健康管理システム(ストレスチェック)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
経営理念
情報なし
人間関係
利用可能
組織風土
利用可能
福利厚生
利用可能
報酬
未対応
異動・昇進
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
ストレスチェック
情報なし
セルフケア
情報なし
コミュニケーションスキル
利用可能
労務管理
利用可能
一般社員
利用可能
管理職
利用可能
eラーニング
未対応
情報なし
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
300-
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
300,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
100,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
ラフールサーベイの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
「いつでも・どこでも・簡単に」を実現!ストレスチェックサービス Wellness Eyeの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ストレスチェックサービス M-Check+(エムチェック・プラス)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
こころの健診センター®︎の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ストレスケア・ストレスチェック総合サービス「STRESCOPE(ストレスコープ)」の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
大企業向け健康管理効率化システム「Carely」の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
形だけのストレスチェックから抜け出せる
本当の組織課題が見えていますか?企業経営改善の重要なヒントが隠されています。 ストレスチェック義務化から3年。 「ストレスチェックを行うこと自体に意味を感じている」会社も、増えているのではないでしょうか。 義務として、簡易チェックを毎年実施する。 データを収集し、個人へ振り返りとして返却する。 ここまでで止まっている企業が大半です。 分析や活用という部分にまでコストを割いている企業は、あまりありません。 ラフールサーベイでは、ストレスチェックはもちろん、メンタル・フィジカル・エンゲージメント・職場環境の観点から141項目の質問を設定し、個人と組織の課題調査・分析・対策までをトータルサポートします。
2.
メンタルやフィジカルなど真の要因を分析・特定し、適切な対策を
メンタルヘルスの不調による労災認定は、年々増加しています。 活気のない職場になっていっている・疲れている社員が目立つようになってきた、など企業に対する不満の温床は、発生していないでしょうか。 ラフールサーベイでは、メンタル・フィジカル・エンゲージメント・職場環境4つの観点で組織・従業員の健康度を把握でき、どの部署に課題があり、どういう対策をうつべきなのかを個別にご報告・ご提案します。 また、退職者の本音の退職理由も「人間関係」が上位を占めており、職場環境は大きな原因となっております。 ラフールサーベイでは、高ストレス者判定を受けた従業員のサポートも充実。 電話相談やカウンセリング、ウェラブル端末の付与により、セルフケアもサポート。 個人に合わせた的確なサポートにより、心の健康指数が向上し、仕事への満足度も向上します。
3.
従業員の心身の健康を想い、健康経営を通じて企業力を向上!
手間やコストを言い訳にして個人や組織のストレス要因を放置していると、 生産性の低下はもちろんのこと、大量休職・離職、労災などの経営リスクに直結してしまいます。 ラフールサーベイを活用することによって、経営リスクを事前に回避することが可能となります。 その結果、離職防止や組織の生産性向上だけではなく、 健康経営を実践している企業として魅力的な企業ブランドを構築することが可能となります。 従業員の心身の健康があってはじめて、組織が成り立ちます。 目先の対策ではなく、根柢の部分から考えてみませんか?
詳細を確認
1.
WEBでの実施要望にお応えします!
ソフトバンクグループでの10年以上の運用実績をもとに、「いつでも・どこでも・わかりやすく・簡単に・効果的に」実施できるよう操作性・機能性を追求いたしました。 ・メールアドレスがなくてもWEB実施環境さえあれば回答可能 ・マルチデバイス対応(PC、スマートフォン、タブレットに最適化された画面構成) ・マニュアルを見なくてもすぐに分かる直観的な操作性
2.
充実の集団分析で職場改善にお役立ちします!
・組織数に制限なく、追加費用なしで分析結果を作成し、組織状態の見えるかをサポート。 ・個人結果、組織結果、会社結果、それぞれの一覧表をご納品します。 ・報告会実施で結果を分かりやすくフィードバック。
3.
納得感のある低コスト!
ストレスチェックの「実施・運用」サポートに特化することでコスト削減を実現。 切替によってコストダウンに加え担当者様の負担軽減を実現している企業多数。 サービス内容とコストバランスにご好評をいただき現在約260社30万人にご利用いただいております。
詳細を確認
1.
WEB・スマホ・用紙の受検やグループ企業実施ができる
M-Check+は、WEB回答(パソコン、スマートフォン、タブレット)と用紙による回答の2種類をストレスチェック実施方法として提供しています。 WEB回答と用紙による回答の両方を組み合わせて実施することも可能です。 最適な実施方法を選択することで、従業員もスムーズに回答することができます。
2.
ストレス耐性が分かるセルフケア用チェック項目
厚生労働省の推奨する「職業性ストレス簡易調査票」プログラムをベースに、「心の安定度」「ストレス感受性」「ストレス解消力」など、ストレス耐性に関わる独自項目を追加し、さらに深い気付きが得られるよう設計しています。 また、原則年に1回の定期チェック以外の時期にも、いつでも気軽にセルフチェックできるよう、心身状況に焦点を絞ったフリーチェックをオプションとして提供しています。
3.
組織・年代・役職別など集団分析軸を自由に設定
ストレスチェックを職場環境の改善に活用するためには、分析機能の充実が不可欠です。 M-Check+では、組織傾向や部門別など、お客様のニーズに合わせた分析軸で実施結果を分析できます。
詳細を確認
1.
新サービス「すと放題」は簡単・便利・低価格
2018年7月より、ストレスチェック新プラン「すと放題」の提供を開始。 人数応じた年額制で、契約期間中は何度でもストレスチェックを実施することができるようになりました。 年1回の全社向けの実施に限らず、「新人研修生のストレスチェック状態を把握した」「あの拠点、この職場が気になる」といった自由な使い方ができます。
2.
チェックの実施を代行
ストレスチェックの運用を手厚くサポートします。 システムの使い方はもちろん、ストレスチェック制度で定められたルールを守るために どう運用すれば良いか、ストレスチェックの専門家が詳しくお応えします。 また、こころの健診センターは、様々な業種業態でご利用いただいており、お客様の職場環境に合わせた最適な運用方法をご案内いたします。
3.
高セキュリティで個人情報を守ります。
ストレスチェックの結果は5年間保存する必要があり、そのうえ結果は本人の同意がなければ確認することが出来ないようにしなければなりません。 こころの健診センターは、より安全・安心な環境でストレスチェック結果を保存します。
詳細を確認
1.
楽しみながら簡単に出来るので、拒否感がなく主体的に参加出来ます
通常、うつ病やメンタルヘルスの研修は気が進みづらいものです。 また、専門用語が飛び交うために難解になるものも多いです。 ウツ会議は学びをゲームにすることで、 参加者が自主的に競って行うように工夫されています。 驚くべきことにプレーヤーはうつ病についての学習を 笑いながら行うことが出来ます。 (もちろん、差別的ではありません。) 不謹慎に思われるかもしれませんが、 健常者に、うつ病の辛い症状を「辛く受け取れ」と言うと、 こうした学習から足が遠のいてしまいます。 私達は辛い事を進んで行うのは難しい生物なのです。 日々の忙しい仕事のノルマや、 休日遊ぶ内容について、 夕食に食べるおいしいゴハンなど、 辛いことを学ぶより楽しいことがたくさんあり、 人間は楽しいことを考えるほうが好きなのです。 せいぜい会社から言われたメンタルヘルス研修を嫌々受けるが関の山です。 結果、うつ病の症状について学ぶことが出来ずに、 実際に当事者が発生した時に対応できなくなってしまう。 そんな状況を改善するために、 「ウツ会議」は楽しくやらざるを得ないように作りました。
2.
綿密な取材に基づいたリアリティ
「患者や周囲の人」100人弱のインタビューと膨大なテストを元に、わかって欲しい症状やうつ病対策として効果の高い対処等を現実に沿って作っています。 例えば、「専門用語も知ってほしいけど、その具体例も知ってほしい。」というフィードバックから、同時併記するようにしました。 その具体例は”患者たちのリアルな声”から作っています。 ホームで電車に吸い込まれそうになる。 上司からのプライベート携帯への電話。 など、当事者に聞いたからこそわかったリアルを詰め込みました。 インタビューは開発のためだけでなく、ニーズ調査のためでもありました。 その結果、うつ病当人だけでなくその周りの人達もとても悩んでいることがわかりました。 中には身近な人に亡くなられてしまい、「一生悔やみ続ける」と言っていた人もおられます。 メンタルヘルスとは、当事者だけの問題ではありません。周りにいる友人・知人・家族・親族に一人でも自殺者が出ればあなたの人生に大きな影響を及ぼします。 ウツ会議はそうした自殺する人、その自殺を止められず悔いる人を一人でも減らすために日々ブラッシュアップし続けています。
3.
経営者とうつ病患者の両方の視点から実践出来る内容に
メンタルヘルスがいくら大事と言っても、組織や企業のリソース(ヒト・モノ・カネ)は限られています。 何でもかんでも手厚くサポートできるわけではありません。 それは経営者の端くれである開発者の広瀬も重々に承知しております。 そこで出来るだけ企業にとって負担が少なく、効果的な対処をお伝えしております。 「ウツ会議」ではまずうつ病患者のサポート全体像を把握します。いきなり個別対策をするのではなく、全体最適で行えるようにしてムダを省きます。 全体像を学んだあとは具体的な声掛けなどについて質疑応答を通してお伝えします。 声掛けの訓練も別途研修を用意しておりますが、こちらもゲームで内製化出来るものになっています。一度内製化してしまえば毎回研修として呼び続ける必要がなくなり、コストカット出来ます。
詳細を確認
1.
医師の高ストレス面談までワンストップで提供可能
システム導入から医師による高ストレス面談まで、ワンストップでの提供が可能です。 (もちろん既に産業医の先生や契約先の先生がいらっしゃる場合には、その先生へのおまかせが可能です。なお、産業医の先生や保健師さんが面談をする時に、本人の状態を分かりやすく記したサマリーを発行しています)
2.
ストレスの原因をつきとめられる集団分析
・職務上の事項のうち、本当にストレスとなっているものは何なのか ・たとえば、仕事の身体的なきつさや人間関係はどのくらいストレス反応に影響しているのかどうか ・どの程度まで残業を減らせば効果が出るのか、あるいは意味があるのかないのか ・全体として、勤務が原因となってしまっているストレス反応は何%なのか ・勤務以外の原因によるストレス反応は何%なのか ・どのポイントに注力することで最もストレス反応を軽減させられるのか について「数値で」明らかにし、お知らせします。
3.
ストレスに関係する仕事と生活習慣、そして生産性を評価する詳細分析(オプション)
多くの場合、生活習慣は職務上のストレス要因の同等程度、あるいはそれ以上にストレス反応に対して影響を与えています。(例:睡眠に強い問題があると「高ストレス」と判断されるリスクが12.5倍に!) 生活習慣も含め、心身の相関を加味し、より精密にストレス原因を分析し、その改善策を見つけることで、社員の健康を強力に守ることができます。また、職場の改善だけでなく、「本人も行うストレス対策」が可能となります。 また、2017年度は生産性と職場の環境や生活習慣との関連についても調査し、「ストレスを低減させ生産性も向上させる」ための最も効果的なポイントの提示を行います。
詳細を確認
1.
【事務作業は卒業】健診結果データ化・スクリーニング機能
健康診断が終わったら、 「結果の紙がどっさり。」こんな経験ありませんか? しかも、クリニックごとにフォーマットがバラバラだったり、、。 これでは、対応すべき従業員が誰なのか、把握するだけで時間がかかりますよね。 Carelyならデータ化をすべてお任せいただけます。 また御社の健診基準値に合わせて、 対象者が自動でスクリーニングされるので、一つ一つ見る必要がありません! 「対象者が決まってからが、あなたの本当の仕事ですよね?」 事務作業はCarelyに任せましょう。
2.
【紙やファイルを探す時間はもったいない】個人カルテ機能
保健指導や面談を行うとき、 過去の面談記録や、健康診断結果、ストレスチェック、過重労働などの結果を 色々なところから集めていませんか? しかも紙だったり、ファイルだったり。 探している時間で1人対応できてしまいますよね。 それ、Carelyなら一元管理できます。 Carelyでは健診結果、面談記録、ストレスチェック、過重労働などの記録を 各従業員に紐づけして管理できます。 横断的にデータを見ることができるので、産業医面談や保健指導が捗ります。 「データを活用するのがあなたの仕事です。データ整理はあなたの仕事ではないですよね?」
3.
【圧倒的な低価格&使いやすさNo.1】
「システムを入れても使いこなせるかわからない。」「ITは正直苦手。」 と思っていませんか? 確かに、中には操作が複雑であったり、細かい機能が多すぎて、結局一番使いたい機能が上手く使えないというものもあります。 Carelyは非常にシンプルで使いやすいデザインです。 今までシステムを使ったことがない方でも、導入初日から使いこなせます! Carelyは本当に必要なものに特化しており、余計な機能がついていないため、 他社よりも圧倒的に低価格で提供できます。 「Carelyを使いこなし、面倒な仕事はCarelyに渡しましょう!」
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
10人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
50人〜の会社におすすめ
最低利用人数
3人
最低利用期間
情報なし
3人〜30人の会社におすすめ
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
10人〜100000人の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
3ヶ月
1000人〜の会社におすすめ
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし