海外教育(参考文献管理)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
使いやすいウェッブサイト
直感的でとても使いやすく、数種類の違うフォーマットが備わっています。引用したいコンテンツのリンクを入力するだけで、すぐに助けとなる情報を出してくれます。引用文のページは、はアルファベット順に並んでいるので、とても見やすいです。授業で決められたフォーマットを探すのに参考書を見ながら時間をかける必要はありません。一つの場所で全て見ることができます。
2.
引用文の検索が簡単
引用文の検索がラクにできます。引用文を一度きりで使うだけでなく、ユーザーに他の情報現の調査ガイドとともに必要であると予想される引用文も教えてくれます。タイトルやキーワードで検索して情報を取ることがができます。URL、IBSNから直接、情報をとることもできます。とてもシンプルで使いやすいです。
3.
効率的に正確な書誌学の作成が可能
このツールを使えば、正確な書誌学が作成できます。オンラインのプログラムから簡単に引用文の法則へアクセスできます。引用文の法則を暗記する必要はありません。引用文を気にすることなく、コンテンツに集中できますので、効率的に理論的な書誌が作成できます。
詳細を確認
1.
無料で使いやすいソフトウェア
とても簡単で、何か新しいことを習わなくても、使うことができます。機能的に、End Noteと殆ど変わりないが、こちらは無料で使えます。500MBのクラウドストレージがあり、保存した資料をどのシステムからでもアクセスができ、便利です。一つの記事を複数のユーザーで共有できます。どのデバイスにも同期するので、いつでもどこでも自分の原稿を読むことができます。
2.
効率的に引用文のまとめが可能
時間をかけずに必要な引用文の更新ができます。引用文は、どのPDFからでも抽出可能です。参考資料はライブラリに入るので、いつでもすばやく出すことができます。アプリ内でPDFの整理ができ、新しくダウンロードしたPDFを選択したフォルダーから自動で移行できます。ソフトウェアを使ってノートをとることや、ハイライトを引くことができます。
3.
便利なプラグイン
Microsoft Word のプラグインで、今まで保存した全ての作品にアクセスできます。Windowsだけでなく、Mac用の最新Wordソフトウェアでも使えます。Microsoft Word による引用文管理プラグインは常に同期し、作者、タイトル、キーワードで、書類の検索と抽出ができ、とても役に立ちます。
詳細を確認
1.
参考資料と原稿のまとめに最適
まとめと検索の能力が優秀です。全てが一つの綺麗にまとまったテーブルになっています。引用文と原稿を一つのファイルにまとめることができます。全てが一か所で保存できる為、何か月か経った後で、また戻ってすぐに見ることができるので、とても便利です。
2.
使いやすく、便利な機能
不特定多数による検索ができます。オンラインの情報から引用文を移行できます。手動での参考資料の入力がシンプルで、どの情報にはどのフォーマットが必須なのかということを記憶しておく必要ありません。面倒な作業を省くことができます。全てのPDFをオンラインで保存できるので、膨大なライブラリでも、簡単にクラウド上がら持ってくることができるので、とても便利です。
3.
便利なMicrosoft Wordとの統合
Wordとの統合がとても簡単です。Word内の引用機能と、とても良く作動するので、どんな長い書類でも簡単に引用文をまとめることができます。Wordでタイプしている間、自身のデータベースから引用文を参照することが簡単にできます。完璧にWordと統合するので、とても使いやすいです。クリックするだけで、参考資料を移行し、書誌学が自動的にフォーマットされます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし