IT資産管理ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
モバイル管理
利用可能
ログ管理
情報なし
セキュリティ管理
情報なし
デバイス管理
情報なし
資産管理
利用可能
ソフトウェア資産管理
利用可能
レポート機能
利用可能
サーバ監査
情報なし
モバイル管理
利用可能
ログ管理
利用可能
セキュリティ管理
利用可能
デバイス管理
利用可能
資産管理
利用可能
ソフトウェア資産管理
利用可能
レポート機能
利用可能
サーバ監査
利用可能
モバイル管理
情報なし
ログ管理
情報なし
セキュリティ管理
情報なし
デバイス管理
情報なし
資産管理
情報なし
ソフトウェア資産管理
情報なし
レポート機能
情報なし
サーバ監査
情報なし
モバイル管理
利用可能
ログ管理
利用可能
セキュリティ管理
利用可能
デバイス管理
利用可能
資産管理
利用可能
ソフトウェア資産管理
利用可能
レポート機能
利用可能
サーバ監査
利用可能
モバイル管理
情報なし
ログ管理
利用可能
セキュリティ管理
利用可能
デバイス管理
利用可能
資産管理
利用可能
ソフトウェア資産管理
利用可能
レポート機能
利用可能
サーバ監査
利用可能
モバイル管理
利用可能
ログ管理
未対応
セキュリティ管理
未対応
デバイス管理
未対応
資産管理
利用可能
ソフトウェア資産管理
利用可能
レポート機能
利用可能
サーバ監査
未対応
モバイル管理
利用可能
ログ管理
情報なし
セキュリティ管理
利用可能
デバイス管理
利用可能
資産管理
利用可能
ソフトウェア資産管理
利用可能
レポート機能
利用可能
サーバ監査
情報なし
モバイル管理
情報なし
ログ管理
情報なし
セキュリティ管理
情報なし
デバイス管理
情報なし
資産管理
情報なし
ソフトウェア資産管理
情報なし
レポート機能
情報なし
サーバ監査
情報なし
モバイル管理
利用可能
ログ管理
利用可能
セキュリティ管理
利用可能
デバイス管理
利用可能
資産管理
利用可能
ソフトウェア資産管理
利用可能
レポート機能
利用可能
サーバ監査
利用可能
初期費用
50,000-
情報なし
利用料
500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
354,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
343,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
60,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
800,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
MobiControlの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
e-Survey+(イーサーベイプラス)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
MCoreの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
AssetView(アセットビュー)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
IT機器の物品管理 Assetment Neoの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Windows10・パソコン入替に最適!-IT資産運用最適化サービス-の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
MobiControlの機能
【リモートコントロール】 ・遠隔地にある端末も管理画面に呼びだし、利用端末の状況がリアルタイムに把握できます。アプリの修正を一緒に行ってすぐに業務に復帰させることができ、ダウンタイムの低減に寄与します。 ※iOSをご利用の場合は「リモートビュー機能」になります。 【アプリ一括配信(サイレントインストール)】 ・自動でアプリをインストールさせる(サイレントインストール)機能により、アプリインストール時の端末ユーザー操作を開放することが可能になります。また、配信状況も簡単に把握できます。 【専用端末化(ランチャー)】 ・専用の起動画面(ランチャー機能)によって、利用する機能(メニュー)の単純化を実現しました。 ◆自社専用の端末デザインを行うことが可能です。 ◆管理者様の予期しない操作を防ぎ、トラブルや設定操作等の問い合わせを減らします。 ◆データ改ざんや脱獄などのリスクを防ぎ、セキュリティ面を強化します。 【端末機能制限】 ・カメラ 機密性の高い現場などで全ての端末持込を禁止している場合でも、個別機能の制限ができるMobiControlなら、必要な機能だけを制限できるので端末の業務利用機会が拡がります。 【セキュリティ】 ・ウィルス対策 マルウェア/ウィルス対策機能を標準で実装しているので、スマートフォンを安全に運用することが可能です。 ・リモートロック・リモートワイプ 紛失や盗難といった、イザという時にリモートでのロックやワイプを直ぐに実行できます。
2.
MobiControlのコンセプト
【運用管理を効率化】 ・マルチOS対応でライセンス移動も簡単 管理端末数に対してライセンスを発行するので、管理端末総数を越えなければライセンスの使いまわしが可能です。 ・ひとつのツールですべてのモバイルデバイスを管理 マルウェア対策・アクセス制限などのセキュリティ機能や、各グループごとへの機能制限、端末データのバックアップなど、多彩な機能を提供しています。 【新しい技術に対応】 ・Apple社が提供するVPP(Volume Purchase Program)やDEP(Device Enrollment Program)、Googleが提供するAndroid for Workにも対応しています。 【次世代MDM】 ・端末変化に対応して設定を自動変更 自動的に設定を変更出来るためスマホやタブレットのセキュリティ・リスクに対し迅速に対応します。 また、スマホやタブレットを使う企業での業務の効率化に大きく寄与します。 【管理者ごとの権限設定】 ・細かな管理権限を設定してフレキシブルに管理 複数管理者で管理/運用する場合でも単なる閲覧者からフルコントローラーまでといった、一人ひとりにアクセス権を細かく割り振ることが可能です。 ・グループ管理 企業の組織体系をそのまま管理体系とすることが可能なので、見やすい画面構成に加え、実際の業務単位での端末管理の効率が向上します。 【メーカーとの共同開発】 ・安定した機能提供が可能 端末メーカーと共同開発しているので、OSに依拠することなく、安定的に継続して機能提供が可能です。つまり、OSバージョンが上がったとしても提供されていた機能は引続き安心して利用できます。 【その他】 BYOD対策,暗号化,位置情報管理,証明書管理,個別プロファイル配信 等が利用可能です。
3.
MobiControlの代理店として、POLが選ばれる理由
ペネトレイト・オブ・リミット株式会社(略称POL)が、「MobiControl」の代理店として選ばれる理由をご紹介します。 1.日本での導入実績No.1 POLは2016年、MobiControlの代理店部門で販売実績世界No.1に輝きました。 2.検証後のリリースで安全・安心 海外でリリースしたものを、POLが日本の環境で独自検証し、日本向けにリリースしています。 3.10年の販売実績・日本語でのサポートの拡充 この10年でPOLは日本語のヘルプページを独自に作成しており、日本語でのサポートの充実を図っています。 4.ご指定のバージョンの適用が可能 クラウドサービスの場合、お客様ごとにMobiControlのサーバーアプリケーションのバージョンを適用することが可能です。 5.LDAPサーバーの構築・運用が不要 LDAPサーバーの構築・運用は弊社が行います(オプション対応)
詳細を確認
1.
企画から廃棄まで、IT資産のライフサイクルのあらゆるシーンをサポート
コストシミュレーションなどの企画・調達から、導入・展開、ソフトウェアの利用許可の有無確認やライセンス違反の確認などの運用・保守、資産(ハードやソフト)の撤去・廃棄までIT資産のライフサイクルの全てを徹底的にサポートします。
2.
セキュリティ情報管理も安心
社内にある個人情報やサーバまたはPCで保有している情報資産を分類分けして管理することにより、セキュリティレベルを高めます。情報資産の価値(機密、完全、可用)、リスクグループ管理、資産の持ち出し状況を把握し、正確な情報資産台帳を作成することによってリスクアセスメントの精度も向上させます。
3.
柔軟な権限設定
ログインユーザーごとにシステム・書き込み・閲覧のアクセス権限を付与することが可能です。 部門ごとで管理者や、情報の変更を行わず管理情報の閲覧のみさせたい使用者へ権限を与えることでシステム管理者の負荷を軽減します。 また、管理情報の入力が可能なユーザを制限することで、管理情報精度が向上します。
詳細を確認
1.
大規模運用設計&ハイスケーラビリティ !
・1サーバ&1DBでネットワークに優しくかつ高い情報収集率&配信率を実現! ・省メモリ(3.5MB)&低負荷(10~30KB収集)なクライアント設計! ・大規模管理に特化した集中/分散型Webベース管理コンソール ・一括登録・更新やシステム間連携に利用可能な豊富なツールを標準装備
2.
豊富な大規模管理実績 !
・1社平均3,000台、1サーバで約100,000台の運用実績! ・10,000台以上の大規模環境への導入実績が豊富 ・既存システムとの連携やカスタマイズにも柔軟に対応
3.
「真の」オールインワンシステム&グローバル対応
・IT統制に必要な機能(IT資産管理~情報漏洩対策~検疫)を100%自社開発 ・寄せ集めではマネできない無駄・矛盾のない実運用重視の設計 ・将来的な機能拡張の際もライセンスアップだけでクライアント側の作業は不要
詳細を確認
1.
AssetView で、包括的なセキュリティ対策を実現
情報漏洩のリスクは組織内外に関わらず、あらゆるところに存在しています。AssetView では目的に応じた機能の段階導入を行うことができるため、機能の追加、既存製品からの乗り換えにより、統合管理、コスト削減を実現できます。
2.
自社にあわせてIT資産管理を最適化できるパッケージ&サービス
ハンモックのIT資産管理ソフトウェア『AssetView』は、長年のお客様のIT資産管理に関する課題解決経験から、一般的なパッケージソフトウェア導入だけで解決できない課題解決を、選択型ソフトウェアパッケージとサービスの組み合わせにより実現します。
3.
必要最小限のコストで、最大限の効果を発揮
IT資産管理ソフトウェア『AssetView』は、必要な機能やサービスのみを、必要なライセンス数だけ購入できるので、コストを最小限に抑えることが可能です。また、特別価格のパッケージとしてIT統合管理のためにお客様ニーズが特に高い7機能、ソフトウェア辞書オプションをまとめた『AssetView スタンダードパッケージ』、情報漏洩対策に特化した『セキュリティパッケージ』をご用意しています。
詳細を確認
1.
使いやすい操作画面
大きなアイコンや機能ガイドで、目的の機能がひと目でわかるよう構成された管理画面。また、複数台のマスターサーバーで運用する場合でも、連動して検索したり、過去の操作ログもリストア(復元)せずに利用できるなど、「使いやすさ」にこだわった設計を大切にしています。
2.
一元管理
情報システム部門が担当する管理対象は、サーバーやクライアントPCだけではありません。プリンターやHUBなどのネットワーク機器やUSBデバイス、スマートフォンなど多岐にわたります。これらを一つのツールで管理することで効率的な管理を実現します。
3.
毎年バージョンアップ
SKYSEA Client Viewは誕生以来、毎年定期的なバージョンアップを重ねています。IT環境の変化にいち早く対応し、さらに使いやすい商品を目指して、今後もバージョンアップ・進化を続けています。
詳細を確認
1.
インターネットにつながる 全てのPCを管理
クラウド基盤にも対応 通信が暗号化されているから、インターネット経由でも安全にPCを管理可能です また、国内はもちろん海外拠点のWindows端末やMac端末の携帯端末・仮想デスクトップにも対応しており、各デバイスの資産管理・セキュリティ対策もまとめて管理できます。
2.
業務効率を下げずに セキュリティモラル向上や問題発見を可能に
アプリ稼働、印刷、ファイル操作、画面閲覧(ウィンドウタイトル)などPCの利用状況を記録します。違反操作があった場合は、ユーザーに警告表示しセキュリティモラル向上を促します。また、リアルタイムに管理者に通知し、重大な問題を未然に防ぎます。
3.
ソフトウェアの配布・自動インストールを一括で行い PCメンテナンスを効率化
複数のPC に対し一括で、アプリや更新プログラムの配布・自動インストールができます。サイレントインストール未対応のソフトウェアは、インストール操作を録画し、自動インストールを実現します。また、様々な条件を設定し配布効率を高められます。
詳細を確認
1.
IT機器の管理に必要な機能を豊富に搭載
資産台帳の一元管理はもちろん、管理業務に必要な機能を豊富にご用意しています。 ・資産の台帳管理(一括変更機能や組織変更、廃棄業務に対応) ・IT機器の利用料の管理 ・棚卸(バーコードやQRコード、RFIDに対応) ・利用者管理 ・貸出管理 ・保守契約の管理 ・ワークフロー ・修理点検
2.
バーコードやRFIDで、棚卸の作業を 1/5 に削減
現物確認は複数の方法をサポート。お客様の運用にあった方法で棚卸が行えます。 ・バーコードやRFIDによる棚卸 ・紙によるリスト棚卸(写真管理対応) ・スマホやタブレットによる棚卸(Android, iOS対応) <棚卸に便利な機能>  棚卸の進捗状況一覧/棚卸結果の差異一覧/不明資産報告書の出力 など
3.
ISMSやPマークの運用でも活用
ISMSやPマークの審査では、セキュリティソフトを導入すればOK・・・ という訳にはいかず、情報や機器の管理方法(運用)が重視されます。 そこで Assetment Neo のワークフローの機能を用いて、システム変更に関する稟議を行うと、資産ごとに稟議の履歴(システム変更履歴)が把握出来るようになります。 また稟議するときに設定変更の手順書を添付することも可能です。 さらにシステムごとに必要となる定期的なチェック、例えばあるシステムの利用ユーザーの棚卸やバックアップ先の容量チェック、ログ監査など、点検機能を活用することでメール通知され、点検漏れを防ぐことが出来ます。 ISMSやPマークの審査で求められる運用のチェックや監査を Assetment Neo を使って対応することが出来ます!
詳細を確認
1.
配送手段の最適化で、物流コスト削減
宅急便をはじめとする様々な配送手段から、シーンに応じて最適なロジスティクスをご提案いたします。これにより、物流コストの削減ができます。
2.
ライフサイクルのすべてを一元管理できる「PCLC-Web」
「機器管理」「ライセンス管理」「契約管理」など、ライフサイクルにかかわる情報を一元管理できるクラウドサービスです。 また、お客様と当社キッティングセンター間の「キッティング作業依頼」「作業進捗報告」も同システム上で行うため、機器の動き と 情報(ライセンス、所在情報)が自動連携され、差異が発生しがちな各種台帳の更新漏れを未然に防ぎます。
3.
40年以上にわたる豊富な実績、安心感
40年以上にわたる各種アウトソーシングサービスの運用実績とノウハウから、業務構築~定例運用実施、さらには日々の運用から見えてくる課題解決まで、お客様と一体となってご提案を行います。 これにより、お客様はより一層、コア業務であるIT戦略立案に専念することができます。
詳細を確認
1.
スマートデバイスのセキュリティ対策に活用
マルウェア感染などによる情報漏洩のリスクを軽減と、会社外での私的利用の抑制を実現 企業でのスマートデバイス導入は「従業員の業務効率化」や「営業力強化」などに大きな期待があります。しかし、スマートデバイス特有の優れた携帯性がある一方で、マルウェア感染などによる情報漏洩の対策が必要と同時に、会社外での使用が多くなり「私的利用」の機会が増えるなど、これまでにないリスクが高まります。「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら、標的型攻撃に有効な出口対策専用のDBと、端末内のWebアクセスデータの保存を制御することで、情報漏洩をダブルでブロックします。社内システムにアクセスしても、閲覧履歴やキャッシュ、重要ファイルなど、企業データを端末に残しません。また、日本の実務レベルに即した高信頼性のデータベースを搭載したWebフィルタリング機能で会社外での「私的利用を抑制」します。
2.
社内のWindows PCをクラウドサービスでWebフィルタリング
社内にフィルタリング専用サーバーを設置せずに、 Webアクセスの制御を実現 専任の管理者がいないため、社内に専用サーバーを持ちたくない企業や、各拠点から直接インターネットに接続している企業の場合、クラウドサービスを利用することで、低コストで社内PCのセキュリティ対策を実現することができます。「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら、社内のゲートウェイにはサーバーを設置せずに、従業員が社内で利用するWindows端末において、多彩なWebフィルタリング機能でのWebアクセス制御や、標的型攻撃対策などのセキュリティ対策を実現します。
3.
社内外のデバイスをまとめてクラウドサービスでWebフィルタリング
場所にも、デバイスにも依存しない一元的なWebフィルタリング デスクトップPCやノートPC、タブレット、スマートフォンなど、業務で利用するデバイスが多様化する中、従業員が社外へ持ち出すモバイル環境においても、社内と同様のWebアクセス制御を行う必要性が高まり、システム管理者の負担も増加傾向にあります。「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら、iOS・Android・Windows端末に対応しているため、従業員が社内外で利用するスマートデバイスやPCにクラウドで一元管理されたWebフィルタリングを提供することができます。
詳細を確認
1.
辞書を使った正確なライセンス管理
収集したインベントリ情報に対し、2つの辞書を使ってソフトウェアの情報を自動的に判断し、多種多様なライセンス体系を紐付けします。 約款情報を正しく把握することで余剰ライセンスをなくし、ライセンスコストを削減することができます。
2.
マルチデバイス対応
QNDはオフラインのPCやインベントリを収集できない周辺機器も管理対象として登録することが可能です。 また、ISM CloudOneと連携することで、スマートフォン・タブレット端末の情報を収集することが出来ます。 収集した情報はQNDの管理画面で一元管理することができ、リモートワイプやロック等の緊急時操作を行うことも可能です。
3.
国際化対応
QNDは日本語OS環境だけでなく、中国語や英語OSが混在したクライアントPC環境でもご利用いただける国際化に対応したIT資産管理ツールになっています。多国間で利用されるには最適なツールになっています。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
6ヶ月
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
101人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
10人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
100人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1ヶ月
200人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
250人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
100人
最低利用期間
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
未対応
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
未対応
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし