UTM(統合脅威管理)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
利用可能
Webサイトフィルタ
利用可能
アンチウイルス
利用可能
アプリケーションコントロール
利用可能
IPSec VPN
利用可能
ID管理
利用可能
操作画面の日本語対応
利用可能
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
利用可能
Webサイトフィルタ
利用可能
アンチウイルス
利用可能
アプリケーションコントロール
利用可能
IPSec VPN
利用可能
ID管理
利用可能
操作画面の日本語対応
利用可能
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(年額)
480,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
400,000-
情報なし
利用料
(月額)
8,333-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Check Point 1500 SERIES(チェックポイント)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
DIT Securityの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
SonicWall(ソニックウォール) ワイヤレス ネットワークセキュリティの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
DARKTRACE Enterprise Immune System(ダークトレース)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
おまかせサイバーみまもりの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
MSS for UTMの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
さまざまな機能を搭載した、オールインワンなセキュリティ
FortiGateは、さまざまな機能を1つの統合した、オールインワンなセキュリティソフトです。さまざまなセキュリティ機能を統合することで、運用・管理コストを削減できます。 【FortiGateの機能例】 ・ファイアウォール ・アンチウイルス、スパム ・アンチbot ・Webフィルタリング 上記は、FortiGateの機能の一例です。従来のように「ファイアウォールはA社、アンチスパムはB社」と、セキュリティソフトをわける必要がないので、スリムな管理が可能です。 複数のセキュリティソフトにかけていた経費を一本化し、1つのソフトのみを管理すればいいため、管理コストも削減できます。
2.
高性能の暗号化VPNで、セキュリティとレイテンシ短縮を両立
FortiGateでは、高性能のIPSec VPNにより、高度かつ高速の暗号化を可能にしました。データ転送時のレイテンシを小さくし、快適な通信を実現すると同時に、保存されず通信を流れていくデータを高速で暗号化し、攻撃から守ります。 例えば、FortiGate 3960Eでは、280Gbpsの最大速度で暗号化VPNスループットを提供。データの転送量が増えても、さまざまなサービスを実行中でも、速度低下は最小限です。攻撃速度に匹敵する速度での暗号化により、リスクも最小限に抑えます。
3.
高いSSLインスペクション性能と脅威インテリジェンスの更新で、あらゆる脅威を防御
FortiGateは、高いSSLインスペクション性能と、継続的な脅威インテリジェンスの更新により、あらゆる脅威からの防御を実現しています。 高いSSLインスペクション性能により、暗号化に混ざって侵入を試みるマルウェアを複合化して検知。安全を確認したうえで通過させます。継続的な脅威インテリジェンスの更新により、未知の脅威に対しても迅速に対応。多様化する攻撃に対して、有効な保護を実現します。
詳細を確認
1.
単体で業界トップクラスのセキュリティを実現
複数のセキュリティ機能が搭載されたUTM。 ネットワークセキュリティの基本となるファイアウォールをはじめ、URLフィルタリングやアプリケーション制御で、事前に攻撃を遮断。 また、アンチウイルスでは送信元や添付ファイルを検査することで、危険性のあるメールの遮断も可能です。 ファイルのダウンロード時は、クラウド上での2段階検査により脅威の可能性を判断します。 UTM単体でSSL通信をチェックし、導入時のコストや負担を軽減しながら、増え続けるSSL暗号通信の脅威に対応します。
2.
マネジメントアプリを駆使し脅威へ迅速に対応
Check Point 1500 SERIESでは、セキュリティマネジメントアプリ「WatchTower」をインストールすることで、モバイルからネットワークセキュリティを確認できます。 悪質な攻撃や不正なデバイス接続があった場合は、セキュリティアラートによりリアルタイムで管理者に通知。感染があった場合は、感染したデバイスを即時にブロックし、感染に関する詳細情報を表示します。 どこにいてもモバイルからネットワークセキュリティを確認し、脅威に素早く対応することで、リスクを最小限に抑えられます。
3.
管理者に寄り添ったシンプル設計と、自動レポート生成
Check Point 1500 SERIESなら、一元管理が可能なローカル管理とアプライアンス管理が可能な集中管理を、必要に応じて選択できます。また、直感的に操作できるシンプルな設計を実現しています。 自動化されたレポート生成でUTMが感知した脅威の数、ウイルス感染したPCの台数、IPアドレスの確認が可能です。レポートをもとに、調査・対応策を講じることで、さらなるセキュリティ強化を目指せます。 管理者の負担を減らしながら、より強固なセキュリティ環境の構築が期待できます。
詳細を確認
1.
標準型サイバー攻撃への対策を1台に集約
CheckPointのCheck Point Security Appliancesシリーズは、1台であらゆるサイバー攻撃への対策が可能な、ファイアウォールです。 【機能の一例】 ・ファイアウォール ・IPSec VPN ・アンチウイルス、マルウェア ・サンドボックス モデルによって機能は異なりますが、ファイアウォールやIPSec VPN、ウイルスやマルウェアへの対策など、基本的なセキュリティ機能はどのモデルにも揃っています。 未知の脅威に対応可能な、サンドボックス機能搭載モデルもあり、必要な対策に応じて適切なモデルを選べます。
2.
未知と既知の脅威から、モバイル端末を保護する
Check Pointの製品ラインナップは充実しており、モバイル端末にも、さまざまなセキュリティ対策を施すことが可能です。 Check Pointのモバイルセキュリティでは、フィッシングサイトへのアクセスブロックや、偽装Wi-Fiを用いた攻撃など、さまざまなネットワークからの攻撃を防ぎます。 さらに、クラウド上のサンドボックスを利用し、未知の脅威が端末に侵入する前にシャットアウト。加えて、毎日700,000以上のマルウェア検知を基に、脅威インテリジェンスをアップデート。未知・既知のあらゆる脅威から、端末を保護します。
3.
IaaS基盤の仮想環境で、あらゆる脅威を防ぐ
Check PointにはIaaS基盤の、クラウドセキュリティのラインナップもあります。自社で物理的な設備を導入したり、ルーターなどの設定をしたりする必要はありません。 トップクラスのマルウェア検出率と、仮想環境での多層防御により、クラウド上のデータ・通信を守ります。仮想環境でマルウェアが検出された際は、感染した仮想マシンの特定、迅速な封じ込めを行い、被害を最小限に抑えることが可能です。 クラウドセキュリティの製品ラインナップも充実しており、オンプレミス同様の、強力な保護を実現できます。
詳細を確認
1.
1つめのポイント
情報なし
2.
2つめのポイント
情報なし
3.
3つめのポイント
情報なし
詳細を確認
1.
デバイスを問わずセキュリティの高いネットワーク接続を実現できる
SonicWall ワイヤレス ネットワークセキュリティは社員や従業員が使用しているタブレット、スマートフォン、ノートPCなど全てのデバイスに安全なネットワーク接続を提供するセキュリティWi-Fiアクセスポイントです。近年増加しているテレワークやワークシェアオフィスといった新しい働き方にも最適のツールといえるでしょう。 SonicWall社のファイアウォールには、RFDPIという特許技術が用いられているため、通信速度を落とすことなくウィルスやマルウェアの侵入といった企業にとって致命的な脅威を防ぐことができます。こちらのワイヤレスネットワークセキュリティにも同技術が搭載されているため、通信に関わる負担の心配はありません。
2.
デバイス側で操作を行わずに使用できる
SonicWall ワイヤレス ネットワークセキュリティは、ネットワーク接続のたびにユーザー認証を行う必要がありません。ユーザーIDおよびセキュリティ・プロファイルが確認されれば、自動でセキュリティの高いWi-Fiに接続される仕組みになっています。従業員や社員が負担を感じることなく、また特別な知識等を伝える必要がなく利用開始できるため、スムーズに導入できるでしょう。
3.
ワイヤレスネットワークの追加コストを削減できる
SonicWall ワイヤレス ネットワークセキュリティは、専用のクラウドサービスを経由して接続を行えば、通信台数に制限がありません。当然ながら実装時にはLANケーブルを新たに設置する必要がないため、従業員が簡単にスピーディーにインターネット回線を利用できます。各デバイスをウィルス対策した上でポケットWi-Fiなどを用意することと比較すると、かなり安価にセキュリティ対策を実現できるはずです。 手軽に拡張していけるため、数人単位の小規模事業から大規模企業まで、幅広く対応しているサービスであるといえます。
詳細を確認
1.
未知のサイバー攻撃を察知、被害を未然に阻止
世の中には、数多くのセキュリティシステムが存在しています。そして、それらのセキュリティシステムを導入すれば大抵の脅威は阻止することが可能ですが、セキュリティシステムの多くは未知の脅威を検出することができません。この点が、これまでのセキュリティシステムの最大の弱点だったのです。 DARKTRACE Enterprise Immune Systemは、従来のセキュリティシステムでは察知できなかった脅威を検出、サイバー攻撃の被害から企業のシステムを守ることができます。このシステムではシグネチャ(定義データベース)やルールを必要とせず、導入直後から素早く社内のPCやユーザーの活動の監視を開始、新手の攻撃を検知できるという特長があります。
2.
簡単インストールで素早い導入が可能
DARKTRACE Enterprise Immune Systemはアプライアンス製品のため、インストールと簡単な設定を行うだけで利用開始が可能になります。なお、アラートは高危険度(70%以上)が対象で、15時までに発生したアラートに関しては当日の対応が可能です。対象アラートの稼働やアラートメールの受信は土日祝日も対象となっています。 また、月間の対応件数は平日30件、土日祝日は10件です。想定件数を超えた場合では超過分について翌月に発注する形です。報告内容は実にシンプルで、アラートナンバー、検知内容、確認事項から成り、検知日時はもちろんのこと、対象端末や内部サーバ、通信先などを一目瞭然に確認できるため、新手の脅威に対する対応も迅速に行えるでしょう。
3.
無償トライアルの利用が可能
DARKTRACE Enterprise Immune Systemには4週間の無償トライアルが用意されていて、実際に評価プログラムを利用してから導入を検討できます。セキュリティシステムの中には、トライアルなしでいきなり導入しなければならないタイプもありますが、それではどの程度の効果かわかりづらいでしょう。 一方、DARKTRACE Enterprise Immune Systemでは、評価用機器導入に当たってはヒアリングシートに必要事項を記入したのちに担当者による導入作業が行われます。そして導入後には週次レポートを受け取ることができるため、現在のセキュリティリスクを知り、それを改善するための対策に役立つでしょう。なお、評価用機器の導入は作業開始から1~2時間程度で完了するので、まずは無償トライアルを利用してみて、その後の導入について検討することが可能です。
詳細を確認
1.
標的型サイバー攻撃対策を1台で実現
Paシリーズなら、標的型サイバー攻撃の対策を1台で行うことができます。昨今の標的型サイバー攻撃はさまざまなマルウェアを使用した攻撃が多く、対策は難しくなっています。しかし、Paシリーズには5段階に分けた防御を行い、攻撃を防ぎます。 通常であれば、①偵察、②感染、③侵入、④潜伏、⑤目的の実行と段階を踏んだ攻撃を、さまざまな機械で防がなければなりません。Paシリーズは、これらの防御をマルチに対応しており、1台だけで防御できるのです。 さらに、各機能のログ分析も行えるので、どのような攻撃を受けたのかあとで確認することも可能です。
2.
アプリケーション制御と可視化
アプリケーション利用の制御と可視化を実現します。具体的な機能としては、アプリケーション制御と可視化・ユーザ識別を使います。これらの機能をつかうことで、ユーザーでネットワーク通信を特定し、アクセスコントロールすることができるのです。たとえば、動画配信やゲームなどの業務を妨害するようなアプリケーションや、指定以外のウェブメールアプリケーションなど、特定のアプリケーションの使用を禁止できます。 通常はポート単位での識別・制御しか行えませんが、Paシリーズだと特許技術App-IDを使ってアプリケーションを認識します。また、部署ごと・役職ごとにアクセス制限を変えることもできます。
3.
徹底した情報漏洩の防止
Paシリーズをネットワークの入り口・出口におくことで、情報漏洩を防ぐことができます。万が一、マルウェアが侵入しようとしてもPaシリーズが弾いてくれるのです。既知のマルウェアであればPaシリーズが認識して即座に弾いてくれます。未知のマルウェアであっても一度WildFireというマルウェアファイルの分析と対策を行うサービスで検知してくれるので安心です。 最新のマルウェアはWildFireから常に対策シグネチャが配信されるので、Paシリーズは常に最新の情報を持って情報漏洩を防げます。万が一、社内のパソコンなどがマルウェアに感染しても即座に情報流出経路になりうるアプリケーションを遮断したり、外部通信を遮断するなどの対応がなされます。そのため、被害を最小限に止めることが可能です。
詳細を確認
1.
1つめのポイント
情報なし
2.
2つめのポイント
情報なし
3.
3つめのポイント
情報なし
詳細を確認
1.
1つの問題に対し、各セキュリティ機能を横断的に分析する
MSS for UTMは高度なセキュリティ知識を持ったスタッフによる、UTM(Unified Threat Management)の監視システムです。 複数のセキュリティ機能を1つのハードウェアに統合するUTMを導入すれば、より様々な脅威に総合的に対応できます。MSS for UTMは問題のあった際、1つのセキュリティ機能だけでなくUTM全体のセキュリティを横断的に分析します。 複数のセキュリティ機能を横断し、機能ごとの相関分析を行うことで、より高い精度で分析可能です。
2.
脅威の「封じ込め」まで対応可能だから、いつでも安心
MSS for UTMではUTMの監視・対処だけでなく、ほか監視の契約をすれば、攻撃により乗っ取られたパソコンなどの端末への対処も可能です。 従来のサービスでは、攻撃の通知や感染源の情報を受け取ったあとの「封じ込め」と呼ばれる初動対応は、自社で行わなければなりません。しかしMSS for UTMでは、UTMの監視だけでなく初動対応も、24時間365日専門スタッフで対応可能です。 営業時間外などの自社ですぐに対応できないときに発生した脅威にも、迅速に対応してもらえます。 対応遅れによる被害拡大を防ぎ、自社の社員の負担を軽減します。
3.
すべてのアラートを監視するから、どんなリスクも見逃さない
MSS for UTMではリスクレベルの低いアラートも含め、すべてのアラートを監視、分析します。すべてのアラートを油断なく監視するので、どんなリスクも見逃しません。 リスクレベルの低いアラートも、攻撃の兆候を含んでいる可能性もあり、油断できない監視対象といえます。すべてのアラートを自社で監視・分析する負担は大きいですが、MSS for UTMならすべてのアラートを専門スタッフに監視してもらえるので安心です。 MSS for UTMのスタッフは知識と経験の豊富なベテランであり、ただの過検知として見過ごしてしまいそうなアラートに含まれるリスクも見逃しません。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜300人の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
500人〜の会社におすすめ
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし