動線分析のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ・評価
仕様
料金・費用
サービス資料
特長
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
ABEJA Insight for Retailの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
動線・動作分析 Moptar(モプター)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
来店人数やリピート推定など収益増加のための機能が満載
ABEJA Insight for Retailを使えば、さまざまな機能からリアル店舗の分析ができます。たとえば来客人数やリピート推定、店前通行量や入店率などの機能です。リピート推定というのは、AIが来店客の顔を取得してリピーターかどうかを判別するものです。この機能を付ければ、来客のリピーター率と新規顧客率が分かります。 何人が店の前を通り、そのうち何人が店内に入ってくれたのかが分かるのも便利な機能です。もし通行量が多いのに入店率が低い場合は、店頭商品の種類やディスプレイ方法、価格の見直しといった施策を考えなければなりません。このようにさまざまな分析ができることで、店舗の収益アップを目指します。
2.
動線分析で店舗レイアウトも決められる
店舗の商品配置を考える上で大切なのが、お客様の動線です。商品を並べても動線上になければ売れません。ABEJA Insight for Retailでは、お客様が入店してからお店を出るまで、しっかりと動線をチェックします。お客様の動線と同時に、立ち止まった場所や接客を受けた場所などを細かく確認できます。これまで動線を気にした商品配置は、直感に頼ったものになりがちでしたが、ABEJA Insight for Retailを使うことでデータに基づいた動線からレイアウトを決めることができるのです。 ABEJA Insight for Retailの動線分析を使うのに、ビーコンやWi-Fiを使わなくても済むところも大きな特長だといえます。反射を捉えるセンサーを利用しているので、これまでにない高い捕捉率でお客様の動線を分析できます。
3.
データ分析で店舗の課題を発見・解決
ABEJA Insight for Retailを使う最大のメリットは、分析結果から店舗を改善していけることです。入店率や立寄率、手伸ばし率や購入率といった数値から店舗が行うべき改善点が明確化されます。 たとえば購入率が低ければ、価格設定や動線に問題があるのではと推測が可能です。あらゆる数値を比較することで店舗の良いところと悪いところをあぶりだし、改善の1歩を踏み出させます。 分析と聞くと難しく感じる方もいるかもしれませんが、ABEJA Insight for Retailでは簡単で手軽にデータ分析ができるようになっています。分析結果がひと目で分かるので、忙しい店舗であっても時間を取らせません。
詳細を確認
1.
タグ不要で高精度な位置計測
人体に安全なクラス1赤外光レーザーセンサー、または3Dステレオカメラを配置し、人はタグなどを保持する必要がありません。 入店から退店まで長時間の動線を追跡し続けるためには、高精度な人物の位置計測・追跡技術だけではなく、人や物の影に入ることから発生する人物の入れ替わりを補正する処理(動線のつなぎ合わせ処理)が必要になります。
2.
リアルタイムの行動検知&アクション
人間の動線、動作(ジェスチャー)、高さ、場所、時間の長さ、時刻などの条件で定義した行動パターンを、リアルタイムに判定し、異常があれば通知することができます。 接客要請通知、不審者検知、
3.
動線分析を利用したOne to Oneプロモーション
店内でのデジタルサイネージと連携し、動線に応じたOne to Oneのコンテンツを表示することができます。 また、顧客ごとの商品への興味を抽出し、マーケティングオートメーションと連携することで、帰宅後にOne to Oneのプロモーションを行うことも可能です。 例)ネクタイ売場に滞在し、シャツ売場に滞在し、シャツだけ購入したお客様に対して、後からネクタイをレコメンドするメールやLINEを送る。 棚前行動分析「Reach」と連携することで、動線だけではなく、「商品に手を伸ばしたかどうか」のデータと合わせて分析・プロモーションを実施できます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
10人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし