UTM(統合脅威管理)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
利用可能
Webサイトフィルタ
利用可能
アンチウイルス
利用可能
アプリケーションコントロール
利用可能
IPSec VPN
利用可能
ID管理
利用可能
操作画面の日本語対応
利用可能
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
情報なし
Webサイトフィルタ
情報なし
アンチウイルス
情報なし
アプリケーションコントロール
情報なし
IPSec VPN
情報なし
ID管理
情報なし
操作画面の日本語対応
情報なし
IPS機能(不正侵入検知・防御システム)
利用可能
Webサイトフィルタ
利用可能
アンチウイルス
利用可能
アプリケーションコントロール
利用可能
IPSec VPN
利用可能
ID管理
利用可能
操作画面の日本語対応
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
(年額)
480,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
300,000-
情報なし
利用料
(月額)
8,333-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
400,000-
情報なし
利用料
(月額)
8,333-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
DIT Securityの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
SonicWall(ソニックウォール) ワイヤレス ネットワークセキュリティの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
FortiGateシリーズの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
DARKTRACE Enterprise Immune System(ダークトレース)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
おまかせサイバーみまもりの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
MSS for UTMの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
1つめのポイント
情報なし
2.
2つめのポイント
情報なし
3.
3つめのポイント
情報なし
詳細を確認
1.
デバイスを問わずセキュリティの高いネットワーク接続を実現できる
SonicWall ワイヤレス ネットワークセキュリティは社員や従業員が使用しているタブレット、スマートフォン、ノートPCなど全てのデバイスに安全なネットワーク接続を提供するセキュリティWi-Fiアクセスポイントです。近年増加しているテレワークやワークシェアオフィスといった新しい働き方にも最適のツールといえるでしょう。 SonicWall社のファイアウォールには、RFDPIという特許技術が用いられているため、通信速度を落とすことなくウィルスやマルウェアの侵入といった企業にとって致命的な脅威を防ぐことができます。こちらのワイヤレスネットワークセキュリティにも同技術が搭載されているため、通信に関わる負担の心配はありません。
2.
デバイス側で操作を行わずに使用できる
SonicWall ワイヤレス ネットワークセキュリティは、ネットワーク接続のたびにユーザー認証を行う必要がありません。ユーザーIDおよびセキュリティ・プロファイルが確認されれば、自動でセキュリティの高いWi-Fiに接続される仕組みになっています。従業員や社員が負担を感じることなく、また特別な知識等を伝える必要がなく利用開始できるため、スムーズに導入できるでしょう。
3.
ワイヤレスネットワークの追加コストを削減できる
SonicWall ワイヤレス ネットワークセキュリティは、専用のクラウドサービスを経由して接続を行えば、通信台数に制限がありません。当然ながら実装時にはLANケーブルを新たに設置する必要がないため、従業員が簡単にスピーディーにインターネット回線を利用できます。各デバイスをウィルス対策した上でポケットWi-Fiなどを用意することと比較すると、かなり安価にセキュリティ対策を実現できるはずです。 手軽に拡張していけるため、数人単位の小規模事業から大規模企業まで、幅広く対応しているサービスであるといえます。
詳細を確認
1.
独自開発のASIC内臓によるUTM処理の高速化
FortiGateシリーズには、独自開発されたASICが内蔵されています。ASICとは、専用プロセッサのことです。ASICが内蔵されていることにより、UTM処理能力が高く、他社の製品と比べても圧倒的なパフォーマンスを実現しています。フラッグシップモデルであるFortiGate-5000シリーズのファイアウォールスループットは世界最速の560Gbpsという驚異的なパフォーマンスを達成しています。FortiGateシリーズ創業以来のビジョンである『高機能セキュリティを提供する』という言葉が実現されているのです。 このASIC内臓による抗処理能力が、世界でも有数のUTMである証です。
2.
UTM機能を1台でマルチ対応
FortiGateシリーズは、UTM機能を1台でマルチ対応します。ファイアウォール・VPNといったネットワーク機能に、ウイルス・スパイウェア対策・スパイ対策、WEBフィルタリング・Eメールセキュリティといったセキュリティ機能がついています。通常であれば、これらは別の機器を設置して行うケースも多いですが、FortiGateシリーズであれば全てに対応してくれます。 1台で対応してくれるため、設定画面・管理画面も1度のログインでアクセス可能なので、運用コストを削減してくれるます。また、設定画面・管理画面は日本語に対応しています。海外製品には英語しか対応しない製品が多い中、日本語GUIなので安心して導入できます。
3.
小規模から大規模までに対応した製品ラインナップ
FortiGateシリーズは、小規模から大規模までどのような規模であっても対応できる製品ラインナップを持っています。ローエンドモデルだと、小規模なネットワークレベル・コンテンツレベルの脅威から保護することができます。ローエンドモデルだけでも5種類の機器が用意されています。 ミッドレンジモデルだと、中大企業向けとなり、11種類の機器が用意されています。さらにハイエンドモデルは、大企業向けモデルで7種類の機器が用意されています。 拠点数やユーザー数、回線の太さに合わせたUTMを選ぶことが可能です。
詳細を確認
1.
未知のサイバー攻撃を察知、被害を未然に阻止
世の中には、数多くのセキュリティシステムが存在しています。そして、それらのセキュリティシステムを導入すれば大抵の脅威は阻止することが可能ですが、セキュリティシステムの多くは未知の脅威を検出することができません。この点が、これまでのセキュリティシステムの最大の弱点だったのです。 DARKTRACE Enterprise Immune Systemは、従来のセキュリティシステムでは察知できなかった脅威を検出、サイバー攻撃の被害から企業のシステムを守ることができます。このシステムではシグネチャ(定義データベース)やルールを必要とせず、導入直後から素早く社内のPCやユーザーの活動の監視を開始、新手の攻撃を検知できるという特長があります。
2.
簡単インストールで素早い導入が可能
DARKTRACE Enterprise Immune Systemはアプライアンス製品のため、インストールと簡単な設定を行うだけで利用開始が可能になります。なお、アラートは高危険度(70%以上)が対象で、15時までに発生したアラートに関しては当日の対応が可能です。対象アラートの稼働やアラートメールの受信は土日祝日も対象となっています。 また、月間の対応件数は平日30件、土日祝日は10件です。想定件数を超えた場合では超過分について翌月に発注する形です。報告内容は実にシンプルで、アラートナンバー、検知内容、確認事項から成り、検知日時はもちろんのこと、対象端末や内部サーバ、通信先などを一目瞭然に確認できるため、新手の脅威に対する対応も迅速に行えるでしょう。
3.
無償トライアルの利用が可能
DARKTRACE Enterprise Immune Systemには4週間の無償トライアルが用意されていて、実際に評価プログラムを利用してから導入を検討できます。セキュリティシステムの中には、トライアルなしでいきなり導入しなければならないタイプもありますが、それではどの程度の効果かわかりづらいでしょう。 一方、DARKTRACE Enterprise Immune Systemでは、評価用機器導入に当たってはヒアリングシートに必要事項を記入したのちに担当者による導入作業が行われます。そして導入後には週次レポートを受け取ることができるため、現在のセキュリティリスクを知り、それを改善するための対策に役立つでしょう。なお、評価用機器の導入は作業開始から1~2時間程度で完了するので、まずは無償トライアルを利用してみて、その後の導入について検討することが可能です。
詳細を確認
1.
1つめのポイント
情報なし
2.
2つめのポイント
情報なし
3.
3つめのポイント
情報なし
詳細を確認
1.
1つの問題に対し、各セキュリティ機能を横断的に分析する
MSS for UTMは高度なセキュリティ知識を持ったスタッフによる、UTM(Unified Threat Management)の監視システムです。 複数のセキュリティ機能を1つのハードウェアに統合するUTMを導入すれば、より様々な脅威に総合的に対応できます。MSS for UTMは問題のあった際、1つのセキュリティ機能だけでなくUTM全体のセキュリティを横断的に分析します。 複数のセキュリティ機能を横断し、機能ごとの相関分析を行うことで、より高い精度で分析可能です。
2.
脅威の「封じ込め」まで対応可能だから、いつでも安心
MSS for UTMではUTMの監視・対処だけでなく、ほか監視の契約をすれば、攻撃により乗っ取られたパソコンなどの端末への対処も可能です。 従来のサービスでは、攻撃の通知や感染源の情報を受け取ったあとの「封じ込め」と呼ばれる初動対応は、自社で行わなければなりません。しかしMSS for UTMでは、UTMの監視だけでなく初動対応も、24時間365日専門スタッフで対応可能です。 営業時間外などの自社ですぐに対応できないときに発生した脅威にも、迅速に対応してもらえます。 対応遅れによる被害拡大を防ぎ、自社の社員の負担を軽減します。
3.
すべてのアラートを監視するから、どんなリスクも見逃さない
MSS for UTMではリスクレベルの低いアラートも含め、すべてのアラートを監視、分析します。すべてのアラートを油断なく監視するので、どんなリスクも見逃しません。 リスクレベルの低いアラートも、攻撃の兆候を含んでいる可能性もあり、油断できない監視対象といえます。すべてのアラートを自社で監視・分析する負担は大きいですが、MSS for UTMならすべてのアラートを専門スタッフに監視してもらえるので安心です。 MSS for UTMのスタッフは知識と経験の豊富なベテランであり、ただの過検知として見過ごしてしまいそうなアラートに含まれるリスクも見逃しません。
詳細を確認
1.
標的型サイバー攻撃対策を1台で実現
Paシリーズなら、標的型サイバー攻撃の対策を1台で行うことができます。昨今の標的型サイバー攻撃はさまざまなマルウェアを使用した攻撃が多く、対策は難しくなっています。しかし、Paシリーズには5段階に分けた防御を行い、攻撃を防ぎます。 通常であれば、①偵察、②感染、③侵入、④潜伏、⑤目的の実行と段階を踏んだ攻撃を、さまざまな機械で防がなければなりません。Paシリーズは、これらの防御をマルチに対応しており、1台だけで防御できるのです。 さらに、各機能のログ分析も行えるので、どのような攻撃を受けたのかあとで確認することも可能です。
2.
アプリケーション制御と可視化
アプリケーション利用の制御と可視化を実現します。具体的な機能としては、アプリケーション制御と可視化・ユーザ識別を使います。これらの機能をつかうことで、ユーザーでネットワーク通信を特定し、アクセスコントロールすることができるのです。たとえば、動画配信やゲームなどの業務を妨害するようなアプリケーションや、指定以外のウェブメールアプリケーションなど、特定のアプリケーションの使用を禁止できます。 通常はポート単位での識別・制御しか行えませんが、Paシリーズだと特許技術App-IDを使ってアプリケーションを認識します。また、部署ごと・役職ごとにアクセス制限を変えることもできます。
3.
徹底した情報漏洩の防止
Paシリーズをネットワークの入り口・出口におくことで、情報漏洩を防ぐことができます。万が一、マルウェアが侵入しようとしてもPaシリーズが弾いてくれるのです。既知のマルウェアであればPaシリーズが認識して即座に弾いてくれます。未知のマルウェアであっても一度WildFireというマルウェアファイルの分析と対策を行うサービスで検知してくれるので安心です。 最新のマルウェアはWildFireから常に対策シグネチャが配信されるので、Paシリーズは常に最新の情報を持って情報漏洩を防げます。万が一、社内のパソコンなどがマルウェアに感染しても即座に情報流出経路になりうるアプリケーションを遮断したり、外部通信を遮断するなどの対応がなされます。そのため、被害を最小限に止めることが可能です。
詳細を確認
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
500人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし