海外教育(図書室管理)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
優れた検索機能
作家名、バーコード、タイトル、各図書館ごと、コレクション、検索している図書館にあるかどうかなど、あらゆる方法での検索ができます。また、キーワードでの検索もいろいろなフィルターをかけることができます。検索したい単語が入っているもの全て、または、ある特定単語以外のもの全てなど、多様な結果を出すことができます。人名は、名前での検索、姓名での検索ができます。
2.
使いやすいプログラム
一度、使い方を覚えると、目録作りや、新しい記録の作成がとてもシンプルで簡単にできます。登録やチェックインが非常に簡単です。また、システムを借り手側ベースのにできる為、図書館員が援助する時にとても便利です。Quick Key の機能は、システムの中での切り替えがすばやくできます。
3.
コミュニティの中心としての役割
Polarisは、図書館を地域コミュニティの中心として築きあげることができます。地元の企業から図書館の目録に組み入れた情報は、Polaris Community Profilesで、コミュニティの援助活動を改善します。地元の企業と図書館の間での編集を共同で行うことができます。選択したイベントの主催者から自動で図書館のイベントへ移行できます。
詳細を確認
1.
非常にシンプルで使いやすい
非常にシンプルで使いやすく、直感的に習得できます。公共のインターフェースは全く問題がありません。遅延料金の支払いや図書カードの作成がとても簡単です。初期のプラットフォームでは、発行部数とカタログを作っているインターフェース間は別々にログインしなければなりませんでしたが、一度のログインですむのでとてもラクです。
2.
検索、データ入力、目録の作成が簡単
ISBNによる本のスキャンに加え、顧客のアプリからキーワードで検索可能です。検索、データ入力(データの追加、削除)、目録の作成が簡単にできます。またデータを安全に保つための認定管理があります。また、オープンソースなので、開発者が機能拡大の為にカスタマイズが可能です。
3.
自動化されたワークフローと統合機能
革命的な役割ベースで設計と便利なウェブベースのアクセスで単一化した局員の伝統的な仕事の流れを現代化します。他のシステムと相互運用できます。また、Eコマースのインターフェース、教室用ソフトウェア管理システム、しっかりと機能拡張された第三者のデジタルコンテンツとも繋がります。
詳細を確認
1.
信頼性があり、使いやすいインターフェース
ウェブベースなので、どのOSでもプログラムを使うことができます。アクセス、メンテナンス、トラブルシューティングが簡単にできます。システムは信頼性が高く動作時間の品質がとても良いです。ローカルのハードウェアとソフトウェアの管理やメンテナンスが必要ありません。新しい本を目録に追加することや、チェックアウトが簡単です。
2.
豊富な機能
生徒自身が本を探すことができます。キーワード、本のタイトル、作家による検索ができます。また、他の図書館の関連した目録の検索ができます。探している本について、現在あるのか、どこにあるのか、何冊残っているのかといった情報がわかります。レポート機能に加えて、Eブックやデジタルオーディオブックなどのデジタル化された資料やオンラインでの資料と結ぶことができる機能があります。
3.
便利な携帯アプリ
携帯アプリがありますので、いつでもどこからでもシステムに入ることができ、図書館管理が可能です。資料のチェックイン、チェックアウト、利用者のアカウント概要、状況のモニターができます。また、生徒が自身のタブレット端末からいつでもアクセスし、資料を見ることができるので、便利です。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし