マネジメントのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
リーダーシップ
利用可能
コーチング
情報なし
コミュニケーション
利用可能
目標達成
利用可能
ビジョン構築
情報なし
eラーニング
情報なし
リーダーシップ
情報なし
コーチング
情報なし
コミュニケーション
情報なし
目標達成
情報なし
ビジョン構築
情報なし
eラーニング
情報なし
リーダーシップ
情報なし
コーチング
情報なし
コミュニケーション
情報なし
目標達成
情報なし
ビジョン構築
情報なし
eラーニング
情報なし
リーダーシップ
利用可能
コーチング
未対応
コミュニケーション
利用可能
目標達成
利用可能
ビジョン構築
未対応
eラーニング
未対応
リーダーシップ
利用可能
コーチング
未対応
コミュニケーション
利用可能
目標達成
利用可能
ビジョン構築
未対応
eラーニング
未対応
リーダーシップ
利用可能
コーチング
未対応
コミュニケーション
利用可能
目標達成
未対応
ビジョン構築
未対応
eラーニング
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
300-
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
1,980-
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
10,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
【1on1ノウハウクラウド】1on1 Talk - CYDASの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Bizer teamの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
様々な業務をプロジェクトと捉え、成功に導く
プロジェクトマネジメント・エッセンシャルでは、現代のビジネスシーンで発生する様々な業務は、プロジェクト化していると考えています。 日々の営業活用や採用活動も、1つの目標を達成するためにプロセスを決めてチームで協力して取り組むプロジェクトです。様々な業務をプロジェクトとして捉え、成果や目標達成のためのプロセスを明確にすることで、業務を成功へと導きます。 プロジェクト化された業務をチームの協力によって成功させていくことで、より高いモチベーションと、実務を通した学びを得られます。
2.
メンバーそれぞれが「非公式のマネージャー」としての意識を持てる
プロジェクト化した様々な業務を行う際、マネージャーではないメンバーが、マネージャーとしての役割を担い、チームを導いていくこともあるでしょう。 上記のような、いわゆる非公式のマネージャーは、本来のマネージャーではないために、トレーニングの機会が与えられません。マネージャーとしての教育も権限も与えられないまま、自分だけが大きな負担を強いられ、モチベーションを低下させていくのが現実です。 プロジェクトマネジメント・エッセンシャルでは、チームメンバー全員に非公式のマネージャーとしての意識付けを行い、全員で協力し合える環境を作ります。
3.
プロジェクト成功に向けた、モチベーションの高いチームを育成
プロジェクトマネジメント・エッセンシャルは、プロジェクト化した業務をただ成功させるための研修プログラムではありません。プロジェクトの達成を通して、高いモチベーションを持ち、常にスキルアップしていくチームを作ります。 チームメンバー全員に「非公式のマネージャー」としての意識を持たせることで、プロジェクト成功に貢献したいという意識を根付かせます。 メンバー全員が率先してプロジェクトに取り組み、プロジェクトへの貢献を通して学びを得ることで、実務を通した継続的な成長が可能です。
詳細を確認
1.
デジタルツールでアナログな会話を生む
場所や時間にとらわれない新しい働き方へ変化する時代で、より深い相互理解のためのアナログな対話機会を生み出します。マネジメントスキル・次世代育成・離職率などに関する課題は、日常的なアナログな会話で改善・解決されるものが多く、アナログな会話を会社の文化にする手助けをします。
2.
1on1の”ノウハウ”いらず
1on1のスケジューリングや記録などログ管理をするだけのものではなく、これまでブラックボックス化されてきた、「どのように運用すれば効果的な1on1が実施できるのか?」というノウハウ部分を分かりやすく提供することにこだわりました。
3.
オリジナル機能で上司も部下も成長できる
「何をテーマに話せば良いのか?」という管理職の悩みに対しては、デフォルトでトークテーマを設定する機能を実装。「部下に心を開いてもらうには?」といった悩みに対しては、「パートナーレベル診断」という独自の診断ツールで、段階を踏んで部下との関係値を上げることができます。単なる業務上の会話よりもさらに進んだ対話のためのきっかけが散りばめられています。
詳細を確認
1.
Bizer teamで仕事のプロセスを可視化
Bizer teamによる業務改善の第一歩として、仕事のプロセスの可視化から始めます。Bizer teamでは、チェックリストにもとづいて業務作業の確認をしていくだけで、業務プロセスの可視化ができます。 Bizer teamが管理対象としている単位は、個人よりも広くプロジェクトよりも狭い「チーム」のレベルで、チームメンバのチーム内での担当業務をチェックリストに従ってチェックしていくことで、チームの業務プロセスが見えてきます。 業務プロセスが可視化されることで、チームメンバーが暗黙の呼吸で動いていたような業務も誰もがプロセスとして意識することができるようになり、プロセスの再認識とメンバー間での共有化も可能になります。
2.
リアルアイムに進捗管理が可能
Bizer teamにより、業務プロセスを可視化した後は、Bizer teamを使って各チームメンバーの進捗状態をリアルタイムで管理できるようになります。プロセスの可視化で用いているチェックリストをメンバー間で割り振り、進捗状況を更新していきます。 リアルタイムで進捗管理を行うためには、チームメンバー各自が進捗状況の更新をため込まずに随時行う必要があります。チェックリストを軸にし、コメントやファイルを確認することで、チーム全体として進捗管理を行うことが可能になります。リアルタイムで進捗管理を行えることで、効率の悪いプロセスを放置することなく、プロセスの見直しも行えます。 進捗管理から非効率なプロセスを洗い出し、プロセスの見直しを行うのは一般的な手法ですが、Bizer teamでは進捗管理がリアルタイムで行われるので、定期的に進捗管理を行う場合に比べて非効率プロセスの発見も迅速に行えます。
3.
仕事のプロセスを標準化
リアルタイムな進捗管理により、非効率なプロセスや定型的なプロセスが明確にできたら、チーム作業のプロセスを標準化できます。チームの業務プロセスの標準化とともに見直しを行う場合には、Bizer teamのもつ多種のテンプレートを活用することができます。 Bizer teamで用意しているテンプレートには、多くの業務で共通している作業プロセスなども含まれているので、従来のやり方に固執せずに、各社でブラッシュアップされてきたプロセスとして参考にすることができます。 業務プロセスを標準化し業務の効率化を図る手法のひとつとして、Bizer teamで管理する情報がアップデートされたときの「気づき」としてチャットツールなどの外部機能と連携させ、リアルタイムで情報を受け取れるようにシステム化することも可能です。
詳細を確認
1.
モチベーションを上げる手法を学ぶ
よりモチベーション高く仕事をしてもらうための相手に合わせた叱り方や、部下の動機付けをしながら仕事を進め、より高い成果を自ら目指すようになるためのスキルを習得できます。
2.
指示する目的、報告を受ける目的を学ぶ
現場で仕事を効果的・効率的に進めるためのマネジメントスキルを習得し、部下に合わせた指示出し・報告受けを実現できます。
3.
会議する目的を学ぶ
1対複数でのコミュニケーションについて、会議設計・会議実践をしながら現場で使えるスキルを習得できます。
詳細を確認
1.
最強組織の持つ3つの鉄則を学ぶ
最強組織になるために必要な「3つの鉄則」を通じて、自組織の課題を診断し、改善のために必要な具体的行動を明確化することができます。
2.
最強組織を作る手順を学ぶ
組織作りで最初に行うべきこと、その次に手をつけるべきこと、組織が良い形になるために必ず解決すべき問題を、どのように解決していくのか考えることができます。
3.
最強組織のリーダーに求められるものを学ぶ
最強組織を作っていくリーダーが持つべきもの、リーダーのスタンス、リーダーの考え方、リーダーが持つべき技術を習得できます。
詳細を確認
1.
管理職(マネージャー)の役割と責務について学ぶ
本講座では、管理職(マネージャー)の役割と責務、優秀なマネージャーの視点について学びます。管理職の最大の責務を果たすために、具体的な解決策を考える力を身につけることができます。
2.
状況に合わせたマネジメントについて学ぶ
マネジメント戦略設計方法、リーダーシップ3つの段階を学ぶことにより、どのような状況であっても変わらず成果を創出する管理職の共通点を学ぶことができます。
3.
部下との向き合い方を学ぶ
部下の人生と向き合い、意欲的に仕事に取り組んでもらうための基本姿勢を学び、部下を成長させ、組織を強くするための行動管理・正しい仕事のやり方の手法を身につけることができます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
10人
最低利用期間
1年
最低利用人数
1人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし