EDIのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
アクセスコントロール
情報なし
証跡管理
情報なし
漏洩防止
情報なし
拡張性
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
証跡管理
情報なし
漏洩防止
情報なし
拡張性
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
証跡管理
情報なし
漏洩防止
情報なし
拡張性
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
利用可能
証跡管理
未対応
漏洩防止
利用可能
拡張性
利用可能
情報共有機能
利用可能
他システムとの連携
利用可能
階層管理
未対応
暗号化
未対応
ログ管理
利用可能
アクセスコントロール
未対応
証跡管理
未対応
漏洩防止
利用可能
拡張性
利用可能
情報共有機能
利用可能
他システムとの連携
未対応
階層管理
未対応
暗号化
未対応
ログ管理
利用可能
アクセスコントロール
情報なし
証跡管理
情報なし
漏洩防止
情報なし
拡張性
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
証跡管理
情報なし
漏洩防止
利用可能
拡張性
情報なし
情報共有機能
利用可能
他システムとの連携
情報なし
階層管理
利用可能
暗号化
利用可能
ログ管理
利用可能
アクセスコントロール
情報なし
証跡管理
情報なし
漏洩防止
情報なし
拡張性
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
情報なし
証跡管理
情報なし
漏洩防止
情報なし
拡張性
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
情報なし
階層管理
情報なし
暗号化
情報なし
ログ管理
情報なし
アクセスコントロール
利用可能
証跡管理
情報なし
漏洩防止
利用可能
拡張性
情報なし
情報共有機能
情報なし
他システムとの連携
利用可能
階層管理
情報なし
暗号化
利用可能
ログ管理
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
50,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
4,166-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
2,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
【購買管理】クラウド型間接材調達支援サービスの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
電子帳票配付・データ交換システム「EdiGate/POST」(エディゲートポスト)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
点検エース for Excel®の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
AUTO帳簿EXの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
業務効率化
自社内の購買に関わる業務プロセスを、すべてクラウド型間接材調達支援サービスに一元化できます。それにより、購買申請書と請求書のつきあわせ確認や、仕訳業務、スポット調達の見積もり依頼など、これまで手作業で行っていた業務を削減。 業務費用や、誤発注や支払遅延等のミス/トラブルを低減します。
2.
コスト削減
拠点ごとに様々な品目、個別の仕入先が存在していると取引状況の把握が困難です。 クラウド型間接材調達支援サービスは、間接材に関わる取引をすべてクラウドサービスに一元化。支出の見える化が進み、支出削減の要点を明確化できます。
3.
コンプライアンス強化
経費調達に関わる仕入先との見積もりが紙運用の場合、会社全体の現状把握が難しくなり、見える化が思うように進みません。クラウド型間接材調達支援サービスなら、見積もり・調達・検収まで見える化を実現。不自然な取引を発見しやすくなり、内部統制を強化できます。
詳細を確認
1.
帳票データの自動配信
現在、自社でご利用中の社内システムと連携。EdiGate/POSTが帳票データを電子化し、仕入先へと自動配信します。
2.
セキュアにデータ交換
ExcelやWordで作成した見積書や容量の大きい図面など、さまざまな形式の帳票データを仕入先と送受信できます。さらに、SSL通信による暗号化をはじめ、IDおよびパスワード、ウイルスチェックをかけたセキュアなデータ交換が可能です。そのため情報漏えい対策になるほか、メールのセキュリティ対策としても活用できます。
3.
簡単操作。仕入先にもメリット
操作はシンプルです。自社、仕入先双方がインターネットに接続しているだけで簡単に利用できるため、仕入先にも負担をかけさせません。さらに、仕入先の自社システムやExcelなどの帳票データを2次活用できるので、帳票業務も軽減できます。
詳細を確認
1.
紙ベースの資料作成を効率化できる
点検エース for Excelは、現場作業書や報告書の作成を効率的に行うことができるツールです。普段からExcelを使用しているのであれば、特別なシステムを導入することなく、そのまま利用開始できます。現場にタブレットを持ち込むことで、写真貼り付けやサイズ編集などもその場で操作可能です。 また、直感的な操作で行うことができるので、作業スピードの大幅な向上が期待できるでしょう。操作や画像の編集などは全て日時・ユーザー・操作内容のログが残され、自動的にエビデンス保存の役割も果たします。万が一誤って操作してしまってもデータの復元と修正を素早く行えるため、作業品質の改善にも役立ちます。
2.
オフライン環境下でも利用できる
点検エース for Excelのメリットは、wi-fiや社内LANが届かない場所でも利用できる点です。建設現場や製造業の工場内、野外での作業スペースなど、回線の手配が不要なため追加コスト不要で、どこでもワンタッチで報告書の作成に取りかかれます。 またタブレットにはBluetoothが搭載されているため、同じくBluetooth搭載プリンタへの接続が可能です。必要があればその場で印刷することもできるため、情報の共有もスムーズに行えます。また、タブレットは耐衝撃・耐振動性能を備えており、また-10〜50℃の環境で使用可能です。一定の強度を備えているため、過酷な現場でも気兼ねなく使用できます。
3.
重くなりがちな画像を自動で圧縮
点検エース for Excelでは、Excelの管理画面から直接カメラを立ち上げることができます。輝度調整やズーム機能も搭載されているため、写真を即座に撮影可能です。撮影した画像は指定したセルへ任意で貼り付けができる上、自動でリサイズを行ってくれます。建築現場や複雑な機器を扱う製造現場など、たくさん写真を撮影するようなケースでも、Excelファイルを重くすることなく利用可能です。
詳細を確認
1.
コンテンツのライフサイクルをすべて管理
コンテンツは、適切なアクセス管理や破棄を行わないと、企業のコンプライアンス上問題になる可能性があります。OnBaseには、コンテンツリポジトリが備わっており、コンテンツリポジトリによって、コンテンツの作成から破棄まで文書のライフサイクルすべてを管理できます。企業コンプライアンスに基づいたコンテンツ管理が可能です。 紙文書はデータをキャプチャし電子データ化され、単一のデータベースに取り込まれてOnBase上に存在するすべての関係するシステムへ自動的に送付されます。送付されたデータは会社全体でシームレスに使用できるようになり、業務プロセスの改革やコンテンツ内容の有効利用なども容易です。 参照や更新できる範囲を決めるアクセス権制御や必要な情報の統合化も可能になり、コンテンツが不要になるまで適切な管理を行います。
2.
業務プロセスも管理して収益に貢献
従来の業務プロセスを変更が必要なシステム基盤を導入すると、初期コストが増加しがちです。OnBaseでは、従来の業務プロセスを変えずにそのまま管理する機能も備わっています。 業務文書を効率よく回覧、チェックを行えるワークフロー機能は、ワークフロー検討時に効率的な回覧手段を見つけることで、業務プロセスの最適化を進めることができます。また、業務プロセスの自動化を検討したいという場合も、コーディングをすることなく制御が可能です。 業務プロセスの最適化や自動化は、従業員の労働時間短縮になり、収益拡大にも大きく貢献します。
3.
素早いアプリケーション開発で社内システムの導入・維持管理コストを低減
OnBase上で動くアプリケーションには、プログラミングはほぼ必要ありません。設定やドラッグアンドドロップをするだけで、アプリケーションを迅速に開発できます。 既存システムとの連携についても、プログラムを組む必要はありません。プラットフォームが単一なのでシステム間連携など複雑にならず、よりシンプルにアプリケーションを作成できます。 また、OnBase開発元のハイランドでは毎年バージョンアップを実施しています。新しくなったOnBaseの取り込みについても、カスタマイズでプログラムを作成していなければスムーズに完了します。 OnBaseは、各種アプリケーションの開発コスト・維持管理コストを抑えられるエンタープライズ情報管理プラットフォームと言えます。
詳細を確認
1.
4つの再生モード
デジサインTabには利用目的、場面に合わせて4つの再生モードが用意されています。 「デジタルサイネージモード」では、あらかじめ設定したスケジュールに合わせてコンテンツを連続で再生することができます。 「アーカイブモード」では、配信されたコンテンツを選択した順番で再生することが可能。 「アンケートモード」では、コンテンツの再生後にアンケート収集できるようになっており、アンケートの結果はCSV形式でダウンロードできます。 「外部リンクモード」では、デジタルサイネージモード利用中に、画面をタップすることであらかじめ設定しておいたWebサービスへアクセスし、表示させることができます。 これらのモードは単体でも、組み合わせて利用することもできるようになっています。
2.
ログ集計機能
管理者は、タブレットを、「いつ・誰が・どんな資料を・どのくらい使用したのか」をグラフ表示により、一目で把握することができます。 使用状況を知ることで、今後の資料や営業活動の改善につなげることができるでしょう。 例えば、利用回数が多いコンテンツの上位表示や利用頻度が低いコンテンツの刷新などに役立てられます。 オフライン利用時のログもオンライン時にサーバーに送信されるので満遍なく情報を収集することが可能です。
3.
資料をフル活用できる機能
画面の拡大縮小もピンチ操作で簡単にできるので、文字の小さい数値データなどもしっかりと伝えられるでしょう。 また、ペンツールを使えば画面に文字を書き込むことができますし、ポインターツールで説明箇所を指し示すなど、プレゼンテーションをよりわかりやすくするツールが搭載されています。 ページ数の多い資料には「しおり機能」が便利です。しおりは、ボタンを押すと表示されているページに挿入され、もう一度押すと解除されます。
詳細を確認
1.
テナント管理によるSaaS基盤としての利用
CMS WebFramerは1つのインフラで複数の企業向けWeb-EDIシステムを構築し、それぞれ独立した状態を保ちながら統合運用できるマルチテナント管理機能を搭載しています。また、テナント管理機能ではテナントごとの仕様に応じて環境や設定をきめ細かく決めることができるため、これをSaaS(Service as a Software)基盤として利用することも可能です。 また、マルチプラットフォーム対応となっているため、OSを選ぶことなく導入でき、自社導入型はもちろん、Amazon EC2、Microsoft Azureなどのクラウド環境の双方で稼働させるこができます。また、自社導入、クラウドのどちらの場合でも、複数企業を統合管理できるマルチテナント対応により迅速なサービス展開が可能です。
2.
統合管理機能、アプリケーションサンプル、テンプレートを提供
ACMS WebFramerでは1つのWeb-EDIシステムで販売管理や購買管理など複数業務の管理、運用を一括して行えるため、受注や発注にかかわる一連の業務をシステム化できます。また、利用業務、利用時間の設定を詳細に設定できるため、組織、役割に応じて効率的なコンテンツ管理を実現できます。さらに、標準提供する管理機能を外部から呼び出すAPIや取引業務を想定したサンプルを提供するため、ユーザ企業は業務や取引内容に合わせたWeb-EDIシステムを短期間で構築することが可能です。 また、ACMSとの連携でEDI業務を一元化することができ、従来から運用しているACMSシリーズでのEDIに加え、ACMS WebFramerで構築したWeb-EDIを一元管理可能なので、複雑な運用から解放されます。
3.
海外取引をリスクなく実現
ACMS WebFramerはACMSシリーズとの連携も可能です。同じ運用体系の中でWeb-EDIを構築することができるため、多言語対応によりグローバルに展開することもできます。近年ではグローバル化の進展により、取引業務においても海外向けのシステム対応や多言語対応が重要になってきています。その点、ACMS WebFramerでは多言語対応、タイムゾーン対応により、海外取引業務システムをリスクなくビジネス規模にあわせて構築できます。 また、ACMS WebFramerではインターネットのメリットを享受しながら、取引先ごとに販売業務を拡充することができます。マルチタイムゾーン、クロスブラウザに対応しているため、海外の取引先にも提供可能となっており、グローバルに広がる取引先に低リスクで業務拡大を図ることが可能です。
詳細を確認
1.
シンプルな設定環境
クラウドEDI-Platformでは「24時間365日体制」での専属スタッフによる運用・監視が行われており、国内3拠点(和歌山・東京・大阪)によるセキュリティサポートが徹底しているため安心して利用できます。 同時に複数の接続先を保つための冗長性の高い運営形態が敷かれ、何らかの理由で1箇所の回線がフリーズした場合でも、他の回線を介してインターネットへの接続を継続運用することを可能にします。このセキュリティシステムを常備した上で、加盟企業・取引先ともに通信管理は利用登録をした通信管理システムのみで対応されるため、非常時の問い合わせ先を考慮する場合もシンプルにトラブル回避・解決に臨むことができます。 このため、クラウド型サービスの盲点でもある情報の混線を避けながら、必要な情報処理だけに徹することが可能となります。
2.
情報のバックアップ体制が向上
さまざまな通信手段によって送受信される取引先の各種通信を一括代行し、日常的な監視やエラー対応などを含め、EDI業務の効率化に関わるあらゆることがサポートされます。その際には情報のバックアップ体制の向上が図られる上で、業界標準フォーマットである流通BMSによって優先情報が送信される場合もリアルタイムで対応でき、自社において設備構築や管理・運用のコスト負担を大幅に削減することが可能になります。 情報のバックアップ機能の向上によって取引先・加盟企業との仕事効率・進捗率への弊害も払拭することが容易になるほか、複数企業との取引を検案する場合でも、既存の情報を参考にする形で企業としての将来設計を円滑に図ることも可能になります。ローコストかつ安定して大量にデータを処理できるサービスです。
3.
開発工数と管理運用の負担を削減
クラウドEDI-Platformを導入することによって、たとえばネット通販に出店している場合にANSI X12フォーマットやAS2などの新しいEDI方式に対応できない際でも、適切なシステムアップによって情報公開のベースが与えられます。つまりクラウドEDI-Platform導入によって、専用モデムなどの通信機器類の廃止により維持コストを削減でき、新規加入の形で接続先が増えた場合でも通信手順・ファイルレイアウトが統一されることになるため、開発工数が削減される上で管理運用の負担を減らせます。 また、導入に際する基幹システムを獲得していない場合でも、Web-EDIを利用することによってEDIの効果を同じく獲得・活用することができるようになります。
詳細を確認
1.
テンプレートを利用してさまざまなファイルのFAX送信が可能
AUTO帳簿EXでは、さまざまなファイルをメール、FTP、Web-API、SMTPなどを経由してアップロードすることで、配信システムが指定の宛先にFAXしてくれます。テキストファイル、PDFファイル、Microsoft Wordファイルなどのテキスト形式ファイルのほか、CVSファイルやMicrosoft Excelファイルなどのリスト形式ファイルにも対応しています。基幹系システムとの連携が簡単にできるため、大規模な開発などをすることなく導入が可能です。 FAX送信用のテンプレートを上限なく何種類でも作れるため、作業の効率化が図れます。1時間に5,000枚(※ベストエフォート形式)送信できる迅速なスピードを有しており、大量にスムーズなやり取りが可能です。
2.
高い安全性が確保されたサービスを素早くリーズナブルに利用
AUTO帳簿EXは総務省管轄の通信サービスであり、2005年にプライバシーマーク認定、2019年に「ASP・SaaS安全・信頼性情報開示認定」を取得しています。企業にとって極めて重要な機密情報をFAXで一斉配信するクラウドサービスとして、高い安全性と信頼性を備えています。 導入まではとてもスピーディで、企業の環境に合わせてサービスを提案。事前調査から約1ヶ月で利用することが可能です。仕様調整からアフターフォローまで、専任スタッフがワンストップで対応します。 料金はFAX・メール送信の枚数によって決まる従量課金制です。ボリュームや内容によってディスカウントが可能性な場合もあるため、リーズナブルな価格でFAXに関わる業務の効率化が図れます。
3.
さまざまなサービスと連携するとこで業務をより効率化
AUTO帳票EXで送信したFAXの返信は、「MOVFAX」と連携することでPDFやTIFF形式のデータとして受信できるため、社内の完全ペーパレス化が実現可能です。他製品との連携も可能で、例えば郵便代行との連携してFAXと郵送の送信をワンストップで行う、Web明細と連携して請求書の郵送にFAXとWebを活用することで費用を削減する、EDIシステムとの連携で発注作業と送信ログの一元化を図るといったことができます。 AUTO帳簿を導入することで、受領者側の要望に応じてFAX以外にもさまざまな方法で情報を届けることが可能となります。
詳細を確認
1.
とりあえず不完全な内容でも公開・共有
esa.ioの最大の特徴は、WIP機能です。WIPとは、「Work in Progress」の略で、まだドキュメントが不完全な状態であることを周知するために使います。このWIP機能によって、編集途中のドキュメント状態でも、気軽にメンバーに共有することができます。 例えば、企画系のドキュメントを作成している場合、「企画は動いているけれどまだこれでフィックスはしていない、アドバイスがあれば欲しい」という意思表示をすることができます。 情報をたとえ不完全であっても発信することで、チームメンバーがより良いアイディアをくれることもあるでしょう。 また、日報の作成では、先にTODOをWIP状態でまとめておいて、その日の業務が終了した際に日報として確定することで、更新のし忘れを減らすこともできます。
2.
チームで共有しながら情報を育てることができる
esa.ioは、不完全な情報をチーム内で共有し、何度も更新しながら徐々に育てていくという発想で作られています。 そのため、書き途中の状態のドキュメントを更新した際には通知が飛ばないなどの配慮がある設定になっていて、気兼ねなく何度も更新できるでしょう。また、更新するたびにリビジョンに履歴が残るので、元の状態を確認したり、巻き戻したりする操作も簡単で安心です。 複数人で同じドキュメントを更新した場合にも、3-wayマージの仕組みがあるので心配ありません。
3.
素早いフィードバック
esa.ioでは、ユーザーのフィードバック送信から、通常5分〜10分程度でesa.ioの開発者自身からユーザーに返信が来ます。 これは、ユーザーからフィードバックが送られてきた時点で、esa.ioの開発者にSlack・GitHubのIssue・メールの3カ所に通知される仕組みになっているからです。 疑問点や不具合があったときは、できるだけ素早く対応してもらいたいものなので、非常に心強いサービスだと言えるでしょう。
詳細を確認
1.
安全・確実なファイル転送
HULFTのファイル連携の基本は1対1のホスト同士で行われるため、安全・確実なファイル転送が実施されます。このファイル連携の要求発行は、配信側、集信側のどちらからでも行うことができます。また、1つのファイルを同時に複数拠点に転送する同報配信や、転送データをHULFT固有の方法で圧縮することでネットワーク資源を占有しない圧縮転送、転送データの1ブロックごとの転送間隔を配信管理情報に指定できる間欠転送機能、転送中に異常が発生して配信が失敗した場合には異常箇所から再度転送することができるチェックポイント機能、特定のファイルへの更新をトリガーにさまざまなジョブを自動起動することができるファイルトリガ機能など数多くの機能を提供しており、確実性と安全性をベースとした効果的な共有体制を敷いています。
2.
パフォーマンス・運用性
LAN/WAN接続されたマルチプラットフォーム間でのTCP/IPプロトコルによるファイル連携を完全自動化しています。受発注システムやPOSシステム、売上管理システムなどの業務システム運用を意識した多くの機能でユーザーのニーズに応え、マルチプラットフォーム環境におけるデータ連携の自動化を実現しています。 また、コード変換を行わないバイナリデータ転送、英数字や漢字のファイルをコード変換しながら転送するテキストデータ転送、1レコードのフォーマットが固定形式のデータを、フォーマットを定義して転送するフォーマット転送、1ファイル内に複数のフォーマットを持つレコードを、レコードキーとフォーマットを定義することでレコードごとに合うフォーマットで変換しながら転送するマルチフォーマット転送など多彩なデータ転送形式に対応しています。
3.
マルチプラットフォーム
LAN/WAN接続されたマルチプラットフォーム間でのTCP/IPプロトコルによるファイル連携を完全自動化します。受発注システムやPOSシステム、売上管理システムなどの業務システム運用を意識した多くの機能でユーザーのニーズに応え、マルチプラットフォーム環境におけるデータ連携の自動化を実現しています。 また、コード変換を行わないバイナリデータ転送、英数字や漢字のファイルをコード変換しながら転送するテキストデータ転送、1レコードのフォーマットが固定形式のデータをフォーマットを定義して転送するフォーマット転送、1ファイル内に複数のフォーマットを持つレコードをレコードキーとフォーマットを定義することで、レコードごとに合うフォーマットで変換しながら転送するマルチフォーマット転送など多彩なデータ転送形式に対応しています。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
300人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
100人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし