SEOツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
100,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
0-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
98,000-
情報なし
利用料
(月額)
98,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
6,800-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(年額)
13,200-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Keywordmap for SEOの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
LinkS@T(リンクサット)Webリンク探索・解析サービスの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
世界最大量の日本語データを保有する分析ツール
保有しているデータは統計処理などをおこなった類推データを含まないので、すべて実データに基づいた分析を実現しています。 ほぼすべての日本語キーワード(新出単語も含め)データの検索結果情報を保有しているだけでなく、国内で公開されているWebサイトのコンテンツ情報を保有し体系的に網羅しているので、幅広い調査・分析が可能です。
2.
50機能でサイト分析・運用を網羅
自社・競合が獲得しているキーワードの調査といったSEOへの様々な対策はもちろんのこと、ユーザーニーズの分析、記事コンテンツの見出し案作成、競合のコンテンツ調査など、コンテンツマーケティングに必要な対策機能も完備。 さらにPC・スマホデータに基づいた広告を最適化するための出稿キーワード、広告文、バナーの調査が可能。ローカル環境にダウンロードするレポーティング機能も充実しています。
3.
代理店から戦略ファーム、EC、人材などWeb注力企業が活用
Webマーケティングに力を入れる企業に導入されています。 導入していただくだけではなく、Keywordmapが事業成長にカスタマーサクセスチームが支援いたします。 機能面での迅速なサポートにはじまり、Keywordmapをより効果的に活用していただくためのトレーニング会の実施、さらにはKPI設定や活用アドバイスなど各社ごとに事業成長にかかわるお手伝いをいたします。
詳細を確認
1.
大量キーワードのモニタリング
DemandMetricsでは、大量キーワードのモニタリングが可能です。そのため、データベース型の大規模なサイトや大規模メディアでも活用できます。 1キーワードごとの確認ももちろんできますが、キーワードをグループに分類することで、カテゴリ別・種類別の塊として、確認・比較することも可能です。
2.
競合調査・分析機能
DemandMetricsでは、競合サイトの順位動向を的確に把握することが可能です。また、検索結果ページ全体の順位動向を把握することもできます。 競合比較機能では、検索競合・業界の動向に注視するために、SEOのデータを毎日アップデートし、最新のSEOデータでモニタリングができる環境が整っています。自社サイトを競合より良いサイトにしていくために、日次で競合をモニタリングし、業界、競合の変化を即座に追える環境が整っており、特に比較すべき競合については、詳細なデータをもとに比較することが可能です。 しかし、事業上の競合と検索エンジン上の競合は必ずしも一致せず、また、急成長しているスタートアップの発見も欠かせません。 そのため、自社が現状、競合と認識しているサイトのモニタリングだけではなく、今まで把握していなかった伸びつつあるサイトを発見することも重要なのです。DemandMetricsの競合発見機能では、潜在的な競合サイトの発見もアシストしてくれます。
3.
集計業務の効率化
モニタリング、カスタムダッシュボード、自動メール通知などによって、煩雑な集計業務を効率化することができます。 コンテンツレポート機能では、ページ別に順位と合わせて流入数、直帰率などが確認できます。Google Analyticsを連携することで、コンテンツの、サイト上での動きや検索結果上での評価を一覧で確認することが可能です。 また、Google Analyticsの設定で、熟読率やナビゲーションや絞り込み検索の利用状況を取得できるようにしておくことで、更に深い分析も可能になります。
詳細を確認
1.
検索数や時期の把握ができる
関心度の高いキーワードや、検索数、人気のある複合検索ワードは、クロスリスティングが提携をしている大手のポータルサイト検索データをもとに知ることができます。 キーワード検索数の調査ツールであるキーワードウォッチャーではそれが可能となります。
2.
関心度の高いキーワードが知れる
キーワードウォッチャーには、「ゴールドプラン」があります。このプランに登録すると、検索者がどんなことに関心を持ち、どのキーワードが使われているのかがわかる「関心ワード」という機能が利用できます。 どのように取得するのかというと、計測タグをサイトに設置して行います。新たなキーワードの発見につながり、その後のコンテンツの作成や、広告キーワードの変更などに有効的に利用できます。
3.
リスティング広告に効果的なキーワードを知れる
リスティング広告を出稿するときに重要なのは、何を顧客が求めているかを知ることです。ある不動産の情報サイトの例では、問い合わせ件数の増加が一番の目的でした。まず取り組んだことは、「関心ワード」のタグを設置し、そのことによりサイト訪問者が「結婚指輪」にも興味があり、関連して検索する傾向にあることを知りました。それまでは、「地域」や「不動産情報」をいうキーワードでリスティング広告をしていましたが、新たに発見した「婚約」や「結婚」に関係したものを追加し、不動産情報に興味、関心のある顧客に、サービスのアプローチが可能となりました。
詳細を確認
1.
豊富な実績に基づくWebマーケティングの戦略をトータルに提供
ウィルゲートは累計5,600社以上の企業にWebマーケティングの支援を提供してきた実績のある企業です。その実績から蓄積されたノウハウをベースに企業に各種「コンテンツマーケティング」のソリューションを提案しています。「コンテンツマーケティング」とはエンドユーザーに質の高いコンテンツを提供することでユーザーを呼び込み、商品やサービスへの関心や購入につなげるマーケティング手法です。 ウィルゲートではWebマーケティングの戦略プランニングなどの全体像の設計から、SEOコンサルティング施策、集客効果を狙う質の高いコンテンツの企画・制作などの具体的な支援など、トータルにサービス提供しています。
2.
企業内に制作チームを抱えずにスムーズにWebマーケティングを実現
Webマーケティング施策を実施しようとした際、社内にコンテンツを作れる社員がおらず思うように進まないという企業が多いです。そのような企業向けにウィルゲートでは、企業をコンテンツ作成の面から支援するサービスも展開しています。 ウィルゲートが運営する「エディトル」はWebメディア作成に欠かせないライターやクリエーターを探し、制作チームの構築代行までを依頼できるサービスです。登録クリエーター数は24万人にものぼり、教育や管理まで「エディトル」がサポートしてくれます。 他にも記事作成だけを単体で代行依頼できるサービス「サグーワークス」も提供されており、企業のスムーズなWebマーケティングの実現を支援しています。
3.
価値ある情報を提供する各種メディアを複数運営
ウィルゲートでは大手出版社と共同で多種多様なWebメディアを運営しています。個々の雑誌編集者がその強みを活かして作成する質の高いコンテンツから、読者モデルやユーザーが利用者目線で投稿するコンテンツなど幅広い情報発信を行っています。 世の中に価値のある情報を提供し、読者を集めることでさらに情報が集まるプラットフォームを構築し、企業にとって様々な活用価値を生みだしています。 【運営メディア例】 ・主婦の暮らしのアイデア投稿サイト「暮らしニスタ」(株式会社主婦の友社と共同運営) ・妊娠・出産・子育ての情報サイト「Milly」(株式会社主婦の友社と共同運営) ・アウトドア専門の情報サイト「BE-PAL」(株式会社小学館と共同運営) ・ボタニカルライフの提案サイト「花時間」(株式会社KADOKAWA出版社と共同運営)
詳細を確認
1.
ポテンシャルキーワードを一目で発見
SEOを行う上で、順位改善することで収益や流入に対するインパクトを起こせるキーワードを発見することは重要な課題です。つまり、「検索ボリュームが大きく」「上位表示まであと少し」であるキーワードを分析する手立てが有効だと言えるでしょう。逆に、「検索ボリュームの少ないキーワード」や「競争が激しく上位表示まで大きな隔たりがあるキーワード」に対する改善施策は投資対効果が悪いケースが大半だと言えます。 Paddle SEO では、「ターゲット順位まであと少し」のキーワードを「検索ボリュームの多い順」に把握することで、これまで気が付いていなかったポテンシャルキーワードの発見をサポートします。
2.
専用ダッシュボードによる定点モニタリング
Google Search Consoleのデータを基に、BIツールでビジュアライズした、高機能ダッシュボードツールがPaddle SEO。 これによって、SEOのアクションによる改善効果の検証が可能です。また、表示回数をモニタリングすることで、検索ニーズのトレンドも把握できます。
3.
蓄積したログデータによる長期間にわたる分析が可能
Google Search Consoleでは、過去90日分のデータしか表示されません。対して、Paddle SEOでは契約時から全期間のデータが蓄積されていきます。 そのため、対昨年比較や、シーズナリティの分析など、長期間にわたる分析を行うことが可能です。
詳細を確認
1.
順位の変動を把握できる
検索ランキングの順位は、日々さまざまな要因で動いています。Gyro-n SEOでは、前日比を眺めているだけではつかむことのできない直近の順位の変動を検索結果画面に一覧で表示してくれます。 これにより、注意しなければならない必要なワードやメンテナンスを行うべきワードなどを、一目で把握することが可能になります。 また、パソコンにインストールして利用するタイプの順位チェックツールでは、順位をチェックするためにパソコンを開き続ける必要があり、順位チェックにも非常に時間がかかってしまっていました。しかも、スリープモードになった場合には、順位チェックが止まってしまうものもあり、非常に非効率です。 Gyro-nSEOは、クラウド型の順位チェックツールであるため、朝ログインする時点で順位チェックが終わっており、効率的であるというメリットもあります。
2.
競合をマーク
自社の検索順位を定点観測できるツールはよくありますが、競合サイトの順位の推移がわからないのがネックになっているツールも多くありました。 例えば、自社の順位が低下していても、競合も一斉に下がっているのであれば、評価軸が変わったことが要因で一斉に落ちている可能性があります。対して、競合の順位が下がることなく、自社の順位だけ下がっている場合には、自社に対してマイナスの評価がされている可能性が高く、マイナスポイントを洗い出して対策を打つ必要性があるでしょう。 そのため、管理キーワードに対して競合を的確にベンチマークすることが非常に重要になります。 Gyro-n SEOでは、各キーワード・グループごとに競合サイトと比較し、推移を表示してくれるため、順位が下落した場合にも対策が打ちやすくなります。
3.
コンテンツ分析
検索順位をあげるには、さまざまなポイントをチェックする必要があります。 Gyro-n SEOは、検索エンジンからの評価をあげるために必要なポイントを、ページ分析機能によってチェックすることが可能です。さらに、ページの最適化すべき箇所や細やかなSEOチューニングに効果を発揮します。
詳細を確認
1.
導入の容易さ
リンクサットはASPサービスのため、新たにソフトウェアやハードウェアを導入する必要はありません。対象のURLを指定するだけで、簡単に利用を開始することができます。
2.
自動解析
システムによって自動で解析を実行します。定期的に自動で解析を開始するので、人力でリンクをチェックする必要がなくなり、サイト管理の負担を大きく減らします。
3.
専用管理画面
専用の管理画面上で、リンク探索の設定、実行と、詳細な結果を閲覧することができます。解析したページのURLをリスト表示するので、リンク切れ箇所を一目で確認することができます。
詳細を確認
1.
パソコン起動が不要
検索順位チェックツールの中には、ソフトをインストールしたパソコンを利用して検索順位を取得するものが多数あります。SEO TALKは、ディーボのサーバーを利用して、検索順位を取得します。そのため、自分のパソコンを起動する必要がありません。 SEO TALKなら、毎日自動でGoogle・Yahoo!のキーワード順位を300位までチェック可能。 パソコンの起動の必要がないことで、節電やセキュリティ強化の面でも役立ちます。
2.
インストール不要
検索順位をチェックするツールの多くは、パソコンにソフトをインストールする必要があります。SEO TALKなら、パソコンにソフトをインストールする必要はありません。 WEBブラウザでSEO TALKにログインするだけで、どこからでも利用できますし、部署やクライアントとも検索順位の共有が可能です。 順位を取得するまでの流れとしては、SEO TALKにログインしてURL・キーワードを入力します。そうすると、翌日から300位までの順位を自動で取得することができます。
3.
メモ機能・CSV出力機能つき
SEO対策を実施する上では、検索順位の変動と実施した施策の効果を照らし合わせた上で検証することが非常に重要です。 SEO TALKには、グラフ上に施策内容や効果をメモできる機能がついています。そのため忘れてしまう心配がありません。 また、メモしたデータはSEO TALKを契約している期間中は保存されているため、1ヵ月後や半年後などに施策について振り返ることも可能です。 施策内容については、CSVで出力してダウンロードすることもできるので、クライアントへの報告の際にも活用しやすいメリットがあります。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
5人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
1人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし