サンドボックスのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
Adobeファイル対応
利用可能
exeファイル対応
利用可能
MSファイル対応
利用可能
Java対応
情報なし
マルウェア遮断
利用可能
管理者への通知
利用可能
Adobeファイル対応
利用可能
exeファイル対応
利用可能
MSファイル対応
利用可能
Java対応
利用可能
マルウェア遮断
利用可能
管理者への通知
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
3,000,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
FireEye NXシリーズの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
カスタムサンドボックス
ターゲットになっている企業にとって、その攻撃が本当に脅威になるかどうかは、デスクトップの実環境に依存しています。デスクトップと異なる環境でエミュレーションを行うサンドボックスでは意味を成しません。 トレンドマイクロの「カスタムサンドボックス」は、日本語環境をはじめ、デスクトップで用いられているソフトウェアなどの実環境をサポートしています。使用しているOS、ドライバ、インストール済みアプリケーションなど環境に合わせてエミュレーションを行い、本当の脅威をあぶりだすことができます。
2.
内部対策
例えば、PsExec.exeの実行など、通常管理者が使用する限りは問題のないコマンドも、ドロップされるファイルが不正であれば、アクションそのものが不正であるといえます。 Deep Discovery Inspectorは、管理者権限を奪取されたうえ実行されるアクションなどを多面的に分析し、異常を検出します。
3.
入口/出口対策
Deep Discovery Inspectorをスイッチのミラーポートにつなぐことで、ネットワークの入口/出口監視に用いることも可能です。 サンドボックスのみならず、通信やファイルのふるまい、異常検出などの静的解析を用いて、パターンファイルだけでは検出できない攻撃を検出します。
詳細を確認
1.
確実に防御する高いセキュリティ性
FireEye NXシリーズでは、独自の解析エンジン「MVX」を採用。これにより、今まで対応が難しかった偽装マルウェアや複数の連続したファイル通信を利用した複合的な攻撃検出・解析を実現し、検知が難しい、メール・サイト・ファイルサーバからの攻撃を検知します。 また、セキュリティ侵害の明確な証拠、具体的な脅威情報、インラインでのブロック、対応ワークフローの自動化によって、サイバー攻撃の迅速な防御と封じ込めを支援。各種オペレーティング・システム、アプリケーションを一貫したレベルのセキュリティで保護し、組織の強固なセキュリティ環境を実現します。
2.
ネットワーク内部に潜伏する攻撃者を検知
FireEye OS 8.1 以降に搭載された新機能「SmartVision」は、ネットワーク内部の不審なトラフィックをリアルタイムに監視します。 専用に定義された120以上のルールによりネットワーク内部に潜伏している攻撃者の活動を検知し、NX のほかの検知機能と共に攻撃ライフサイクル全体をカバーします。また、SmartVision はネットワーク内で感染を広げるランサムウェアなどの検知にも有効です。
3.
マルウエア情報を世界中で共有
FireEye Dynamic Threat Intelligenceというクラウドサービスで、最新のマルウエアやウイルス情報をリアルタイムで共有しています。これにより、常に発生する未知の攻撃に対しても迅速かつ予防的な防御が可能に。よりセキュリティを強固なものにしています。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
5年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし