メンタルヘルスのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
ストレスチェック
利用可能
セルフケア
利用可能
コミュニケーションスキル
利用可能
労務管理
利用可能
一般社員
利用可能
管理職
利用可能
eラーニング
利用可能
ストレスチェック
情報なし
セルフケア
情報なし
コミュニケーションスキル
利用可能
労務管理
利用可能
一般社員
利用可能
管理職
利用可能
eラーニング
未対応
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
200-
情報なし
無料トライアル
未対応
無料プラン
未対応
初期費用
300,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
ラフールサーベイの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
体験型メンタルヘルス研修「ウツ会議」の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
組織改善の新指標“プレゼンティズム”を見える化
病気や体調不良による欠勤や休職、遅刻・早退による生産性が低下している状態「アブセンティズム(absenteeism)」に対して、出勤しているのに何らかの理由・不調を抱え、生産性が上がっていない状態を「プレゼンティズム(presenteeism)」とよびます。 従来のストレスチェックやエンゲージメントツールでは測りきれなかった、組織の生産性(健康・エンゲージメント・衛生要因)、 職場・個人リスク(ハラスメントリスク・労務リスク・高ストレス者) を包括的に把握できるのが、『ラフールサーベイ』です。
2.
ショート/スタンダードの2種のサーベイで多角的に組織課題を調査
タイプの異なる2種の調査方法で実施が可能。 ●ショートサーベイ メンタル・フィジカル・エンゲージメント(ワーク)の状態を数値化。 月次での変化を追いながら課題への対策効果を可視化。 ●スタンダードサーベイ 従来のストレスチェックでは把握できない、受験者の性格、衛生要因(給与・評価・福利厚生)、エンゲージメント(エンプロイー・ワーク)を追加で調査。
3.
4つの独自指標で組織の「今」と「なぜ」を徹底分析
● ラフールネス指数による可視化 「総合」「個人」「職場」の3つに対して、他社比較と時系列比較により、それぞれの位置や変化をラフールネス指標として表し、直感的なグラフと数字で把握することが可能。 メンタル/フィジカル反応やエンゲージメント、職場環境などの従来のストレスチェックだけでは把握できなかった多角的な指標を可視化することにより、離職・精神疾患に伴う労務リスクの未然防止や組織のパフォーマンスを測ることができます。 ● 部署ごとのリスク要因を一望化 部署ごと、さらに男女別にもデータ分析が可能。他部署との比較や経年変化の追跡が可能となるだけなく、危険ゾーンとなる箇所が一目でわかる直感的な表現で確認ができます。
詳細を確認
1.
楽しみながら簡単に出来るので、拒否感がなく主体的に参加出来ます
通常、うつ病やメンタルヘルスの研修は気が進みづらいものです。 また、専門用語が飛び交うために難解になるものも多いです。 ウツ会議は学びをゲームにすることで、 参加者が自主的に競って行うように工夫されています。 驚くべきことにプレーヤーはうつ病についての学習を 笑いながら行うことが出来ます。 (もちろん、差別的ではありません。) 不謹慎に思われるかもしれませんが、 健常者に、うつ病の辛い症状を「辛く受け取れ」と言うと、 こうした学習から足が遠のいてしまいます。 私達は辛い事を進んで行うのは難しい生物なのです。 日々の忙しい仕事のノルマや、 休日遊ぶ内容について、 夕食に食べるおいしいゴハンなど、 辛いことを学ぶより楽しいことがたくさんあり、 人間は楽しいことを考えるほうが好きなのです。 せいぜい会社から言われたメンタルヘルス研修を嫌々受けるが関の山です。 結果、うつ病の症状について学ぶことが出来ずに、 実際に当事者が発生した時に対応できなくなってしまう。 そんな状況を改善するために、 「ウツ会議」は楽しくやらざるを得ないように作りました。
2.
綿密な取材に基づいたリアリティ
「患者や周囲の人」100人弱のインタビューと膨大なテストを元に、わかって欲しい症状やうつ病対策として効果の高い対処等を現実に沿って作っています。 例えば、「専門用語も知ってほしいけど、その具体例も知ってほしい。」というフィードバックから、同時併記するようにしました。 その具体例は”患者たちのリアルな声”から作っています。 ホームで電車に吸い込まれそうになる。 上司からのプライベート携帯への電話。 など、当事者に聞いたからこそわかったリアルを詰め込みました。 インタビューは開発のためだけでなく、ニーズ調査のためでもありました。 その結果、うつ病当人だけでなくその周りの人達もとても悩んでいることがわかりました。 中には身近な人に亡くなられてしまい、「一生悔やみ続ける」と言っていた人もおられます。 メンタルヘルスとは、当事者だけの問題ではありません。周りにいる友人・知人・家族・親族に一人でも自殺者が出ればあなたの人生に大きな影響を及ぼします。 ウツ会議はそうした自殺する人、その自殺を止められず悔いる人を一人でも減らすために日々ブラッシュアップし続けています。
3.
経営者とうつ病患者の両方の視点から実践出来る内容に
メンタルヘルスがいくら大事と言っても、組織や企業のリソース(ヒト・モノ・カネ)は限られています。 何でもかんでも手厚くサポートできるわけではありません。 それは経営者の端くれである開発者の広瀬も重々に承知しております。 そこで出来るだけ企業にとって負担が少なく、効果的な対処をお伝えしております。 「ウツ会議」ではまずうつ病患者のサポート全体像を把握します。いきなり個別対策をするのではなく、全体最適で行えるようにしてムダを省きます。 全体像を学んだあとは具体的な声掛けなどについて質疑応答を通してお伝えします。 声掛けの訓練も別途研修を用意しておりますが、こちらもゲームで内製化出来るものになっています。一度内製化してしまえば毎回研修として呼び続ける必要がなくなり、コストカット出来ます。
詳細を確認
最低利用人数
6人
最低利用期間
1年
最低利用人数
3人
最低利用期間
情報なし
3人〜30人の会社におすすめ
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし