データ連携ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
98,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
4,000,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
API公開のための認可サーバーBaaSツール 【Authlete】の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ETL・データ統合ツール Pentaho(ペンタホ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
導入&管理が圧倒的に簡単
認可サーバーおよび OpenID プロバイダーの実装に必要な機能をすべて Web API として定義し、お客様に提供しているため、お客様側で認可用データベースを用意する必要もなく、導入時の工数を大幅に削減できます。導入後も、ウェブコンソール上から、認可サーバー&Open ID プロバイダーの作成や管理ができるため、管理が簡単です。サードパーティーがクライアントアプリを管理するためのツールも標準装備。
2.
認可に特化したソリューション
API 公開のためには、API管理、ID管理、認証、認可といった仕組みが必要となりますが、Authlete は認可に特化した独自のアーキテクチャーであるため、任意のAPI管理、ID管理、認証ソリューションと組み合わせることが可能です。既存の社内認証システムや AWS や Azure 等が提供する API Gateway 等と組み合わせてご利用いただいているケースも数多くあります。
3.
複数サービス導入を前提とした設計
既存のサービスの多くは、サービス毎に認可サーバー/ OpenID プロバイダーを必要としますが、Authleteであれば、一元的にそれらを管理することが可能です。管理コンソール上から3クリックするだけで、新しい認可サーバーが立ち上がります。
詳細を確認
1.
使いやすいGUIツール
・各種データソースに幅広く対応(CSV,Excel,各種RDB、Hadoopなど) ・入力、変換、出力をドラック&ドロップと設定のみ、プログラムレスで実現 ・機能の追加、拡張も可能 ・パイプライン処理や並列実行などでパフォーマンスを最適化
2.
ジョブ実行とリポジトリDB
・スケジュール処理、クラスタ構成などでジョブ管理が可能。 ・リポジトリ連携でバージョン管理やアクセス制御なども可能。
3.
幅広いビッグデータ製品をサポート
・Hadoop関連テクノロジーと連携 HDFS / Pig / MapReduce / YARN / Hive / Impala / Hbase / Spark等 ・分析データベースへの対応 Vertica / SAP HANA / Teradata / Cassandra ・各社サービスとの連携 splunk / Amazon / MS Azure / Hortonworks
詳細を確認
最低利用人数
0人
最低利用期間
6ヶ月
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし