海外健康管理(研究情報管理)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
電子的にSOPを管理
電子的にSOPを管理し、アナリストがプロセス実行のあらゆる側面についてSOPに従える。サンプル受信からレポート配信まで、品質とデータの整合性を保持。研究室でのサンプルと場所のバーコードを使用してトレーサビリティと保管の連鎖を改善する。
2.
複雑なプレート処理機能を自動化
自動化された複雑なプレート処理機能と特許取得済みのグラフィカルユーティリティは、データの追跡と管理を容易する。たとえ誰もいなくても、簡単にプロセスをマップしてトラッキングが可能。GLPおよび21 CFR Part 11ガイドラインに準拠した規制されたプロセスを統合しながら、ワークフローを作成し、サンプルライフサイクルをプロットし、異種プラットフォーム間でアクションを自動化することができる。
3.
生物分析ワークフローをサポート
生物分析ワークフローをサポートするように特別に設計され、構築されており、1つのソリューションで小規模および大規模の両方の分子ワークフローを管理する。そしてスポンサーと契約している研究室間の情報交換を容易にする。
詳細を確認
1.
患者の安全性と臨床検査を最大限にする
ユーザー定義のラベルとバッチ処理によりエラーを最小限に抑え、検体処理を改善する。SMARTバーコード技術によるエラーの低減とターンアラウンドの改善も可能。コラボレーションとコーディネーションによる臨床検証を進め、エラーを減らし、リーンワークフローをサポートする。
2.
ビジネスの成長をサポート
複数のラボ、多分野およびマルチサイト環境でビジネスリーチを拡大する。自動テストのルーティングと実行中のラボ間の共有によるラボ操作の合理化。コミュニティーベースのプロバイダー、医師のEMR、その他の参照ラボへの接続。微生物学、血液バンク、分子検査などの既存および新規ビジネスモデルをサポートする。
3.
相互運用性と接続性の最大化
企業のEHR、EMR、HIS、またはコミュニティーベースのプロバイダーと統合する。エンタープライズEHRを補完または拡張して結果指向のワークフローを推進し、収益の損失を防ぐ。臨床最適化とオーダーキャプチャーを使用して、研究室に出入りする情報の管理を維持する。
詳細を確認
1.
新しい患者データを直ちに利用可能にする
最新のモデム·マルチティア·クライアント/サーバー·アーキテクチャーをベースに構築されている。これには、CORBA(Common Object Request Broker Architecture)およびWebサービスが含まれる。企業全体の接続を促進し、新しいテクノロジーの組み込みを可能にする。画面上に表示される情報は、自動的かつリアルタイムで更新され、新しい重要な患者データを直ちに利用可能にする。
2.
編集可能なメニュー
研究室は常に変化しており、検査は絶えず追加され、修正されているため、政策と手続きは最新のものでなければならない。 Soft Labは、これらの変更を反映するためにメニューを編集することができるのが利点。
3.
PDAシステムとの統合
小型端末PDAシステムを統合すると、静脈切開術を追跡し、不要な研究室の再採取を制限することができる。
詳細を確認
1.
1つめのポイント
情報なし
2.
2つめのポイント
情報なし
3.
3つめのポイント
情報なし
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし