ファイル暗号化ソフトのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
41,800-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
FENCE-Proの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ファイル暗号化、グループ内ではパスワードレスも可『LB ファイルロック3 Pro』の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
USBストレージの利用制限・総合管理ツール『LB USBロック Pro』の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
さまざまな脅威に対し柔軟に対応が可能
FENCE-Proは、多様な暗号化方式に対応しているので、さまざまな脅威に対して柔軟に対応することが可能です。盗難や紛失への対策は「ドライブ暗号化」が有効です。ユーザーは、Windowsにログインするだけですぐに情報を使用することができます。暗号化を解除するための特別な操作などは必要としません。ユーザーがファイルを保存する機会の多い「デスクトップ」や「マイドキュメント」など、特殊フォルダもすぐに暗号化されるため、「うっかり暗号化し忘れていた」という事態を防ぐことも可能です。 内部不正への対策は「持ち出し暗号化」が有効です。使用しているリムーバブルメディアに対し、暗号化設定を行うことができます。一度暗号化設定を行ったリムーバブルメディアは以後自動認識が行われるため、ユーザーが特別な操作を行わなくても自動的にファイルの読み書きを暗号化・復元することが可能です。
2.
フォルダ暗号化により標的型攻撃も防御が可能
フォルダを自動暗号化対象に設定すると、ファイルをコピーするだけで自動的に暗号化することが可能となります。ユーザーは今までどおりのファイル操作を行うだけで、自動暗号化されたフォルダのファイルへアクセスすることができます。ユーザーが暗号化を解除する際に使用する暗号鍵を、複数用意することにも対応しています。そのため、役職者と一般職で使用する暗号鍵を分けることにより一般職の機密情報へのアクセスを制限する、といった細かい運用にも対応可能です。 職責により暗号鍵を分ける場合であっても、Windowsへログインするアカウントと暗号鍵の紐付けは可能です。細かい運用の場合でも、ストレスフリーにセキュリティを高めることができます。
3.
サイレントインストールに対応
FENCE-Proは、指定されるシリアル番号やインストール先フォルダの入力、共通鍵の作成といった各種設定を必要としない、サイレントインストールに対応しています。 サイレントインストールを行うとインストール画面が表示されないため、ユーザーがシステムインストールに気付くことはありません。実行する場合は任意のサーバーにサイレントインストーラーを置き、管理者が実行を行えば導入と展開が可能です。複数のPCに同じ環境設定を反映させることができるだけではなく、ユーザーにも意識させることなくFENCE-Proを導入することが可能となります。 また、同時に複数のPCへ環境設定を反映させることができるため、導入時の混乱を防ぐほか、少ない作業人員・作業時間で設定を終了させることも可能です。
詳細を確認
1.
ドラッグするだけの簡単操作で暗号化・復号化
パスワードをかけたいファイル/フォルダーを、アプリケーションアイコンにドラッグするだけで暗号化します。 復号化も同様です。
2.
社内やグループ内では、パスワードレス運用も可能
社内や、頻繁にやり取りする相手には、あらかじめ宛先指定情報を渡しておきます。パスワードスルーできます。
3.
多要素認証、ログ記録、ポータブル使用など、高機能
※ 詳細はホームページをご覧ください。 https://www.lifeboat.jp/products/fl3p/index.php ※ 暗号化のアルゴリズムは、米国標準技術局(NIST)による次世代暗号化方式AES(256ビット鍵)を採用。 ※ ユニコード対応
詳細を確認
1.
USBストレージ、ポータブルデバイス(スマートフォン等)の制御
ホワイトリスト(アクセスリスト)に登録することで、USBストレージデバイスの利用制限を個別に設定することができます。 登録した各ストレージはそれぞれ、利用の許可、読み取り専用、暗号化コピーに設定できます。 ホワイトリストに登録しないストレージは、一括して「アクセス禁止」または「読み取り専用」となります。
2.
持ち出しデータの自動暗号化
許可リストに登録したUSBストレージへデータをコピーする際、データの暗号化を強制することができます。 持ち出しデータの暗号化は、自己解凍形式の暗号化を選択することができます。ファイルを実行するだけで暗号化を解除できるため、専用のツールやソフトを必要とせず、便利です。
3.
持ち出しデータをログに記録
USBストレージにデータを暗号化コピーする際、また、復号化する際にログを記録することができます。 ※ PCの操作記録全般のログを記録したい場合は、「LB アクセスログ2」の導入をご検討ください。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし