リスクコンサルのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
スマホ対応
利用可能
スマホアプリ
利用可能
スケジュール
未対応
設備予約
未対応
電話メモ
未対応
掲示板
利用可能
ToDo
未対応
文書管理(wiki)
未対応
ファイル共有
利用可能
タイムカード
未対応
アドレス帳
利用可能
ワークフロー
未対応
報告書・議事録作成
未対応
プロジェクト管理
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
6,800-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
リスクモニタリング(ネット炎上・SNSリスクの投稿監視)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
インターネット風評監視・モニタリングの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
24時間365日
インターネット・SNSのトラブルは休日・夜間に多く発生します。深夜にトラブルが発生し、気付かず翌朝出社したら手がつけられないほど騒ぎが大きくなっていたというケースは多々あります。 当サービスでは、人工知能と専門スタッフが24時間365日体制でお客様にかわって見守るため、リスクを早期検知・早期対応することが可能です。
2.
分析・レポート
書き込みトラブルやネガティブな投稿を発見しても、何が批判の対象となっているのか正確に把握しないと、的はずれな対応をして被害が拡大してしまいます。 当サービスでは、独自の炎上データベースや類似事例をもとに、批判される要素を分析、結果と改善方法を日次・月次レポートでご報告します。コンサルタントが定期的に訪問し、改善策をご提案いたします。
3.
緊急対応支援
インターネットやSNS上のトラブル対応は、対象が不特定多数の匿名ユーザーとなるため対処方法が極めて難しいです。 当サービスでは、コンサルタントが過去の炎上事例や類似事例を分析、当社独自のデータベースをもとに適切な対処法をアドバイス、沈静化までサポートします。
詳細を確認
1.
ネット風評監視黎明期から風評監視サービスとして確立。
ネット上のモニタリングサービスは主としてマーケティング目的で使われることが多いようです。しかしながら当社ではいち早くモニタリングサービスを風評監視の一環として使用してきました。インターネット選挙運動が注目され始めた2013年、サイバーパトロール本格化が話題となった2014年、2015年。これらの監視業務に当社サービスが導入されている事からも、黎明期からそのサービスを確立してきたことがおわかりいただけるかと思います。
2.
警察庁、官公庁実績多数。品質には自信があります。
インターネット選挙運動が話題となった2013年、警察庁のサイバーパトロールを受託した2014年、2015年。これらの監視業務に当社サービスを利用いただき、その信頼性の高さとクオリティーには絶対的な自信があります。現在も大手企業、官公庁、地方自治体などへサービスを提供しており、リスク対策におけるモニタリングサービスは企業コンプライアンスの観点からも今後増々ニーズが高まっていくと考えられます。
3.
監視から対策、記者会見やその対策費用の保険までワンストップ。
当社のサービスは有人/無人のネット監視から逆SEO/サジェスト対策による沈静化はもちろんのこと、PR会社と提携することにより、万が一の際のプレスリリース配信や記者会見開催まで全てフォローしています。またこれら万が一の際の費用をネット監視を行いながら保険として積み立ててておける、約款付きの炎上保険もご用意しております。風評監視のことなら是非プロフェッショナルの私どもにお任せください。
詳細を確認
1.
一斉送信だけじゃない!対策指示までできるコミュニケーション機能を実装
サイボウズスタートアップスの安否確認サービス2では、緊急時の一斉送信に加えて、経営陣やマネージャーを中心に議論を行なうためのメッセージ機能と、一般社員の方々へ現状報告や方針の伝達、また多くの意見や報告を求めるための掲示板機能の2つのコミュニケーション機能を安否確認システムに実装しました。 単なる「安否確認」だけではなく、企業の継続を目指すBCPを実現するのであれば、議論を行なうためのコミュニケーション機能が必須と言えます。
2.
災害時に心配となる瞬間的なアクセス急増やメールの遅配にも対応!
弊社では、自前サーバーでのシステム構築は、事前準備と集中アクセスの推測に限界があり、システム増強も後手の対応となる可能性が高いと考えたため、クラウドサービス(Amazon Web Service)を利用しております。 巨大なシステムリソースを、緊急時に惜しげもなく利用できるためです。 システムは気象庁から発表される地震速報により、ユーザーのアクセスが始まる前に自動的に拡張させています。日常時でもシステム負荷が上がれば、自動的にシステム拡張いたしますが、災害時の想像を上回る集中アクセスには、システムを想定以上に大きくすることが不可欠と考えております。 また、災害時に安否確認メールがユーザーの手元に届くというのは、安定してアクセスできる事と同様に重要です。メールは、スマートフォンアプリやTwitterとは違い、メールサーバーが混み合うと通信規制がかかっていなくとも、送受信の遅延が発生します。 サイボウズスタートアップスの安否確認サービス2では、月間300億通以上のメールを配信している「SendGrid(センドグリッド)」というメール配信システムを利用しており、大量かつ高速なメール配信を実現しています。 メール配信サーバーは、安否確認サービスのサーバーと同様に国際分散されているため、国内の災害に強い設計となっています。 又、無効なメールアドレスには何度も送信しない等の処理を行っている為、安否確認サービスから配信されるメールが迷惑メールと判定されにくくなっています。
3.
グループウェアのユーザーインターフェイスを踏襲。使いやすい画面構成
機能のあり・無しの比較だけでも他社に劣ることは無い安否確認サービス2ですが、実は多くのお客様が導入する時に気にするのが「使いやすさ」です。 あり・無し、の比較表では分からない要素ですが、緊急時に多くの社員に操作してもらうためには「使いやすさ」「わかりやすさ」は必要不可欠です。 安否確認サービス2は、普段から皆さんが利用しているグループウェアのユーザーインターフェイスを踏襲した、分かりやすいデザインで提供しています。もちろん、グループウェアを利用していない方にも、すぐわかる簡単な画面構成です。 30日間のトライアルで是非体感してください。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
50人
最低利用期間
1ヶ月
50人〜50000人の会社におすすめ
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能