会議室予約システムのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
300-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
(月額)
30,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
3,500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
3,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
50,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
ACALL MEETING(アコール ミーティング)- 会議室管理/スマートオフィス -の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
BRoomHubsの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
touch-meeの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
CC-SmartReservationの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
会議室予約効率化 ResourceLook Onlineの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
NTTデータグループ 会議室予約システム iMeeting®-Rの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
導入コストがリーズナブル・工事も不要
会議室管理システムは、導入する際の初期費用が数十万円~、加えて月額保守費用が数万円~というケースが一般的です。 一方、クラウド・アプリサービスのACALLであれば、導入コストを抑えることが可能です。例えば通常の会議室管理機能であれば、ユーザー利用料のみ(300円/月・Proプラン&年間契約の場合・税抜)でご利用いただけます。 ※タブレット・Wi-Fi環境等はお客様でご用意ください また、アプリで提供しているクラウドサービスのため、大規模な設置工事も不要。iPadを設置いただくだけでカンタンにご利用開始いただけます。
2.
充実の会議室管理機能・会議室の悩みを一度に解決!
会議室の予約がキャンセルされず、カラ予約が増産されている… 会議のファシリテーター不在で、いつまでも終わらない… お客様の現場のニーズから生まれたACALLの会議室管理機能は、 そんな悩みをすべて解決。かゆいところに手が届く充実の多機能設計です。 各オフィスのニーズに合わせて、柔軟にカスタマイズいただけます。 【会議室管理機能 一例】 ・管理画面からの、会議室空き状況一覧表示 ・お茶出し/清掃状況管理 ・会議室入室/退室管理(会議の開始/終了管理) ・未使用会議室の自動開放 ・利用状況出力 ・タイムキーパー ・アジェンダ表示 ・ドリンクオーダー ・「すぐに会議を始める」機能 ・操作ログ出力 …など
3.
会議室管理から受付・セキュリティゲートの連携まで一元化
ACALLの大きな特徴は、業務効率を上げ、社内の人も社外の人も心地よく安心・快適に働けるような柔軟な環境をつくる = 「スマートオフィス」を実現できる点です。 ACALLは、会議室管理機能にとどまらず、 アポイントの作成・招待メール送付・入館退館の記録・入館証発行・セキュリティゲート連携・カラ予約防止・タイムキーパー・ドリンクオーダー・顔認証など、 会議の前後で必要となる業務がACALL内ですべて管理できる多機能設計。 会議室管理、受付、入館セキュリティの連携まですべてを行える点は、 ACALLならではの強みです。 また、ロボット連携や自販機連携など、様々なIoT連携機能も追加しております。 ご利用環境に応じたご提案をさせていただきますので、ご相談ください。
詳細を確認
1.
直感的かつ使い勝手のよいインターフェース
時間や会議室の属性を指定して空いている会議室を検索できます。よく使う会議室の優先表示、予約した会議室の一覧表示など、高い利便性を保有しています。外出先からも予約や確認ができます。
2.
来訪者管理機能を装備
会議室の予約と同時に来訪者の登録ができるので、受付担当者との情報共有が楽になります。来訪予定者の一覧の表示、対応状況の管理など受付業務に必要な機能を装備しており、受付業務の効率化、業務量削減に貢献します。
3.
無駄な予約を排除して効率的な会議室利用を実現
自分が予約した会議室の一覧表示、リマインダーメールなどでキャンセル忘れを防止し、チェックイン・チェックアウト機能と自動キャンセルを組み合わせる事で、より効果的に会議室を有効活用可能です。会議室毎に課金設定も可能です。利用実績のファイル出力ができるため、会議室の利用傾向が把握でき、利用率向上のための対策立案に貢献します。
詳細を確認
1.
自由にデザインできるNFCシート
touch-meeではNFC(Near Field Communication)シートを利用するので、チェックイン用の端末や設置工事なしで使えます。 NFCシートとはスマホの近距離通信規格で、NFCシートにスマホをかざすだけで、会議室にチェックイン登録できます。NFCシートはtouch-meeの導入時に無料で10枚受け取れて、以降1枚1,000円で追加可能です。 NFCシートは電源不要で使えるので、近くに電源のないフリースペースでも利用可能。利用場所に合わせて好きにデザインできるので、オフィスの景観を壊さずに利用できます。
2.
ICカードでも利用できるから、スマホを持っていなくても大丈夫
NFCシートはスマホでなければ利用できませんが、touch-meeはオプションとして、ICカードにも対応可能です。 ICカードオプションは1室1,300円で、ICカード用の端末は無料でレンタルできます。会議室のキャンセルや会議の開始は、グループウェアを通してICカードで利用している社員にも通知されます。一部利用できない機能もありますが、スマホを持っていない社員でもtouch-meeは利用可能です。 利用場所と利用する社員に応じてNFCシートとICカードリーダーを使い分けられるので、どんな会議室、スペースにも柔軟に対応できます。
3.
スマホで利用状況を管理して、会議室の稼動効率アップ
touch-meeでは会議室の管理と稼動効率アップのための、様々な機能を利用できます。 NFCシートにスマホをかざすだけで利用開始時間と終了時間を記録。利用履歴をCSV形式で出力したり、一覧化したりもできるので、会議室の管理をこれまでより手軽にできるでしょう。 会議の開始時間や終了時間を元に、会議室の稼動効率を向上させる機能も豊富です。開始時間を過ぎても会議のはじまらない場合に予約を自動キャンセルしたり、予定より早くチェックアウトされた会議室を自動で開放したりと、空いた会議室を無駄なく活用できます。
詳細を確認
1.
導入から運用までタブレット一台で完結
CC-SmartReservationは、同システムおよびMicrosoft社のOffice365がインストールされたタブレットを、会議室に置いて使用するサービスです。導入に関しては専用サーバーの用意やプログラミングカスタマイズを行う必要がなく、簡単に利用開始することができます。 会議室での操作も簡単に行え、予約の確認や会議の開始ボタンなど、ワンタッチで管理することが可能です。終了時刻の5分前には自動で時刻アナウンスが流れてくる機能が備わっているため、特別な設定の必要はありません。タブレット付属マイクによる会議内容の録音機能も備わっているため、議事録の作成や関係者のリマインダー共有にも役立ちます。
2.
複数の会議室を管理する「CC-SmartReservation Lite」
会議室フロアを有しているような大企業や、会議室が事業所内にたくさん存在している工場などは、CC-SmartReservation Liteプランが最適です。CC-SmartReservation Liteプランは、CC-SmartReservationの終了時刻アナウンス通知機能およびボイスレコーダー機能を除く全ての機能を使用することができる上、複数の会議室を一台のタブレットから管理できます。事前に登録しておけば、各会議室をMAP化し、直感的に把握するように設定することも可能です。 二つのプランは片方ずつでも利用できるほか、組み合わせての利用にも対応しています。会議室の不足に悩んでいるならLiteプランを、会議が長引きがちで困っているならReservationプランを使用するのがおすすめです。
3.
30日間の無料トライアル期間
「CC-SmartReservation」、「CC-SmartReservation Lite」どちらのプランも、30日間無料で利用できるトライアル期間があります。会議に関して悩みや不具合が生じているのであれば、この期間中に本ツールを試してみるのもいいでしょう。
詳細を確認
1.
会議室の予約状況が一目でわかる
集中管理端末があれば、これ1台で集中的に管理ができるので一目で予約状況が確認できます。 たとえば、今すぐ使いたいのにどこの会議室が空いているかわからないという際、集中制御端末でどこの会議室が空いているか検索出来ます。予約はワンタッチでできるので誰でも簡単に利用できます。 また、会議室の予約以外にも、備品や社用車などの設備予約管理としても使用することができます。
2.
会議室のチャックイン/アウト機能で無駄な予約をゼロに
予約しただけで実際には使用しない会議室は実は多いのではないでしょうか。 ResourceLookの会議室用タブレットから入室/終了をリアルタイムで利用者が知らせます。 また、入室が確認されない会議室は自動キャンセルされるため、カラ予約の防止につながります。自動キャンセル前にはメール通知も可能です。その時点で、予約のキャンセルを実行したり、5分のキャンセル延長といった操作ができるので確実に使う予定のある予約のみを残します。 このほか、予約終了時刻前に会議室端末がアラームを鳴らしてお知らせします。任意の時間に最大2回のアラームが設定できます。予約済み会議室を延長して利用したい場合は、端末からワンタッチで延長予約が行えます。 さらに、チェックアウト機能により、予定より早く終わって使わない時間を開放できるので会議室の空室を有効に活用できます。チャックイン/アウト機能を利用することで本当に必要な時に、必要な分だけ会議室を使用できます。
3.
利用状況を可視化。課題を見つけて上手な会議室運用を
たとえば、「会議室が足りない」という声があるとき、実際はどうなのかを知ることができます。 ログ出力機能を利用すると、会議室端末ごとに「前日までの予約情報」と、「実際に使用された実績情報」をファイルに出力することができます。 また、レポート機能では、スケジューラの画面から、稼働率・会議室利用ランキング、キャンセルランキング、時間外の稼働率などがグラフ化されます。 このように、会議室の利用状況を可視化することで、増室を検討したり対策を考えるきっかけになります。
詳細を確認
1.
シンプル画面&簡単操作で、スムーズな会議室予約が可能 
各会議室の予約状況が一覧で確認でき、自分の予約は色でわかりやすく表示されます。 空予約(空室)などを回避し、会議室の稼働率をあげることができます。 さらに、「絞り込み機能」で条件に当てはまる会議室の予約状況を表示させることも可能です。 利用時間と開催者情報は自動で表示されるため、「利用目的・会議区分・利用者数」を入れるだけで簡単に予約ができます。変更・キャンセルの場合も予約時と同じ画面が表示され、内容の変更・削除ができます。 また、会議室の予約や変更・キャンセル状況など、利用者がどのように会議室を使っているのか、ログから確認することができます。利用実態やニーズを把握し、分析を行うことで改善ポイントを明確にできます。 このほか、受付システムと連携し、来館案内から会議室の利用まで一貫した管理ができます。グループウェアなどと連携し、会議室予約を個人スケジュールに反映することも可能です。
2.
さまざまなソリューションに対応
iMeeting®-Rは、企業の大会議室・ミーティングルームの予約管理以外にも、コワーキングスペースサービスやレンタルオフィス・貸し会議室サービスなどでも活用できます。 また、700室以上の導入実績により、ユーザーの環境・要望を聞いたうえで、無線LAN等のインフラ周りを踏まえたサービス・導入を提案・提供します。デモやトライアル、カスタマイズも可能です。 多拠点にも対応できるシステムで、膨大な会議室を一元管理できます。会議室情報が変更されても管理画面から会議室情報を更新できます。増床、レイアウト変更、移転などにも簡単に対応できます。
3.
低コストでスピーディーな導入が可能
クラウドから利用することで、ハードウェアの調達や基盤構築、専用アプリケーション等が不要なため構築や初期費用の負担が軽減できます。 もちろん、自社内の設備によって運用するオンプレミスでも構築可能です。企業の方針に合わせて導入できます。
詳細を確認
最低利用人数
10人
最低利用期間
1年
最低利用人数
0人
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
50人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
500人〜500000人の会社におすすめ
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能