メールリレーサービスのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
50,000-
情報なし
利用料
(月額)
5,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
ベアメールの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
メールの到達率を改善
独自の配信技術でキャリアやISPからブロックを回避しながら高速配信でメールを届けます。配信後、エラーメールをいち早く把握できますので、メールの到達率の改善をすることができます。
2.
コストの削減
クラウド型のメールリレーサービスである特長を活かして、専有型に比べて料金を抑えてサービスを提供することができます。運用を意識することなく利用ができますので、レピュテーションの管理・運用コストが不要。見えない人的コストの削減につながります。
3.
メールサーバ運用のリソース削減
メールサーバの管理・運用の必要がなく、また、レピュテーション管理も全てベアメール側で行いますので、これまでメールサーバの運用にかかっていたリソース及び、人的コストの削減ができます。
詳細を確認
1.
専用 IP アドレスがリース可能
Amazon SES で大量の E メールを送信する場合は、顧客用に確保した専用 IP アドレスをリースできます。専用 IP アドレスを使用して E メールを送信する場合、このアドレスでの送信者の評価は、その顧客の E メール送信状況によって決まります。Amazon SES アカウントで使用するために専用 IP アドレスをいくつかリースすると、専用 IP プール機能を使用して、その IP アドレスでグループ (プール) を作成できます。
2.
評価の高い配信性能
E メールの配信性能 (送信した E メールが受信者の受信トレイに届く可能性) は、送信元 IP アドレスの評価によって決まります。評価は主に過去の傾向によって決まります。そのアドレスに低品質のコンテンツを送信した履歴があると、評価が下がります。Amazon SES では、迷惑メールと悪意のあるコンテンツを事前にフィルタリングすることで、メールボックスプロバイダーの間で高い評価を獲得しています。
3.
業界標準の認証メカニズムを全てサポート
インターネットサービスプロバイダー (ISP) では、E メールを受信すると、受信者に配信する前に認証をチェックします。ISP では、認証により、送信元が実際にその E メールアドレスの所有者であることを確認できます。Amazon SES では、DomainKeys Identified Mail (DKIM)、Sender Policy Framework (SPF)、Domain-based Message Authentication、Reporting and Conformance (DMARC) など、業界標準の認証メカニズムをすべてサポートしています。
詳細を確認
1.
大量のEメールでも確実に送信
1通のメールを送信するのと同じように、1万通のメールを確実に送信できるパワフルなインフラで、柔軟にスケール変更ができます。サーバやインフラの追加を一切せずにスケール変更が可能です。自動ロードバランシング(負担分散)や高いセキュリティ機能を備えています。確実なメール送信機能としては、SPF, DKIM, 独自ドメイン利用、固定IPアドレス、バウンスの自動処理、ISPモニタリングなどがあります。
2.
リレーサーバとして利用してコスト削減
既存メールサーバの接続先をSendGridに変更するだけで、リレーサーバとしても利用できます。簡単設定で、送信ドメイン認証、配信状況確認、バウンス先への配信停止処理など、面倒でコストがかかる運用をSendGridに一任できます。またクラウド上に用意されたSendGridのメールインフラは、オンプレミスで構築する場合にかかるメンテナンス、ユーザーのサポートなどのコストが一切不要になります。
3.
リアルタイム分析と他システムとの統合
顧客のクリック、配信停止、スパム報告など各種イベントの発生やパフォーマンスをリアルタイムに分析ができます。API経由でほぼ全ての機能を使用し、他システムと統合できます。実績のあるAPIとマーケティング担当者向けの送信ツールは、顧客のユニークな販売ニーズに合わせてカスタマイズされており、チーム全体のメール目標を1つのプラットフォームで実現することが可能です。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし