管理会計システムのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
990-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
取引先130社超え:Sactona(サクトナ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Oracle EPM Cloud-Planning (PBCS)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
圧倒的な操作性
・ユーザーが使用する画面はExcelそのものであり、類似製品によくある「Excelライクなツール」とは異なり直感的な操作が可能。新たに操作方法を覚えたり大量マニュアルの作成が不要 ・エンドユーザーへのトレーニングがほとんど不要で、即定着するため投資対効果を早期に実現 ・固定行、可変行、マスタ連動、明細など、あらゆるデザインのフォーマットを実現可能
2.
即時&自動処理
・Excelデータの取り込み、実績の取り込み、レポート表示がワンタッチ ・集計・レート換算・組み替えなどの計算処理が、データ取り込み時にデータベース内自動実行 ・業務の必要に応じて、配賦、数量×単価、償却などの計算ロジックを追加搭載可能
3.
高い拡張性
・クライアントインストール不要な専用入出力Webサイト(Sactona Portal)を標準装備 ・ユーザー数、データ量の増大にあわせて拡張可能なSQL Serverベースのシステム基盤 ・マスタシステムとの連係、適用業務の段階的拡張、大規模ユーザー利用など拡張実績多数
詳細を確認
1.
全世界10,000社から信頼される、高機能な管理会計・予算管理サービス
全世界10,000社以上/国内1,000社以上の実績を持つHyperionソフトウェアの管理会計・予算管理製品「Oracle Hyperion Planning」の機能をそのまま、クラウドで提供しています。 このたくさんの実績により、豊富な業界・業務別のノウハウを凝縮したテンプレートや、サービスメニューを準備することができるため、自社に合った運用を選択することで他のシステムのような導入時の複雑な設定作業といったわずらわしさもありません。
2.
クラウドだから短期導入が可能
クラウドだからこそ、ハードウェアの設置、ソフトウェアのインストールなど含めた作業が不要であり、また、業界、業務ごとのテンプレートやサービスメニューの活用により、簡単なステップで短期導入が可能となっており、次の予算編成業務から「Oracle EPM Cloud-Planning(PBCS)」をつかうことができます。
3.
業務ユーザーがビジネス環境の変化や拡張に対応可能
業務ユーザーが各種マスター変更や組織変更、また各種資料作成の際のレポート構築などを容易に行うことができるようになっています。また、「Oracle EPM Cloud-Planning(PBCS)」では、テスト環境、本番環境が標準で提供されているため、業務ユーザーがテスト環境でテストを実施後に本番環境へ適用を行う、という運用も可能となります。 この運用を無理なく実施できるように、自動バックアップ機能もついており、会社毎に自由にメンテナンス実施時間を設定すると、Oracle Cloud Serviceが自動でバックアップを取得してくれます。
詳細を確認
1.
やることは日報を入力するだけ。 案件単位の採算が、すぐに見える化。
生産性改善は多くの会社で課題です。Paceを使うことで、仕事が終わってみないと採算が把握できなかった、これまでの状態が一変します。
2.
様々な角度からの収益性分析ができ、 利益に繋がる仕事を把握できます。
メンバーからの毎日の日報を基に、プロジェクト別の稼動状況を集計し、様々な角度からの収益性分析が可能です。(Pace上での分析項目は順次追加予定)
3.
請求書発行ソフトと合わせた管理により、請求漏れ、二重請求を回避します。
普段お使いの請求管理に加え、Pace上でも管理することで、請求漏れや二重請求などのヒューマンエラーを防ぎます。
詳細を確認
最低利用人数
10人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
100人〜の会社におすすめ
最低利用人数
1人
最低利用期間
1ヶ月
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能