データマイニングツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
300,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
アイタスの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Analyticaの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
S-PLUSの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ピーシーキッドアナライザーの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
意見タグAI・可視化AI
テキストデータをフレーズ単位で構文解析し、頻出フレーズのランキングを自動作成。類似する意見フレーズをAIで自動グルーピングし定量分析を可能に。その際、貴社側での辞書登録は不要です。
2.
感情分類AI
節単位でテキスト内のネガティブな感情を細分類することも可能。
3.
優先課題図
意見タグAI・可視化AIで抽出したフレーズに、感情分類AIでの係数や貴社での重要指標を掛け合わせることで優先課題をマッピング。
詳細を確認
1.
ネットの口コミを集計する
SNSに発信された膨大な量の口コミを集計し、自社に対する声を具体的な形にします。必要なデータのキーワードに関する情報を広範囲に収集し、投稿された声をグラフ化して、よりわかりやすい形へとアウトプットします。分析データは、自社で表計算ソフトを利用して加工できるので、今後のビジネスに利用できます。それ以外に風評や炎上の対策にも生かせ、ネット上をいつも監視することなく早期の対応ができます。 また、自社のユーザーの属性も分析して、日常生活での興味といった行動も把握できます。イベントを実施する際の、効果を確認する作業にも役立ちます。キーワードは自社のものに限らず、他社のものも指定可能です。
2.
アカウントの視覚化
日本有数のビッグデータを保有しており、膨大なデータの中から必要なものだけを利用できます。自社に必要な言葉を指定して、関連するデータを収集し、発言だけでなく地域の特性や発信元の人間像を推測します。また、発言のタイミングを分析することで、投稿するチャンスを探ることも可能です。 データを活用するためには、競合する企業のユーザーの分析も欠かせません。ソーシャルインサイトを利用して、競合する企業のユーザーも分析できます。ユーザーの属性の違いや特徴など、必要な情報を手に入れることができます。また、ユーザーの会社に対する想いを数値化することもできます。発言だけでなく、動画や画像も分析対象とすることで、漏れのないソーシャルマーケティングが可能です。
3.
コミュニケーションをスムーズに
自社の運営しているSNSに投稿された発言を管理し、運営を助けるだけでなく、コミュニティーを構築します。投稿された言葉からリプライが必要なものをピックアップし、緊急性によってランク分けします。投稿に関する過去のデータも関連して集めることもできるので、コメントを連続したデータとして扱うことができます。投稿への反応のスピードアップや、的確なリプライは、ユーザーの満足感につながります。 アカウントの管理は、発信する場合にも力を発揮します。投稿する前のチェックを担当が行ってから、承認されたものだけが予約投稿などで配信できる形を取り入れています。ユーザーとの大切なコミュニケーションを深めるツールとしてSNSを活用できます。
詳細を確認
1.
記事の成功パターンやバズ状況を把握
メディアインサイト利用者のサイト(自社メディア)の他、290もの各メディア媒体で起きたSNSの反響率・拡散率を調査することができます。記事別でランキングをつけ、他媒体で上位にある記事と自社メディアの記事を比較し、他媒体の成功パターンを把握します。 さらに数々のメディア内で起きたバズに関するデータも自動収集するため、インターネット上で話題になっている内容も瞬時に把握することができます。話題の内容を把握することで、自社メディアで作成すべき記事や取り上げるべき内容を知ることができ、サイトのグロースに繋げられる可能性があります。このような機能を、メディアインサイトでは競合媒体モニタリングと呼んでいます。競合の意味は競り合うことですが、ここで対象になるのは自社と同じようにメディア特化型として運営しているサイトです。
2.
SNSにおける記事の話題性や流入情報を分析
自社メディア内にある記事のSNS拡散状況とトラフィック相関を分析して、SNSにおける話題率を知ることができます。また、ニュースアプリ・検索エンジン・ニュースポータルなど記事にアクセスすることができる各場所からの流入量を比較することも可能です。 反響率だけでなく、反響により流入が増加した記事の調査・高打率の曜日や時間はいつなのか・拡散やバズのキッカケは誰なのかなども分析できます。これらの情報を知ることで世間一般でうけの良い記事内容を考えることができ、ターゲットユーザーを絞ることにも繋がります。 このような機能は、総じてチャネル別の測定と呼ばれています。ここで言うチャネルは集客の経路や媒体を指すため、記事にアクセスできる場所(記事やリンクが掲載された場所)でのユーザー反応を測定するということです。
3.
読者の閲覧の動きから価値ある要素を分析
読者が記事を読む時の動きを分析し、記事内にあるどの要素に価値があるのかを可視化します。たとえば、熟読した段落・読むのをやめた段落・良い影響があった写真などをヒートマップ(情報値を色の濃淡で示した可視化方法)で知ることができます。 ヒートマップで見ることができるのは、マウスカーソル・ホイール・スマホのタップ操作などの動きです。数字だけの情報よりも直観的に読者にとってニーズのある内容や画像を知ることができるため、メディアインサイトを利用しているサイト運営側も知り得た情報を活かしやすいと言えます。 これら機能は、メディアインサイトにおいて記事コンテンツ分析と呼ばれています。記事の内容に関した分析を行うものであり、世間でホット状態になりやすい内容をより細かく知ることに役立つためサイトの質の向上に役立ちます。
詳細を確認
1.
1アカウントで複数ブランドの一括監視可能
Social Monitorでは、複数のブランド展開をしている企業の場合、1つのアカウントですべてのブランドの監視を行うことが可能になります。アカウントは1つでも、リスク監視はブランドごとに行え、分析結果もブランドごとに表示することができます。このときも、ブランドごとに表示画面を変える必要はなく、1画面で全ブランドの分析結果を確認することができます。類似した投稿があれば、自動的にグルーピングされるので、類似投稿を何度もチェックすることなく、監視工数を削減できます。影響度の大きい投稿をランキング表示することも可能です。 週次や月次レポートもダウンロードでき、日次のレポートファイルは毎日メールで届きます。監視対象が多い企業にとっては、監視対象ごとに処理する必要がなく1アカウントですべて済ますことができるので、管理に手間がかかりません。
2.
24時間365日自動チェック
Social Monitorは、SNSの監視を24時間365日間行いますが、運用担当者などの人間が張り付く必要はありません。モニターとのにらめっこは必要なく、特に問題がないときは他の作業に時間を割くことができます。SNSの自動監視を行い、問題が発生すればリスクが検知され、設定された検索条件に従って、15分おきに24時間365日リスク監視を行ってくれます。 Social Monitorで監視できるのは1メディアに限られず、複数のメディア監視が可能です。関連するSNSをすべて漏れなく監視し、リスク検知できるようになります。Social Monitorで監視対象になるのは、Twitter、ブログ、各種掲示板、ウェブニュースなどです。
3.
深刻なリスクを迅速にキャッチ
深刻なリスクを検知した場合は、メール通知機能により通知されます。この通知メールにより、深刻なリスクを迅速にキャッチすることができ、早期に対策を講じることができます。運用担当者・管理者は、アラートメールの受信に気を配るだけですみ、常時画面チェックをするような負担からは解放されます。 アラートメールにはアラートに関するレポートが添付されているので、運用チームとして情報の共有も図れます。情報共有にもなる、アラートの通知先は、サービス利用者が自由に設定できます。アラートメール配信先の変更や拡張など、サービスベンダに頼ることなく自由にメンテナンスができます。
詳細を確認
1.
技術者ではなく、誰でもデータの活用が可能に
社内データの可視化は、施策を講じたり必要なKPIを設定するために欠かせない作業です。ですが、専門性が高く複雑であるためどの企業でも徹底できているものではありませんでした。 Analyticaならドラッグ・アンド・ドロップでデータの抽出・加工が設定可能になります。社内でのデータ把握が当たり前となり、常にデータを意識した事業活動を行うことができるようになります。
2.
点在するデータソースを1箇所で管理可能
データが点在していると、俯瞰してビジネス状況を把握するのが難しくなります。Analyticaならデータベース、Google Analytics、Googleスプレッドシートのデータを一箇所に集約し、データからもたらされるビジネスチャンスを可視化させます。 また、一見無関係に見えるデータも、一つのチャート上で重ね合わせることで、予想だにしなかった法則や洞察が見いだせることもあるでしょう。表計算ソフトやSQL言語でこれらの洞察を導くのは非常に難しいことでした。Analyticaなら、データ抽出と加工を組み合わせて、とても簡単にあちこちに点在する色々な製品のデータベースを結合させ、1つのチャートで表示ができます。
3.
4つの権限で、情報資産の保全をサポート
誰にでもデータが活用出来るのはよいことですが、アクセスしてはいけないデータにアクセス出来たり、ユーザーを自由に追加出来てしまったりしては、情報漏洩防止の観点からも望ましくありません。 Analyticaはデータソースへの接続設定権限、ユーザーアカウント管理権限、分析権限など、ビジネスユースに最適な、Admin, Manager, Analyzer, Viewerの4つのユーザータイプを準備しています。例えばViewerであれば、自ユーザーアカウント管理とダッシュボードの閲覧のみが可能となっており、社内の幅広いユーザーに御利用頂けます。また、顧客向けのレポーティングツールとしてViwer権限を配布することも可能です。一方Analyzerは、Viewerの権限に加えて分析を行う事が出来ます。一方ユーザーアカウントを追加したり、新しくデータソースへの接続を追加することは出来ません。このように、情報セキュリティをしっかりと担保した運用が可能です。
詳細を確認
1.
豊富なデータ解析機能と統計解析機能
S-PLUSは、豊富なデータ解析機能と統計解析機能を標準で備えています。基本演算、行列演算はもちろんのこと、時系列解析や生存時間解析、モデル式による統計解析もでき、S言語を使って柔軟にカスタマイズすることができます。 S言語は対話型のインタープリタ言語で、必要な処理だけを繰り返し実行しながら作り上げることができ、すぐに結果が得られ、短い時間で方向性を確認しながら試行錯誤することができます。また、必要なグラフを簡単に表示して統計解析をすることができるので、作業効率の向上につながります。実験データ解析、マーケティングデータ解析、実績データ解析など、理学・工学分野、医学・薬学分野、経営・経済・金融分野、心理学分野などさまざまな分野で導入されており、社会生活に役立つ分析を行っています。
2.
多種類高品質のグラフィックス機能
S-PLUSは、散布図から3Dグラフィックスまで、多種類で高品質のグラフィックス機能を備えています。散布図や棒・円グラフはもちろんのこと、そのほか数十種類の2次元グラフや、スピン、ブラッシング、鳥瞰図などの3次元基本グラフをマウス操作で簡単に作成できるので、いろいろな発想を簡単に具現化でき、分析効率も向上します。 また、グラフのカスタマイズを柔軟かつ簡単に行えるので、さまざまな角度からデータ解析が可能です。グラフの出力フォーマットはJPEG、WMF、EPS、PNG、TIFFなど豊富に用意されているので、使用しているPC環境のままレポートやプレゼン資料を作成できます。
3.
優れたデータ管理機能とデータベース機能
大量のデータを扱うにあたり必要なデータ管理機能やデータベース機能を備えており、データ加工、変換、条件抽出、保存、再加工というサイクルをS-PLUS単体で実行できます。ソートやマージなどのデータ加工や、変数変換、型変換などのデータ変換などをマウスやメニュー操作でわかりやすく簡単に実行可能です。 各種データベースやExcelなど、さまざまなファイルフォーマットとのインタフェースが用意されており、データの取り込み及び出力が簡単にできるので、取引先で扱うデータの種類にとらわれず、スムーズに作業ができます。また、外部データベースとのODBC接続ができるので、処理の自動化も簡単にでき、タイムリーなデータ解析を可能とします。
詳細を確認
1.
ディープラーニング
「データは手元にあるものの、それを活用できる人材がいない」「データの分析がどういうものか一度体験してみたい」そんなことを考えたことはありませんか?このような要望にピーシーキッドアナライザーであれば応えられます。 今話題になっている社内のデータを分析して活用する、データサイエンティストは育成にも時間がかかり、データの分析に興味があってもなかなか実行に移せないものです。ピーシーキッドアナライザーはデータサイエンティストのように、プログラミングや統計学の知識がない人でも、データサイエンティストが利用する解析手法で手軽に分析することができるシステムです。 過去のデータを分析し、未来のデータを予測してくれます。統計データ解析や人工知能技術を応用し、Excelデータを自動的に分析し、明確な数字によってマネージメントを手助けしてくれるのです。
2.
誰でも簡単に操作できる
専門的な知識は不要で、プログラミングや統計学の知識がない人でも、「データサイエンティスト」が利用する解析手法で手軽にデータ分析をすることができるのです。 ピーシーキッドアナライザーは、画面上の簡単な操作で使用できます。データを指定し、メニューを選択するだけで、予測データの一覧表が出力可能となります。
3.
無料で使えるクラウドサービス
ピーシーキッドアナライザーはユーザー登録などの煩雑な手続きが不要で、今すぐ無料で使えるクラウドサービスです。もちろん機能制限もありません。少しでも気になったらまずは1度試してみることをお勧めします。 今お使いの、手元にあるPCのブラウザで動作しますので、面倒なインストール作業で専用のアプリケーションの導入を行うことなくお手軽に導入可能です。 「データを分析したいけど、データが点在していてどこから手を付ければよいかわからない」 「ピーシーキッドアナライザーを使いこなす自信がない」 「メニューにないデータ解析をやって欲しい」...そんな要望を持っている方は、有償の「データ解析おまかせサービス」を利用できます。データの整理からデータ解析まで、全てをピーシーキッドのデータサイエンティストが行い、結果を御社に報告します。
詳細を確認
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
5人
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし