EDIのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
利用可能
情報共有機能
利用可能
他システムとの連携
情報なし
階層管理
利用可能
暗号化
利用可能
ログ管理
利用可能
アクセスコントロール
利用可能
漏洩防止
利用可能
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
利用可能
階層管理
情報なし
暗号化
利用可能
ログ管理
利用可能
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
漏洩防止
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
600-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(年額)
50,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
4,166-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
電子帳票配付・データ交換システム「EdiGate/POST」(エディゲートポスト)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【購買管理】クラウド型間接材調達支援サービスの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Confluence (コンフルエンス)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
クラウドサイン SCANの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
SES・準委任・派遣契約などの契約、請求、精算を楽々管理するクラウド型EDIシステムMeeepaの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
点検エース for Excel®の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
FAX自動帳票サービス AUTO帳票の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
帳票データの自動配信
現在、自社でご利用中の社内システムと連携。EdiGate/POSTが帳票データを電子化し、仕入先へと自動配信します。
2.
セキュアにデータ交換
ExcelやWordで作成した見積書や容量の大きい図面など、さまざまな形式の帳票データを仕入先と送受信できます。さらに、SSL通信による暗号化をはじめ、IDおよびパスワード、ウイルスチェックをかけたセキュアなデータ交換が可能です。そのため情報漏えい対策になるほか、メールのセキュリティ対策としても活用できます。
3.
簡単操作。仕入先にもメリット
操作はシンプルです。自社、仕入先双方がインターネットに接続しているだけで簡単に利用できるため、仕入先にも負担をかけさせません。さらに、仕入先の自社システムやExcelなどの帳票データを2次活用できるので、帳票業務も軽減できます。
詳細を確認
1.
業務効率化
自社内の購買に関わる業務プロセスを、すべてクラウド型間接材調達支援サービスに一元化できます。それにより、購買申請書と請求書のつきあわせ確認や、仕訳業務、スポット調達の見積もり依頼など、これまで手作業で行っていた業務を削減。 業務費用や、誤発注や支払遅延等のミス/トラブルを低減します。
2.
コスト削減
拠点ごとに様々な品目、個別の仕入先が存在していると取引状況の把握が困難です。 クラウド型間接材調達支援サービスは、間接材に関わる取引をすべてクラウドサービスに一元化。支出の見える化が進み、支出削減の要点を明確化できます。
3.
コンプライアンス強化
経費調達に関わる仕入先との見積もりが紙運用の場合、会社全体の現状把握が難しくなり、見える化が思うように進みません。クラウド型間接材調達支援サービスなら、見積もり・調達・検収まで見える化を実現。不自然な取引を発見しやすくなり、内部統制を強化できます。
詳細を確認
1.
ドキュメント作成が簡単
Confluenceではコンテンツを「ページ」という単位で管理しています。このページ作成はMicrosoftのWordの文章作成と同じような感覚なので、わかりやすく作成しやすいのが魅力です。 また、Confluenceにはテンプレート機能があり、同じ形式で複数のファイルを作成する際に非常に便利です。初期設定で用意されているものだけでなく、自分で用途に合ったものを作成することも可能。 これによって「作成者によって文章の形式がバラバラになる」といった課題も解決できるでしょう。 また、作成したページは親ページから子ページとして階層構造で管理できます。ページの移動も簡単にできますし、ページやファイルにはラベル付けも可能で、それをもとにした検索も可能。
2.
コメントテキストが残せる
Confluenceでは共有されたドキュメント上に誰でもコメントを残して議論ができるようになっています。 また、「インラインコメント」という機能を使えば、ドキュメントの特定箇所に直接コメントを残すこともできます。コメントをしたい箇所をドラッグするとコメントのマークが出てくるので、操作としてもわかりやすいでしょう。 ドキュメントに「いいね」を付けられる機能もあるので、Confluence上で双方向のコミュニケーションが実現する工夫が施されています。
3.
ウォッチ機能で通知が受け取れる
ウォッチ機能を利用して、気になるページや必要なページをウォッチしておけば、そのページが更新されたときに通知を受け取れるようにできます。トップページには常に最新の更新情報が表示されるので、ウォッチしていないコンテンツの最新情報を知ることもできますが、特に確認が必要なページについては、ウォッチ機能で随時確認できるようにするのがおすすめです。 また、自分がページを更新した際に特定の人物に通知を送りたい場合には、コメントに「@名前」を入力することで通知を飛ばすこともできます。
詳細を確認
1.
スキャンやデータ入力の手間が不要
書類のスキャンからクラウドサインへの書類情報入力までを一貫して対応します。
2.
取り込んだ契約書を すぐ検索・参照可能
契約締結日や自動更新の有無、部署名など様々な情報で検索。お探しの契約書がすぐに見つかります。
3.
契約書の更新日、 終了日の管理が可能
アラート機能を利用することで、更新日や終了日が近づいた際に管理者に自動でメールが送られてきます。
詳細を確認
1.
シンプルな設定環境
クラウドEDI-Platformでは「24時間365日体制」での専属スタッフによる運用・監視が行われており、国内3拠点(和歌山・東京・大阪)によるセキュリティサポートが徹底しているため安心して利用できます。 同時に複数の接続先を保つための冗長性の高い運営形態が敷かれ、何らかの理由で1箇所の回線がフリーズした場合でも、他の回線を介してインターネットへの接続を継続運用することを可能にします。このセキュリティシステムを常備した上で、加盟企業・取引先ともに通信管理は利用登録をした通信管理システムのみで対応されるため、非常時の問い合わせ先を考慮する場合もシンプルにトラブル回避・解決に臨むことができます。 このため、クラウド型サービスの盲点でもある情報の混線を避けながら、必要な情報処理だけに徹することが可能となります。
2.
情報のバックアップ体制が向上
さまざまな通信手段によって送受信される取引先の各種通信を一括代行し、日常的な監視やエラー対応などを含め、EDI業務の効率化に関わるあらゆることがサポートされます。その際には情報のバックアップ体制の向上が図られる上で、業界標準フォーマットである流通BMSによって優先情報が送信される場合もリアルタイムで対応でき、自社において設備構築や管理・運用のコスト負担を大幅に削減することが可能になります。 情報のバックアップ機能の向上によって取引先・加盟企業との仕事効率・進捗率への弊害も払拭することが容易になるほか、複数企業との取引を検案する場合でも、既存の情報を参考にする形で企業としての将来設計を円滑に図ることも可能になります。ローコストかつ安定して大量にデータを処理できるサービスです。
3.
開発工数と管理運用の負担を削減
クラウドEDI-Platformを導入することによって、たとえばネット通販に出店している場合にANSI X12フォーマットやAS2などの新しいEDI方式に対応できない際でも、適切なシステムアップによって情報公開のベースが与えられます。つまりクラウドEDI-Platform導入によって、専用モデムなどの通信機器類の廃止により維持コストを削減でき、新規加入の形で接続先が増えた場合でも通信手順・ファイルレイアウトが統一されることになるため、開発工数が削減される上で管理運用の負担を減らせます。 また、導入に際する基幹システムを獲得していない場合でも、Web-EDIを利用することによってEDIの効果を同じく獲得・活用することができるようになります。
詳細を確認
1.
安全・確実なファイル転送
HULFTのファイル転送は基本、1対1のホスト同士で行われるため、安全・確実なファイル転送が実施されます。また、1つのファイルを同時に複数拠点に転送する同報配信や、転送中に異常が発生して配信が失敗した場合には異常箇所からの再度転送機能を持つなど、確実性と安全性をベースとした効果的な共有体制をしいています。
2.
ネットワークの負荷を軽減する間欠転送とデータ圧縮転送
ネットワークの負荷増大による運用コスト上昇に対応するため、転送データをHULFT 固有の方法で圧縮することで、ファイル転送効率性と配信管理の利便性を高めています。転送データの1ブロックごとの転送間隔を配信管理情報に指定できる【間欠転送】 と、ネットワークの占有を下げてファイル単位でデータを送付できる【データ圧縮転送】があります。
3.
共有ファイルサーバ上のデータ直接集配信
NAS(Network Attached Storage)サーバやWindowsファイルサーバに蓄積されたデータを直接集配信する事ができます。また、ファイル転送の要求発行は、配信側、集信側のどちらからでも行うことができるなど、利便性も高いです。データの直接配信により、ネットワークファイル対応の観点から優れたサービスと言えます。
詳細を確認
1.
効率化とコスト削減
技術者の労働データを電子化することによって、見積書・請求書・契約書などのさまざまな紙ベース書類の発行が不要になります。手間を省くだけでなく、印刷代・紙代・郵送費のコスト削減に効果があります。 電子化された場合、日々の事務作業が大幅に削減されます。効率化されることによって、稼働費が最大8分の1まで下がった実績もあります。
2.
コンプライアンス強化
労働データを電子化することは、コストや手間の削減だけではありません。電子化は、郵送やメールの誤送信を含むインシデントリスクを減少させられます。 また、電子化によって業務フローやプロセスも明瞭化。購買業務の統制を図れるのです。
3.
幅広いサービスに対応
本サービスは、あらゆる紙ベースの書類を扱う手間を削減できます。企業によって扱う書類や業務はさまざま。幅広いサービスに対応できるため、各企業の業務プロセスにマッチします。 【Meeepaで使用できるサービスの一例】 ・契約書作成 統一されたフォーマットによって、契約書を自動作成。印刷業務や郵送業務を削減します。 ・見積もり作成 過去情報をコピーすることにより、見積もり依頼にもスムーズに対応できます。 ・クラウド型サービス クラウドシステムを採用しているため、タブレットやスマートフォンを使っていつでも利用できます。 ・締結済み契約のデータを一覧表示 データ化されたパートナー企業と締結された契約は、保存用ディスプレイで一覧表示可能。契約管理の統制も図れます。
詳細を確認
1.
時間コスト削減に効果!
Windowsタブレットと点検エースを活用することで、 現場と事務所で二重で作業を行っていた業務を事務所に戻らずとも行えるようになります。
2.
システム構築不要!組み込み簡単2ステップ!
点検エースはExcel®アドインソフトなので、いつもお使いのExcelファイルに簡単に組み込みが出来ます。
3.
写真の同時記録で作業品質向上!
Excel®上で入力情報と併せて現場の状況を写真記録できますので作業のエビデンスを同時に記録できます。 作業ログも取得していますので作業管理にも有効です。
詳細を確認
1.
インターネットに接続できる端末から操作可能
「AUTO帳票」は、インターネットFAXです。 インターネットに接続できる環境があれば、 どこからでも利用することができます。
2.
初期費用無料、選べる接続方式
サービス利用のための初期費用は、AUTO帳票Directであれば無料。 サービスインまでのテスト期間も設けます。 接続はWeb-API、FTP(S)、SMTPなど豊富にご用意。 現在の運用に合わせた方法が選択できます。
3.
豊富な導入実績
大手メーカーのERPから専用システムまで、多種多様な システムとの連携実績がございます。 導入しやすいインターフェースを提供しておりますので、 システム改修の期間と費用を圧縮できます。
詳細を確認
1.
とりあえず不完全な内容でも公開・共有
esa.ioの最大の特徴は、WIP機能です。WIPとは、「Work in Progress」の略で、まだドキュメントが不完全な状態であることを周知するために使います。このWIP機能によって、編集途中のドキュメント状態でも、気軽にメンバーに共有することができます。 例えば、企画系のドキュメントを作成している場合、「企画は動いているけれどまだこれでフィックスはしていない、アドバイスがあれば欲しい」という意思表示をすることができます。 情報をたとえ不完全であっても発信することで、チームメンバーがより良いアイディアをくれることもあるでしょう。 また、日報の作成では、先にTODOをWIP状態でまとめておいて、その日の業務が終了した際に日報として確定することで、更新のし忘れを減らすこともできます。
2.
チームで共有しながら情報を育てることができる
esa.ioは、不完全な情報をチーム内で共有し、何度も更新しながら徐々に育てていくという発想で作られています。 そのため、書き途中の状態のドキュメントを更新した際には通知が飛ばないなどの配慮がある設定になっていて、気兼ねなく何度も更新できるでしょう。また、更新するたびにリビジョンに履歴が残るので、元の状態を確認したり、巻き戻したりする操作も簡単で安心です。 複数人で同じドキュメントを更新した場合にも、3-wayマージの仕組みがあるので心配ありません。
3.
素早いフィードバック
esa.ioでは、ユーザーのフィードバック送信から、通常5分〜10分程度でesa.ioの開発者自身からユーザーに返信が来ます。 これは、ユーザーからフィードバックが送られてきた時点で、esa.ioの開発者にSlack・GitHubのIssue・メールの3カ所に通知される仕組みになっているからです。 疑問点や不具合があったときは、できるだけ素早く対応してもらいたいものなので、非常に心強いサービスだと言えるでしょう。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
100人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
300人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし