広告分析
利用可能
コンバージョン分析
利用可能
検索ワード
利用可能
セグメント分析
利用可能
通知メール
利用可能
ヒートマップ
利用可能
ABテスト
未対応
間接効果測定
未対応
サイト全体の分析
利用可能
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
未対応
広告分析
利用可能
コンバージョン分析
利用可能
検索ワード
利用可能
セグメント分析
利用可能
通知メール
利用可能
ヒートマップ
未対応
ABテスト
利用可能
間接効果測定
未対応
サイト全体の分析
利用可能
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
未対応
広告分析
利用可能
コンバージョン分析
利用可能
検索ワード
未対応
セグメント分析
利用可能
通知メール
利用可能
ヒートマップ
利用可能
ABテスト
利用可能
間接効果測定
未対応
サイト全体の分析
利用可能
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
情報なし
広告分析
利用可能
コンバージョン分析
利用可能
検索ワード
利用可能
セグメント分析
利用可能
通知メール
利用可能
ヒートマップ
情報なし
ABテスト
情報なし
間接効果測定
情報なし
サイト全体の分析
情報なし
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
未対応
広告分析
未対応
コンバージョン分析
未対応
検索ワード
未対応
セグメント分析
利用可能
通知メール
情報なし
ヒートマップ
未対応
ABテスト
未対応
間接効果測定
未対応
サイト全体の分析
情報なし
ユーザー属性分析
情報なし
組織分析
情報なし
広告分析
情報なし
コンバージョン分析
情報なし
検索ワード
情報なし
セグメント分析
情報なし
通知メール
情報なし
ヒートマップ
情報なし
ABテスト
情報なし
間接効果測定
情報なし
サイト全体の分析
情報なし
ユーザー属性分析
情報なし
組織分析
情報なし
広告分析
情報なし
コンバージョン分析
情報なし
検索ワード
情報なし
セグメント分析
情報なし
通知メール
情報なし
ヒートマップ
情報なし
ABテスト
情報なし
間接効果測定
情報なし
サイト全体の分析
利用可能
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
利用可能
広告分析
利用可能
コンバージョン分析
利用可能
検索ワード
利用可能
セグメント分析
利用可能
通知メール
利用可能
ヒートマップ
利用可能
ABテスト
未対応
間接効果測定
未対応
サイト全体の分析
利用可能
ユーザー属性分析
利用可能
組織分析
未対応
広告分析
利用可能
コンバージョン分析
利用可能
検索ワード
利用可能
セグメント分析
利用可能
通知メール
未対応
ヒートマップ
未対応
ABテスト
利用可能
間接効果測定
利用可能
サイト全体の分析
情報なし
ユーザー属性分析
情報なし
組織分析
情報なし
広告分析
情報なし
コンバージョン分析
情報なし
検索ワード
情報なし
セグメント分析
情報なし
通知メール
情報なし
ヒートマップ
情報なし
ABテスト
情報なし
間接効果測定
情報なし
初期費用
50,000-
情報なし
利用料
(月額)
50,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
50,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
5,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
100,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
75,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
SiTest (サイテスト)|国産サイト改善オールインワン!の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
AIアナリストの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
sui-seiの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Ptengine(ピーティーエンジン)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Appvisor Pushの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
使い勝手のよいヒートマップ
User Insightには、バリエーション豊かな10種類のヒートマップが用意されています。ユーザーの減少率がわかるヒートマップでは、どのようなページや記事がユーザーに飽きられはじめているかを見つけ出すことができます。マウスのクリック位置では、ユーザーがどのタイミングで行動を起こすかを知ることになります。 また、熟読エリアなどの一般的なヒートマップに加え、マウスの開始位置や、最終クリックの位置を計測することができるのも特徴です。これはヒートマップを補完する機能として注目されているマウスリプレイで行います。ヒートマップで追い切れないユーザーのページでの行動を確認することができます。たとえば、そのページで離脱した、コンバージョンしたといった特定の行動をしたユーザーを絞りこんで動画で確認するといったことも可能になっています。
2.
ユーザーの遷移が追える
ユーザーがサイト上でどのように動いたかを知ることは、サイト解析において非常に重要です。セッションによって、ユーザーがそのページに至るまでにどのページにアクセスし、なにを見たかということは、ユーザーの導線が想定していたものと合っているかの検証になります。 コンバージョンしたユーザーがコンバージョンするまでにどのページを見たか、最初にページを訪問したのはいつで、どういう経路で流入したか、といった情報を取得することで、その遷移が自分たちが想定していた導線に沿っているものなのか、それとも、離脱などの原因が含まれているページはどこかといったことがわかります。コンバージョンするまでの導線は、サイトがユーザーにとって有効なものかどうかを決める要となります。
3.
ログをCSVで出力
User Insightで取得したさまざまな計測データはログデータとして保存され、CSVでダウンロードすることができます。さまざまな条件を指定して、ダウンロードをした後も使いやすいように加工されたものをダウンロードができるだけでなく、生ログでのダウンロードもできるようになっています。 サイトの情報は、User Insightで取得し、そのデータを別の解析ツールなどを利用して、別の切り口から分析をするときにも、利用する解析ツールにあわせたログの吐き出しができます。ログデータを直接加工することで、今のサイトがどういう状態にあるかをよりリアルに見せることができるので、より有効に活用できます。
詳細を確認
1.
無料でありながら高機能
最大のポイントは、基本無料で使用できるツールであるということです。 Googleアナリティクスは、辞書のような分厚い解説本が出るほど、多くの機能が詰まっているツールです。このツールさえあればほかの有料ツールは必要ないというユーザーも多いでしょう。それだけ高機能でありながら、無料で利用できるのはかなりのメリットです。 レポートも「ユーザーがどこから来たか」「収益につながっているのはどこから来たユーザーか」といった集客の分析を中心に、ユーザーが「どこから来て、何をして、いくら売上につながったか」など、さまざまな側面から分析することもできます。 また、「ユーザーエクスプローラ」「コホート分析」などの機能もリリースされており、ユーザー単位での分析にも力を入れています。
2.
GTMとの連携で様々なゴールの取得が可能
ページ遷移しないボタンのクリックなど、当初はボタンにオンクリックイベントを設定しないと取れなかったイベントも、GTM(Googleタグマネージャー)との連携で簡単に取得することができます。 そのほかにも、GTMの機能をフルに活用しやすい仕様なので、GTMを活用してさまざまな計測が可能です。
3.
ユーザーが多く情報を取得しやすい
ツールを使っていると「思っていた通りにできないが理由がわからない」「こういう分析をしたいけれどやり方がわからない」など、問題にぶつかってしまうこともあるでしょう。 こうしたときには、書籍やインターネット上に情報が多ければ多いほど解決しやすくなります。 Googleアナリティクスは、ユーザー数が圧倒的に多いツールなので、さまざまな人が活用した知見をインターネット上から簡単に探し出すことができます。やりたいことがあるとき、インターネット上で検索すれば、実装方法やヒントを得られる点は大きなメリットだと言えるでしょう。 また、Googleでは、公式コミュニティ上で、Googleの担当者やGoogleアナリティクスを日々使っているエキスパートからのアドバイスを受け取ることもできます。使い方についての書籍も多く出ているので、それを利用しても使い方を学べるでしょう。
詳細を確認
1.
ウェブサイトから売上を上げる為の機能がオールインワン!
ヒートマップ解析、マウス動画解析、ゲイズプロット、ABテスト、多変量テスト、フレキシブルLPO、EFO ウェブサイトの解析の重要性はわかるけども、Google Analyticsもつかいこなせていないし…とお悩みのあなたへ。 Google Analytcsと組み合わせて使うことができるウェブサイト改善ツールがSiTest (サイテスト)です。 解析だけしても売上(コンバージョン)はあげられません。本当に必要なのはスプリットテストです。 とにかく簡単、手間をかけずに、ABテストができるのであなたのウェブサイトのコンバージョンの最適化に役立ちます。
2.
完全自社開発!ウェブマーケティング会社が開発しました。
よくありがちなツールは高機能を売りにするもののそれが売上貢献、コスト削減にどうつながるのかよくわからなかったりします。 我々はシステム開発ベンダーではなく、ウェブの広告代理業を中心としたデジタルマーケティングを支援してまいりました。 その中で広告を実施してアクセスを集めるだけでなく、ウェブサイトの解析・改善によってお客様の売上をサポートすることができないかという視点で、お客様の声をふんだんにとりいれたツールです。
3.
すべての機能がつかえるのに、ありえない低価格
それぞれの機能をもったツールを別々に導入すると、 すぐに10万円、30万円…とランニングコストが膨らんでしまいます。 オールインワンですべての機能が使えるのに非常に低価格でコスト圧縮可能です。 また、別々のツールの管理画面を覚えたり、連携させる人的なコストも不要です。
詳細を確認
1.
Googleアナリティクスと連携するだけ!無料トライアルも即可能
タグ埋め不要。Googleにログインするだけで分析できます。 そして無料トライアルが可能なので、まずはお試しでサービス画面のイメージをみられます。
2.
AI(人工知能)が自動で分析し、SEOからサイト内改善まで全部提案
例えば2億通りある経路から、最短10分で良いページを自動発見。具体的にどこをどう直すべきなのか、わかりやすく言葉で説明します。あなたはAIの改善提案にそってサイトを直すだけで、CV(購入やお問合せの数)の改善が見込めます。 サイト内のUI/UXの改善だけでなく、どういったワードでコンテンツをつくると集客ができるかであったり、検索エンジンで上位をとれるのかまでAIが教えてくれます。 ネット広告についても、どの広告キャンペーンの効率がよいか、自動で監視してくれます。
3.
大企業から中小企業まで2.5万サイトと実績が豊富!ECでも法人サイトでも大丈夫
ECはもちろん、B2Bの法人サイトで資料請求やお問合せを増やしたいという場合も大丈夫!2.5万サイトで月40億セッションの知見があれば、ヒートマップやABテストもいりません。また、「顧客をいかに自然に購買や資料請求といったアクションまで結びつけるか」を重視するので、押し売りのような接客ツールよりも顧客に嫌な思いをさせずに済みます。
詳細を確認
1.
さまざまな業界に対応可能
やよいの顧客管理には、約30種類もの業界別テンプレートが揃っています。 理美容、小売り、サービス業など、自分にあった業種別テンプレートを利用すれば、導入の手間を大幅に削減し、すぐに使い始めることが可能です。 テンプレートには、各業種に合わせた台帳の管理項目があらかじめ設定されています。もちろん、テンプレートを使わずに利用を開始することも可能です。
2.
顧客の対応履歴、予定も管理可能
やよいの顧客管理では、顧客情報や販売履歴など、必要な情報を一画面で確認できるので、個別の対応も素早く実施できます。 メニューのカスタマイズや、検索機能も充実しており、問い合わせやフォローなども素早くスムーズに対応することが可能です。 履歴管理では、自在に項目を設定し、最適な方法で履歴を管理することができます。例えば、顧客ごとに来店の履歴とともに購入品の種類、個数、金額を記録しておいたり、顧客へ送付したメールやDMの日付と内容を記録して問い合わせに備えるなどの使い方ができます。 顧客リストや販売履歴、各種分析データはボタンひとつでExcelシートへ転送できるので、やよいの顧客管理で蓄積した貴重な業務資産をさらに有効活用することも可能です。
3.
メール送信や宛名ラベルの印刷も可能
はがき作成・宛名印刷ソフトや送り状発行ソフトと連携することで、ダイレクトメールやはがき、シールタイプの送り状が簡単に印刷できます。 ハガキ作成・宛名印刷ソフトとの連携は、筆王や楽々はがきなどのソフトとすることが可能で、顧客の住所情報を、ハガキ作成・宛名印刷ソフトで取り込み可能な形式で書き出し可能。面倒な設定は不要で、ダイレクトメールやはがきがかんたんに作成できます。 送り状発行システム用のデータの書き出しも、お手持ちのページ(レーザー)/インクジェットプリンターでシールタイプの送り状の発行が可能です。
詳細を確認
1.
ピンポイントで深い解析が可能
Mixpanelは、PV数ではなく、ここのユーザーのアクションを解析することに特化しています。ユーザのリピート率、アクティブなユーザの属性、ユーザ一人一人の行動履歴など、Googleアナリティクスでは分析できない項目まで、深くみることが可能です。 例えば、コホート分析というリテンションを計測するために効果的な分析方法を用いることで、時系列別に比率を分析するグラフも、Mixpanelを使えば、ほんの10秒で分析可能。 さまざまなセグメントで絞り込むこともでき、DailyやWeeklyなどコホートの期間を変えることもできます。 このツールを活用し、局所的に深いデータを分析することで、「ユーザがどんな行動したらリピートするようになるか?」など、イベントごとに適切な方法が考察できるようになります。
2.
A/Bテスト・プッシュ配信が可能
Mixpanelの機能として、A/Bテストも行えます。 Mixpanelでは、A/Bテストのパターンや設定した文言や画像のパラメータを簡単に自由に変更可能で、効果も一瞬で判断できるようなUIになっています。 また、アプリに埋め込んで、プッシュ配信を行うこともできます。プッシュ対象のセグメントを細かく絞り込むことも可能ですし、合わせてA/Bテストも行うことができます。
3.
リアルタイムで分析できる
Mixpanelでは、リアルタイムにデータをチェックすることができるようになっています。 Live View機能では、ユーザーの訪問履歴をリアルタイムに時系列でみることができます。もちろんセグメント分けをすることも可能。 これにより、ユーザーが今何をしているのか、今どこから流入したかをリアルタイムで確認できるので、ソーシャルメディアによるリアルタイム流入を見るのにも役立てることができます。
詳細を確認
1.
検索速度や精度を向上させる「リッチサーチ」
まるでリアル店舗にいるかのような提案を実現できるのが、この「リッチサーチ」機能です。 ・読み替え登録によって検索するときの網羅性を改善 ・検索結果画面を見やすくカスタマイズ ・動的なカテゴリを作って操作を快適に これら3つの機能から、顧客が使いやすいECサイトを実現します。たとえばカテゴリ検索がしやすいようにドリルダウンで表示させたり、新着順や価格順、おすすめ順などで表示させたりなどの機能が特長です。他にも表記ゆれを防ぐ辞書登録や、品番やカラーごとに並べ替える機能も用意されています。 オプション機能にはなりますが、検索時に売れ筋商品や検索回数の多い商品を表示するといった重みづけの機能や、検索ログを元にしたキーワードの辞書登録機能なども備えられています。
2.
検索時にサジェストを表示する「リッチサジェスト」
「リッチサジェスト」とは、検索窓で商品を探すときに、キーワードを入れると自動的にキーワードや商品を表示できるサービスのことです。たとえば「し」と入力すれば、自動でシューズやシャツ、ショーツやシルクといった単語を表示させられます。さらにそこでシャツを選択すれば、商品の詳細画像まで表示されることが特長です。 顧客が少しの操作で商品にたどり着けるように工夫されています。また「注目のキーワードランキング」を表示させることも可能です。検索窓をタップするだけで人気のキーワード候補がずらりと出てきます。顧客に「こういう商品もあるよ」「これが人気だよ」ということを検索窓から伝えられる便利な機能です。
3.
サイト内で扱っている商品を組み合わせて提案する「リッチコーデ」
「リッチコーデ」は、商品の合わせ買いやまとめ買いを促すための機能です。たとえば管理画面であらかじめ商品でコーディネートを作っておけば、「新着コーディネート」としてサイトに表示させられます。 コーディネートとして掲載した商品は、使用したアイテムとしてそれぞれ商品リンクを貼ることも可能です。 コーディネートを作成するとなると難しく思ってしまうかもしれませんが、sui-seiならドラッグ&ドロップで操作が完了。反転や拡大、縮小も簡単に行えます。作成したコーディネートにタイトルやコメントをつけておくことも可能です。タイマー設定といっていつコーディネートを公開するかも決められるので、まとめてコーディネートを作成し、少しず公開する方法もできます。
詳細を確認
1.
グッドデザイン賞を受賞している優れたユーザービリティ
Google analyticsは入れているけど、どうも使い方がわからないという話をよく聞きます。それは使いやすい画面設計になっていないためです。Ptengineは誰でも簡単にご利用いただけるよう、ユーザービリティに非常に力を入れており、グッドデザイン賞も受賞しています。
2.
ヒートマップでページ内を見える化!
ヒートマップはページ内での、どこをクリックしたのか、どこを見ていたのかといったユーザーの行動をサーモグラフィーで見える化します。数字だけではわかりづらかったことが、色で表わされると直感的に理解することができます。
3.
ヒートマップの精度
ヒートマップを元にサイト改善等を行なうため、ヒートマップの精度が悪いと全く意味のないものとなってしまいます。Ptengineのヒートマップは、精度を高めるための独自の仕組みを取り入れており、他のツールではよくあるズレがありません。
詳細を確認
1.
流入施策とサイト内行動の分析を一度で行える
サイトへの流入施策を行うだけでなく、ユーザーがサイト内でどのうような行動をとったかという分析も行えるのがAD EBiSの特徴です。さらに広告効果測定ツールとしての機能に加え、アクセス解析ツールとしての機能を備えています。これにより、サイトへのアクセスを増加させる集客の評価と、サイト内行動を紐付けて管理することができるため、コンバージョン増加のための問題点や改善するべきポイントをスムーズに発見可能です。 コンバージョンした顧客が閲覧したコンテンツをスコアリングする機能により、自社のWEBサイトの強みを洗い出すこともできます。
2.
複数の広告媒体からの成果を一元管理
AD EBiSの管理画面では、WEB上で出稿している複数の広告成果データを一つの画面で閲覧することができます。Facebook広告、Google広告など、ジャンルが異なる分野の広告を出しているケースにも対応しています。それぞれの管理画面にログインし、個別に計測データをダウンロードする手間が省けるため、工数の削減を行うことが可能です。 また、コンバージョンが重複していたり、計測漏れが起きたりというヒューマンエラーが発生する要因を抑えることができます。どの媒体への出稿が最も効果的かが一目でわかるので、広告コスト最適化のためのツールとしての使うこともできます。
3.
成果を出した顧客データを蓄積し、活用
一般的なコンバージョン計測ツールでは、コンバージョンが発生したタイミングと件数の分析しか行うことができません。しかし、AD EBiSでは、コンバージョンの設定を変更すれば、顧客がサイト上で購入した商品やサービスの内訳から金額までを、管理情報としてリンクし、計測することができます。こうして蓄積されたデータをもとに顧客リストを作成し、リターゲティング配信や拡張配信をピンポイントに行うアレンジも可能です。 自社サイト内のコンテンツを改善するほかにも、個々人の興味や属性に合わせた施策を打ちやすいのがAD EBiSの大きな魅力です。
詳細を確認
1.
利用者1億ユーザ突破!大手アプリに選ばれています!
運営会社のbravesoftはBtoC向けの「bokete」なとと言った自社開発アプリをヒットさせ、これまでで現在700本を超えるアプリ開発を行って参りました。 ここで活躍するエンジニア、ディレクターが御社の御社アプリの成功を積極サポートいたします。
2.
シンプル&高性能!高度なカスタマイズ要求にも積極対応!
どんな方にも使いやすいようシンプルなインターフェースとPUSH通知を行う上で必要な機能を充分に盛り込み、「誰にでも使いやすい」と「大規模 に耐える高性能」を実現しました。 今後も随時新機能開発を行い、利用者のPUSH配信が効果的に行えるよう、どんどん開発を行っていきます。また、他サービスでは難しい「こういった機能を実装したい」「ああいった情報を取得したい」などのカスタマイズ要求にも積極的に対応して参ります。
3.
安心のサポート体制
親切な専任エンジニアが導入から運用、カスタマイズ要求に対応。不具合時にも障害調査や解析、対応方法の提案などを実施させて頂きます。PUSH機能を使いたいけれど、日常の保守運用や新OS対応、仕様変更対応を行うのが大変と思う方にこそ利用頂きたいサービスです。お気軽に問い合わせください!
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
6ヶ月
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜1000人の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1ヶ月
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜1000人の会社におすすめ
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし