MDM(モバイルデバイス管理)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
50,000-
情報なし
利用料
500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
19,800-
情報なし
利用料
300-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
300-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
300-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
MobiControlの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Optimal Bizの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
MobileIron(モバイルアイアン)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
CLOMO MDMの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
FENCE-Mobile RemoteManagerの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
MobiControlの機能
【リモートコントロール】 ・遠隔地にある端末も管理画面に呼びだし、利用端末の状況がリアルタイムに把握できます。アプリの修正を一緒に行ってすぐに業務に復帰させることができ、ダウンタイムの低減に寄与します。 ※iOSをご利用の場合は「リモートビュー機能」になります。 【アプリ一括配信(サイレントインストール)】 ・自動でアプリをインストールさせる(サイレントインストール)機能により、アプリインストール時の端末ユーザー操作を開放することが可能になります。また、配信状況も簡単に把握できます。 【専用端末化(ランチャー)】 ・専用の起動画面(ランチャー機能)によって、利用する機能(メニュー)の単純化を実現しました。 ◆自社専用の端末デザインを行うことが可能です。 ◆管理者様の予期しない操作を防ぎ、トラブルや設定操作等の問い合わせを減らします。 ◆データ改ざんや脱獄などのリスクを防ぎ、セキュリティ面を強化します。 【端末機能制限】 ・カメラ 機密性の高い現場などで全ての端末持込を禁止している場合でも、個別機能の制限ができるMobiControlなら、必要な機能だけを制限できるので端末の業務利用機会が拡がります。 【セキュリティ】 ・ウィルス対策 マルウェア/ウィルス対策機能を標準で実装しているので、スマートフォンを安全に運用することが可能です。 ・リモートロック・リモートワイプ 紛失や盗難といった、イザという時にリモートでのロックやワイプを直ぐに実行できます。
2.
MobiControlのコンセプト
【運用管理を効率化】 ・マルチOS対応でライセンス移動も簡単 管理端末数に対してライセンスを発行するので、管理端末総数を越えなければライセンスの使いまわしが可能です。 ・ひとつのツールですべてのモバイルデバイスを管理 マルウェア対策・アクセス制限などのセキュリティ機能や、各グループごとへの機能制限、端末データのバックアップなど、多彩な機能を提供しています。 【新しい技術に対応】 ・Apple社が提供するVPP(Volume Purchase Program)やDEP(Device Enrollment Program)、Googleが提供するAndroid for Workにも対応しています。 【次世代MDM】 ・端末変化に対応して設定を自動変更 自動的に設定を変更出来るためスマホやタブレットのセキュリティ・リスクに対し迅速に対応します。 また、スマホやタブレットを使う企業での業務の効率化に大きく寄与します。 【管理者ごとの権限設定】 ・細かな管理権限を設定してフレキシブルに管理 複数管理者で管理/運用する場合でも単なる閲覧者からフルコントローラーまでといった、一人ひとりにアクセス権を細かく割り振ることが可能です。 ・グループ管理 企業の組織体系をそのまま管理体系とすることが可能なので、見やすい画面構成に加え、実際の業務単位での端末管理の効率が向上します。 【メーカーとの共同開発】 ・安定した機能提供が可能 端末メーカーと共同開発しているので、OSに依拠することなく、安定的に継続して機能提供が可能です。つまり、OSバージョンが上がったとしても提供されていた機能は引続き安心して利用できます。 【その他】 BYOD対策,暗号化,位置情報管理,証明書管理,個別プロファイル配信 等が利用可能です。
3.
MobiControlの代理店として、POLが選ばれる理由
ペネトレイト・オブ・リミット株式会社(略称POL)が、「MobiControl」の代理店として選ばれる理由をご紹介します。 1.日本での導入実績No.1 POLは2016年、MobiControlの代理店部門で販売実績世界No.1に輝きました。 2.検証後のリリースで安全・安心 海外でリリースしたものを、POLが日本の環境で独自検証し、日本向けにリリースしています。 3.10年の販売実績・日本語でのサポートの拡充 この10年でPOLは日本語のヘルプページを独自に作成しており、日本語でのサポートの充実を図っています。 4.ご指定のバージョンの適用が可能 クラウドサービスの場合、お客様ごとにMobiControlのサーバーアプリケーションのバージョンを適用することが可能です。 5.LDAPサーバーの構築・運用が不要 LDAPサーバーの構築・運用は弊社が行います(オプション対応)
詳細を確認
1.
必要な機能をまとめて基本機能で提供
他社では有償オプションが必要なMAM(モバイルアプリケーションマネジメント)機能も、 Optimal Bizなら基本機能で使えます。
2.
迅速な新OS対応、 マルチデバイス対応
お客様の新OSバージョンの利用の妨げにならないよう、 迅速な新OS対応に注力 しています。 また、 マルチOS対応のため、 Android/iOS/Windows/macOSの管理を統合して 行うことができます。
3.
安心の国産製品、 安定した自社開発体制
国内企業のオプティム(東証一部上場)が自社開発、 提供している製品です。 キャリアへのOEM提供も行っており、 安心してご利用いただけます。
詳細を確認
1.
EMMとしてのMobileIron
スマートデバイスを企業で本格的に活用するためには、ユーザビリティ・生産性・セキュリティを兼ね備えたプラットフォームが必要です。 そのためには、企業で使うアプリ対して、デバイスからのネットワークアクセスに対して、そしてクラウド接続・認証に対しての多面的なセキュリティを持ちつつ、 ユーザビリティを損なわない形でアプリを使うことが出来るEnterprise Mobility Management(EMM)製品のMobileIronが必要不可欠です。
2.
マルチOS対応
MobileIronは、iOSやAndroidのみならず、Windows10、macOSといったPC OSも管理することが可能です。 これらのOSを一元的に、そして既存のActive Directoryの権限を利用しながら管理出来ることで、 会社支給デバイス、BYODデバイス、在宅PCなど、多種多様なデバイスでの業務が可能となります。
3.
VPN機能
MobileIronは、単なるMDMではありません。 iOS, Android, Windows 10 macOSの4OSに対しVPNゲートウェイ機能を提供します。 VPN機能は、デバイス管理機能、アプリのデータ保護などと組合せて利用することが出来るため、既存のVPNシステムと比較すると、高い費用対効果を実現することが出来ます ※macOS向けVPNは近日対応予定
詳細を確認
1.
驚くほど簡単な操作で、デバイスとアプリの運用・管理に確かな安全を実現
EMMプラットフォームCLOMOは、デバイスを使う全ての企業で利用しやすいモバイル管理機能を提供しています。 デバイスの運用規模に関わらず、柔軟に運用できる自由なスケーラビリティと、様々なOSに対応しています。 ・利用状況の確認  「OS」「UDID」などの基本情報や、「位置情報」「インストールされているアプリ」など、様々なデバイス情報をMDMで取得できます。 ・機能の設定・制限  「パスワード利用のルール」「カメラ機能」「アプリケーションの購入」「ネットワーク接続先」など、様々なデバイス設定をMDMで強制的に制限できます。 ・盗難・紛失時の緊急対策  デバイスの「データ初期化」や「ロック」などをMDMからリモートで強制的に操作し、盗難紛失時の情報漏えいや第三者の利用を防ぎます。
2.
業務で利用するアプリのセキュリティ対策、自動配布・自動削除までも実現
CLOMO MDMならアプリ管理も高機能 ・社内専用のアプリ配布ポータル  管理パネルへアプリを登録するだけで、公開範囲を社内に限定したアプリ配布ポータルを構築できます。配信専用サーバの用意も不要です。 ・配布先のグループを選択  営業部や経理部、開発部など、アプリごとに公開先の組織を指定できます。それぞれの組織、部門が求める最適なアプリを配布できます。 ・強制インストール・削除  利用させたいアプリを強制的にインストールしたり、管理対象のアプリを強制的にアンインストールできます。
3.
CLOMO導入前から手厚いサポートを提供
製品購入後だけでなく、30日無償トライアル時点にもお客様のモバイル管理をきめ細やかにサポートします。MDMやEMM導入がはじめての方もご安心ください。 ・24時間365日、MDMの緊急時対策代行オプション  自由に、手軽に持ち運べるスマートデバイスだからこそ、夜間や休日にも盗難、紛失などのトラブルが発生します。  万が一の事態が発生した場合にも、IT管理者に変わって、24時間365日、有人オペレータがMDMで緊急対策を代行します。
詳細を確認
1.
キャリア、OSを問わず端末を一元管理
Android、iOS、Windowsのスマートフォン、タブレット、モバイルPCに対応しています。端末のタイプが混在していても一元管理が可能です。
2.
Android for Work、DEPに対応
企業向けの高度な端末管理が可能となるAndroid for Workに対応しています。 Device Owner端末とすることで今まで行えなかった制限を実現でき、さらに高セキュリティな管理が可能となります。 Profile Ownerの設定を行えば、端末内の領域を「仕事領域」と「プライベート領域」に分けることにより、仕事領域のみ企業のポリシーに適したモバイル管理を実現することができます。BYODに適した設定です。 DEP(Device Enrollment Program)とはApple社が提供する企業向けおよび教育機関向けiOS端末の導入支援サービスです。端末のキッティングが効率良く実施でき、監視端末の設定も行えます。また、構成プロファイルを削除できなくすることが可能なため、端末利用者が意図的に端末を管理外にすることを阻止することができます。
3.
24時間365日、リモートロック/リモートワイプを代行
管理者が対応できない就業時間外(深夜時間帯や休日)に発生した紛失・盗難に対して、 お客様のセキュリティ対策運用(ロックまたはワイプ)を安価で代行いたします。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
6ヶ月
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜99999人の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1000人〜の会社におすすめ
最低利用人数
5人
最低利用期間
1ヶ月
1人〜100000人の会社におすすめ
最低利用人数
10人
最低利用期間
1年
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
未対応
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし