クレジットカード決済のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ・評価
仕様
料金・費用
サービス資料
特長
利用条件
モバイル対応
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
法人向けBtoB決済代行サービスの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
部署間でブラックボックス化していた決済プロセスがクリアに
取引先とお金の情報には、多くの担当者が関わり、複数の部署を跨いで管理されています。伝言ゲームの過程で情報に誤りや不備があると、業務の正確性は失われてしまいます。部署・部門別に管理されていた決済ステータスが一つに集約されれば、関係者への情報共有のスピードと正確性は大幅に改善されます。経営の意思決定はもちろん、手間をかけずに内部統制を強化できるという観点からも、成長企業の強い味方になります。
2.
少人数体制でも新たな課金体系の構築が可能に
料金回収業務の整備は新しいビジネスに参入する上でのハードルを下げることにつながります。ROBOT PAYMENTの法人間決済(企業間決済)なら、たとえノウハウや人員が無い場合でも、定額制サブスクリプション型の複雑な課金サービスがすぐに始められるようになります。業務負荷をかけずに事業をスモールスタートしたい新規事業ご担当者様や、少数精鋭の経理部門の方にもおすすめです。
3.
売掛金管理の漏れを撲滅、未回収リスクが軽減
キャッシュフローの観点からも注意したい売掛金の貸倒対策も万全です。請求から入金完了まで、逐一、取引先のステータスを全関係者が一目で確認。また、入金期日には自動アナウンスで通知されるため、一件の漏れも見逃さない体制づくりが可能です。仕組みを通じて未然に貸し倒れリスクを低減することで、積極的な新規顧客開拓を推進しましょう。万一の場合に備えた売掛債権保証オプションを組み合わせれば未払いの心配は0になります。
詳細を確認
1.
初期費用・加盟店手数料が安い
スクエアの決済を導入するためには、専用のICカードリーダー「Square Reader」が必要です。Square Readerは、定価7,980円で販売されているもので、1度購入してしまえば月額費用などは発生しません。 また、スクエアをを利用するうえで、クレジットカードの決済手数料がかかりますが、こちらは、主要6ブランド(VISA、Mastercard、American Express、Discover、Diners Club、JCB)のカード決済手数料は3.25%です(キャッシュレス・消費者還元事業期間中)。 事業規模や実績による手数料の違いもないので、業態や規模を問わず導入しやすいのが魅力です。
2.
最短で翌営業日入金
スクエアでは、入金作業が素早く行われるので、資金繰りが悪化するのではないかとクレジットカード決済導入を悩んでいた経営者でも安心して導入できます。 スクエアで決済された売上代金は、みずほ銀行または三井住友銀行の口座を登録している場合には翌営業日、そのほかの銀行の口座を登録している場合には毎金曜日に振り込まれます。振り込みに売上金額は関係ありません。 仮に、毎日お客さんがクレジットカード決済を利用するようなお店やサービスである場合には、平日には毎日スクエアからの入金があることになります。
3.
バージョンの管理も可能
スクエアのカードリーダーは、充電式の無線通信タイプ。通信可能なスマホやタブレット端末さえあればクレジットカード決済ができる完全なモバイルタイプなので、レジ以外の場所でも利用できます。内蔵バッテリーは容量も十分なので、フル充電しておけば丸一日稼働可能。 そのため、カフェやレストランなどの店の雰囲気を大事にしたい店舗はもちろんのこと、店舗を持たない事業者でも導入可能です。 例えば、訪問型の家庭教師やパンの移動販売、個人タクシーでも導入できますね。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし