LPOツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ・評価
仕様
料金・費用
サービス資料
特長
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
ターゲティング機能
情報なし
A/Bテスト機能
情報なし
外部ツールとの連携
情報なし
ターゲティング機能
情報なし
A/Bテスト機能
利用可能
外部ツールとの連携
利用可能
ターゲティング機能
利用可能
A/Bテスト機能
利用可能
外部ツールとの連携
利用可能
ターゲティング機能
利用可能
A/Bテスト機能
利用可能
外部ツールとの連携
利用可能
ターゲティング機能
利用可能
A/Bテスト機能
情報なし
外部ツールとの連携
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
8,500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
50,000-
情報なし
利用料
(月額)
120,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
40,500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
SiTest Lite(低価格・高機能ヒートマップ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【Butterfly】誰でも使える簡単ABテストツールの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
DLPOの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
低価格なのにありえない本格機能
低価格なのに、スマホ対応、全セッションの動画解析や、セグメントをかけてコンバージョンしたセッションだけのヒートマップを表示することも可能!
2.
クレジットカードがあればすぐに使える
面倒なお見積や、契約書などの事務作業不要!クレジットカードさえ用意していただければセルフサービススタートです!
3.
7日間無料でお試し可能
7日間無料で利用できるので、ノーリスク!納得してから本格利用いただけます。
詳細を確認
1.
複数のページを同時に、最小限のコストで改善する
Butterflyは、Webサイトを構成するページごとにテストを繰り返すのではなく、Webサイト全体で同時にテスト・分析を行えます。 通常のA/BテストではWebサイトを構成するページを1つずつテストしていきます。各ページでテストを行った後に、どのテストパターンの組み合わせが最も成果に繋がるのかさらにテストすることになるので、膨大な工数が必要です。 Butterflyではすべてのテストに、サイト全体を通してユーザーがどう動くのか、ストーリーを設定できます。各ページのテストパターン作成後に、それぞれのページをどう組み合わせれば最大の成果を得られるのか分析できるので、テストにかかる工数は最小限です。
2.
ユーザーの流入元に応じて、最適なページを出しわける
ButterflyではユーザーがWebサイトに訪れる際の流入元に応じて、様々なページを出しわけできます。流入元ごとに最適なページを表示できるので、各ページを改善するだけでは得られなかった成果を得られます。 広告クリックや検索など、サイト訪問までの経路は様々です。流入元となった広告や、サイトを表示させた検索キーワードによって、サイトへの訪問目的や訪問時のユーザーのモチベーションは異なります。 Butterflyは流入元ごとに最適なページを表示できるので、ユーザーがサイトに訪問した時から、効果的なアプローチが可能です。
3.
知識不要で簡単にWebページを改善できる
Butterflyでは専門知識がなくても、マウス操作だけで簡単にWebページを編集できます。テストページの作成や編集も、専門知識なしで手軽にできるので、少ないリソースでA/Bテストが可能です。 通常、Webサイトの編集にはHTMLやCSSの知識を用いて、サイトのコードを書き換えなければなりません。しかしButterflyではマウス操作だけで画像やコンテンツの位置を変えたり、テキストを編集できます。 社内エンジニアのリソースを割かずにテストできるので、人的コストの削減も繋がります。もちろん、専門知識を使ったより複雑なテストも可能です。
詳細を確認
1.
高速テスト×パーソナライズでCVRを最大化
DLPOが搭載する独自のテストエンジンにより、自由度の高いテスト検証が可能です。ページ間の優劣を検証できるA/Bテストと、ページ内の要素を検証できる多変量テストの2種類のテスト機能に対応しています。テストを組み合わせて利用すれば、もっともCVRを高められる「チャンピオンページ」を早期に発見できます。 パーソナライズ例として、年齢・性別などのユーザー属性、地域、時間帯、訪問頻度、ユーザーの興味関心、年収に応じて最適なランディングページを表示させます。
2.
各種DMP・アクセス解析・タグマネジメントツールと連携
DLPOはDMPやWeb解析ツール、タグマネジメントツールなど、マーケティングに欠かせないツールとも連携できます。各ツールと連携すれば、より強力なパーソナラズが可能です。 DMPとの連携例としては、DMPの所有する情報をDLPOに加えることで、より多くのパーソナライズが可能になります。Web解析ツールとの連携では、収集したユーザーデータを活用しA/Bテストの検証効果を高め、きめ細やかなパーソナライズを実現できます。既に導入しているタグマネジメントツールと連携させれば、DLPOで新たにタグ設置・管理の手間を掛けずに精度の高いランディングページの最適化が図れるでしょう。
3.
充実のカスタマーサポート
充実した設定・運用マニュアル・サポートサイトを提供しているので、問い合わせをしなくても疑問を解決できます。活用事例やクリエイティブサンプル集も豊富に取りそろえており、テスト実施やパーソナライゼーションアイデアづくりの良いヒントになるでしょう。 もちろんセットアップや運用に関する質問は、電話・メールでのカスタマーサポートに対応しています。
詳細を確認
1.
離脱率の改善
Gyro-n LPO(ジャイロンLPO)は、効率的にターゲットを絞って情報を提供することで離脱率を改善します。また、ウェブサイトを訪れたユーザーの目的や興味にあわせて最適な情報を提供できる仕組みも備えています。目的のページへ誘導することで確実にコンバージョンへとつなげられます。 従来であればLPOの目的ごとに、大量のページを作成していましたがそのようなことは不要です。ターゲットによってコンテンツを差し替え、ランダムに表示される複数コンテンツがどのよう作用するか分析をしながら効率の良いコンテンツに絞っていきます。こうすることで、離脱率の改善につながります。
2.
コンバージョンを徹底させる
コンバージョンを徹底するための施策が盛りだくさんです。一般的な入り口ページからコンバージョンまでの訪問率は平均2%ととても低いです。しかし、Gyro-n LPOを使うことで、このコンバージョン率を高めることができます。 ウェブページにアクセスしてきたユーザーに合わせた訴求の仕方をすることで、的確に誘導することができます。どういった検索ワードで流入があったのか、年齢や性別によって流入目的は異なります。ほかにも、時間・曜日ごとのターゲティング、ユーザー環境のターゲティングなど、ユーザーを分類化することでより的確な訴求ができます。それぞれにあった訴求文を提示することでコンバージョンへと結び付けるのです。
3.
管理画面が使いやすい
管理画面はとても使いやすい設計になっています。ユーザー第一に考えて設計されており、マニュアルを読まなくても直感的に操作することができます。もし使い方がわからないときには、専門のサポートスタッフの手を借りることもできます。面倒な初期設定や分析方法などは専門サポートに任せてしまうことも可能です。 また、機能がたくさんあるのに使いこなせないということもありません。充実したサポート体制が整っているため、改善要望を出せば専門スタッフがウェブサイト改善・コンバージョン率アップの支援をしてくれます。
詳細を確認
1.
エリアターゲティング
どこどこJPでは、エリアケータリング技術によって、Webサイトを最適化することが可能です。 エリアターゲティングとは、顧客の位置情報によって地域に最適化した情報を届ける仕組みのこと。 どこどこJPでは、IPアドレスによって顧客の現在地を自動的に判別し、地域のコンテンツを上位に表示させることで、地方からのお問い合わせや売上のアップ、地方コンテンツのアクセス数増加へつなげることができます。 コンテンツをローカル化することによって、ユーザーの興味をとらえる際に効力を発揮し、集客の強化とユーザビリティの向上に役立ちます。
2.
BtoBアクセス分析
BtoBサイトは情報を発信するだけが目的ではなく、訪問者のことから見込み顧客を特定することで、Webサイトをビジネスに貢献できる新たな価値を持ったコンテンツにすることができます。 どこどこJPでBtoBのアクセス分析を行うことにより、Webサイトに訪問した企業がわかり、マーケティング活動・営業活動に大きく役立てることが可能です。 Webサイトでの行動から見込み顧客の興味や関心を把握し、マーケティングの視点から営業案件化を促進できるでしょう。この手法は「リードジェネレーション」と呼ばれます。
3.
マーケティングオートメーション
どこどこJPは、もともとIPアドレスに対して位置情報や従業員規模、企業名などのビジネスデータを組み合わせたAPIですが、これらをマーケティングオートメーションツールと連動させることで、営業支援システムツールに未登録のWebサイト訪問者についても、企業データを付与することができます。 すでに国内のメジャーなマーケティングオートメーションツールとの連携アプリ開発が進んでいて、今後も連携するツールは増えていく見込みです。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1ヶ月
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
10人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし