スマホアプリ制作ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
1,550-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
(月額)
29,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
20,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
GMOおみせアプリの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Platio(プラティオ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
CLINKS(クリンクス)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
"あつめる"、"とどける"、"そだてる"、o2oに必要な機能が満載
GMOおみせアプリにはスタンプ・ポイントカードの電子化機能やweb予約、オンライン決済、クーポン、プッシュ通知、サブスクリプション、回数券などお客様とお店の関係性を深める上で有効な機能が実装されています。
2.
豊富な制作実績外部サービスとの連携、カスタマイズにも対応
2,000社以上の導入実績の中で培った豊富な引き出しから、外部システムとの連携やデザインや機能のカスタマイズも幅広く対応しております。
3.
ディレクション、開発、申請、アップデートも全ておまかせ
GMOおみせアプリは開発時の面倒なやりとりもございません。 お客様のご要望をしっかりヒアリングさせていただき、 開発からストア申請まで弊社に全ておまかせください。 アプリのバージョンアップ対応も無料で対応いたします。
詳細を確認
1.
カンタン制作
Yappliはアプリの開発・運用・分析をオールインワンで利用可能なプラットフォームです。導入実績は400社以上で、あらゆるビジネスシーンに対応します。アプリを開発するのにプログラミングは不要で、幅広いデザインのネイティブアプリをスピード開発することが可能です。 ブランドの世界観を表現できるデザイン性を備えており、クロスプラットフォームにも対応しています。また、これまでの導入実績で培ってきたノウハウから、確実に効果につながる機能が用意されています。プラットフォームは毎年100以上アップデートしており、進化しています。iOS/Android両方のOSアップデートにも無償で対応しており、常に最新のOSでアプリを提供できます。
2.
カンタン運用
画像やテキストの更新、機能の差し替え、デザイン変更などをすべてブラウザで直感的に操作できる管理画面になっており、ブログ感覚で誰でも簡単に更新できるため、システム専門の部門を通さなくても編集作業が行えます。また、更新内容がリアルタイムでチェックできるため、PDCAもスピーディに回すことができ、施策をすぐに実行することができます。 更新作業の際には公開前にプレビュー用アプリで事前に画面を確認することもでき、さらに施策の効果を検証するための分析機能も提供しています。また、サポートも充実しており、管理画面の不明点など困った場合のカスタマーサポートはもちろん、申請時のストアサポートやDL施策・ASO対策など成功への運用支援もカスタマーサクセスによってサポートが受けられます。
3.
豊富な機能&多彩な外部連携
ポイントカードやフォトフレーム機能、顧客属性に沿ったプッシュ通知など、アプリならではの機能が満載です。Yappliはこれまで販促支援はもちろん、会員向けやメディア、社内向けなどさまざまな用途で活用されてきたのでさまざまな機能を備えています。たとえばスタンプカード機能なら、QRコードを読み取ってアプリ内でスタンプが付与することができるため、再来店を促進し、さらにカード印刷費の削減にもつながります。 また、プッシュ通知機能ではスマホの待ち受け画面にメッセージをリアルタイム配信でき、メルマガのように個人情報の登録不要で、顧客に対して即時性のあるリーチが可能です。さらにビデオ機能ではYoutubeと連携させ、ブランド紹介やイベントの動画を配信することもできます。
詳細を確認
1.
SDKの組み込みなしで配布可能
DeployGateは、SDKを組み込まなくても今お使いのパッケージをそのまま配布し、アップデートも配布できます。サインアップしてから、わずか30秒でアプリの配布を開始できるので、即テスト配信が可能。 テスト配信までに数時間かかるものや審査のために1日かかるものもあるので、スピード感に優れています。 ただし、クラッシュレポートの取得や各種ログの取得を行う場合には、SDKの使用が必要になります。
2.
テスターのユーザー登録不要
ワンクリックで生成した配布ページからアプリをダウンロードする際には、ユーザー登録をする必要はありません。 そのため、いちいちテスターの招待やユーザー登録を行う手間がかからず、メールやソーシャルメディアなどで配布用ランディングサイトのURLを共有するだけの最短フローでコンバージョンを落とさずに手間なく素早くインストールして試すことができます。 また、テスター自身がDeployGateのアカウントをセットアップしなくても、インストールした端末には自動的にIDが割り当てられるので、自動でログや端末情報をトラッキングしたり、継続的に最新版の更新を通知したりすることも可能。
3.
リアルタイムに反映
ブラウザのリロードの必要がなく、リアルタイムでアプリのインストール状況などを画面に反映させることができます。そのため、離れた場所にいても目の前にいるかのように、アプリや端末の動きを把握することができます。 DeployGateでは、アップロードした瞬間に、テスター端末に修正アプリの構築が送られます。そのため、1日に何度でも時間を待たずに試行錯誤でき、限られた時間の中で多くの問題を解決できるよう作業を効率化できます。 また、チャットワークやHipChatなどのコミュニケーションツールと連携できるので、発生するさまざまなアクティビティをタイムリーにプロジェクトメンバーと共有できます。これにより、各種レポートなどもこまめに気付いて改善に務めることができます。
詳細を確認
1.
簡単作業でアプリを作成
JointAppsが多くの人に支持されている最大の理由は、簡単な作業でアプリを作ることができる点です。複雑なプログラミング作業や動作確認を経ることなく、用意されたブロックを繋ぐだけで簡単にアプリが完成します。機能としてはシンプルなアプリが多いですが、プログラミングの知識がまったくない人でも気軽にアプリを作ることが可能です。 また実際のアプリ制作を簡略化したアプリであるので、これから本格的にプログラミングを学んでアプリ作りに取り組みたい人の練習としても機能します。アプリ制作ではプログラミング作業以前の設計が非常に重要です。JointAppsでアプリを作る中で、アプリに必要な要素や用件について考える作業はプログラミングを学んでからアプリを作る際にも役に立ちます。
2.
タブレット1台で作って遊べる
JointAppsは主に2つの要素で成り立っています。アプリを作成するためのブラウザアプリと、実際に作ったアプリをインストールして遊ぶスマートフォン向けアプリです。JointAppsの魅力を最大限楽しみたいのであれば、作成とアプリの使用を両立しているタブレット型デバイスでの利用がおすすめです。 具体的にどのようなアプリが作れるのかという例をあげると、たとえばピアノの鍵盤を画面に表示して、画面をタップすると音が出る、というようなアプリを作ることができます。あらかじめ用意されているピアノの鍵盤の素材を登録し、画面の中に鍵盤を作る作業が最初のステップになります。鍵盤が完成したら、今度は音を埋め込んでいきます。ピアノの音に関する素材もJointAppsの中に用意されているので、鍵盤の数に合わせて音の情報を登録します。情報を入力した後にレイアウトを確認したらピアノアプリの完成です。
3.
カメラや地図機能を備えたアプリも作れる
カメラや地図アプリに対応したキットがブロックとして用意されており、これらの機能を備えたアプリを作ることが可能です。公式ホームページにある「みんなのつくったアプリ」のページから、どのようなアプリを作れるのか確認できます。登録されているアプリの中には、写真撮影や落書き帳から、メール機能を備えたクオリティの高いアプリまで存在します。 JointAppsの機能を活用すれば、誰でもこのようなアプリを作成可能です。自分が作ったアプリを他のユーザーに使用してもらえるのも楽しみ方のひとつといえます。
詳細を確認
1.
低料金で効率よく店舗展開が可能
アプスタは低料金でさまざまな機能を活用することが可能です。低コストで利用しながら実践的に効果を精査することが出来るので、個人店や小規模の店舗運営から始めるショップには魅力的なサービスのひとつと言えるでしょう。 2種類のプランが用意されており、「バリュープラン」は初期費用プラス月々29,000円で、分析機能を含むカスタマイズできる初心者にも適したプランです。チェーン展開していて複数店舗の管理が必要なショップ向けの「エンタープライズプラン」もあります。また、初期費用プラス月々50,000円から使用できるステップアッププランも用意されており、利用者別によってプランをチョイスすることができます。
2.
モジュール化した機能で自由に管理できる
アプスタはさまざまな機能をショップに合せてカスタマイズ可能で、お店と顧客をダイレクトにつなげるさまざまなツール機能が搭載されています。適切なターゲットに向けたクーポン発行や通知が届いたことを知らせるプッシュ機能や、店舗の詳しいプロフィールと併せてその場ですぐに問い合わせできるワンプッシュ電話機能など、さまざまなツールを店舗ごとに好きなようにカスタマイズできます。 アプスタの機能をしっかり理解すればするほど、店舗ごとにあったオリジナルツールで集客することが可能となり、必要な分析データなどもすべて店舗側にて管理が実現できます。
3.
1000社以上の確実な実績とノウハウ
各企業や店舗に提供し続けてきたWEBサービスや制作・システムの開発に至るまであらゆるノウハウをもっており、これまでに培ってきた実績は1000社以上です。確実な実績と共に積み上げてきた独自の技術力が最大限につめこまれた商品サービスといえます。こうした高い技術力が背景にあるからこそ、小規模店舗から大型のチェーン店まで店舗の大きさに関係なく各店舗に応じた利用が可能となります。 どこよりも高い技術により各店舗の求めるニーズに対して最適な商品サービスの提案ができると同時に、いまも尚、高いクオリティを求めて技術のメンテナンスを行っています。分かりやすくすぐに試せて実感できるサービスなので、誰でも安心して利用できます。
詳細を確認
1.
誰でも業務に合わせたアプリを作成
100種類あるテンプレートから選び、設定するだけでアプリが完成。業務に合わせて項目などを柔軟に設定できる。
2.
直感的に、どこでもアプリが使える
わかりやすいUIとリスト選択や自動入力といった機能により、誰でも簡単に情報を入力。オフラインでも利用でき、時と場所を選ばずにアプリがスムーズに使える。
3.
入力された情報はリアルタイムに共有
入力されたデータはアプリはもちろん、管理画面ではリストやグラフ形式ですぐに確認できる。ソートや絞り込みも簡単で、データはExcelやCSVでの入出力も可能。
詳細を確認
1.
情報整理されたクラッシュレポート
Crashlyticsには、大量のクラッシュレポートを管理しやすい問題のリストに整理し、プログラムの実行に必要なコンテキスト情報を追加するとともに、クラッシュの重大度と蔓延度を示す機能が付いています。 この機能によって、クラッシュの根本原因をより迅速に特定することができるでしょう。
2.
アナリティクスとの統合
Crashlyticsは、アプリのエラーをアナリティクスのapp_exceptionイベントとしてキャプチャできます。 このイベントを使用することで、クラッシュに至るまでに発生したほかのイベントのリストにアクセスできるため、デバッグが簡単になります。また、クラッシュしたユーザーのアナリティクスレポートを取得できるため、オーディエンス分析も可能になります。
3.
最新情報をアラートしてくれる
安定性の問題は、いつ発生するかわかりません。 Crashlyticsは、ビルドを監視し、1つの問題が統計的にクラッシュの大多数を占めているかどうかを確認してくれます。そして、該当する場合には、アラートでアプリのホットフィックスが必要になることを知らせます。 アラートは、メールによる通知も行われますが、Fabricモバイルアプリがインストールされていれば、プッシュ通知が送信されるので、外出中でも最新情報が受け取れます。
詳細を確認
1.
導入がシンプル
SmartBeatの導入方法は非常にシンプルで、アプリのライブラリにSDK(ソフトウェア開発キット)を加え、起動APIを1行入れるだけ。たったそれだけの作業で素早くクラッシュを検知できるようになります。 また、オプションをプラスしても実装は20分ほどで完了。面倒な細かい設定をする必要はありません。 SDKの容量も1MB以下と、大変軽いソフトウェア開発キットとなっています。アプリのオフライン時や、サーバーと通信ができない場合にも、エラー情報を一定数まで内部保存し、次回通信可能時に送信を行うので、アプリへの影響はありません。
2.
クラッシュを取り逃がさないリアルタイム検知
SmartBeatでは、アプリ内でクラッシュが発生するのと同時にクラッシュ情報とその解析に必要なデータがサーバーに送られます。そのため、発生したクラッシュ情報を取り逃がす心配がありません。 また、画面キャプチャ機能によって、クラッシュが発生する直前のユーザーの画面キャプチャを確認できます。これにより、クラッシュ発生時にユーザーの手元で何が起こっていたのかをより詳細に確認できるので、クラッシュの再現も簡単になるでしょう。 さらに、あらかじめ設定したクラッシュ発生回数を超えた場合には、自動的に通知メールが送られてくる機能も備わっています。これにより、重大な問題発生を見逃さず、迅速に対応することができます。
3.
豊富な情報量
SmaerBeatでは、エラー発生と同時にさまざまな情報が取得されます。取得される主な情報は、下記の通りです。 ・エラー発生時刻/発生箇所 ・スタックトレース ・出力ログ(NSLog/LogCat) ・アプリやOSのバージョン情報 ・デバイス情報 ・通信やメモリの状態 これによってエラー原因の特定が簡単になり、より迅速な対応が可能になるでしょう。 また、各バージョンのユーザー数・セッション数、影響を受けたユーザー数とその離脱率相関など、アプリの品質にとって重要なデータや指標を見やすく表示してくれるので、さらなる品質向上に役立てることができます。
詳細を確認
1.
豊富な開発実績
スマートフォン向けアプリを100本以上開発しているため、多種多様な機能や技術のノウハウを提供可能です。
2.
マルチプラットフォーム対応
iPhone、Androidの両プラットフォームでの開発技術を保有しているため、iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneといった、アプリのローカライズ対応が可能です。
3.
アプリ専門デザイナー
アプリ専門のデザイナーが在籍しているため、ユーザービリティの高いユーザーインターフェイスやアプリに適したイラスト/キャラクターのご提案が可能です。
詳細を確認
1.
動画とデータの同時表示で瞬時にバグの原因を把握
TestFairyは、ログの取得、フィードバック、クラッシュレポートなどの基本機能に加えて全てのテスターのテスト状況をビデオ録画してくれる機能があります。 もし、バグが発生した場合には、そのビデオとパフォーマンスデータを時系列的に同時表示し、可視化します。これによってバグが発生した原因をさまざまな角度から実証的かつ合理的な手段によって分析が可能になります。例えば、操作している画面とCPUやメモリのグラフがあるので、どこで処理が重たくなったかといった分析ができます。 素早い分析によって迅速なバグ修正が可能になるでしょう。
2.
リアルタイムにテストの進行を確認できる
TestFairyでは、調査プラン(チェックポイント)を事前に作成し、チェックポイントを認識するコードを対象ページに追加することで、テストプランの進行状況をリアルタイムに把握できます。これにより、テスター参加数のマネージメントやスケジュール管理が可能になります。 テスト内容は、チェックポイントと使用携帯端末(スマートフォン)、セッション、テスターをクロスさせてのテスト進行が可能。 また、JIRA・Bugzilla・Githubなどの外部バグ管理システムと、シームレスかつ双方向で統合し、バグの出現時には自動的にそのバグ情報が外部バグ管理システムに送信されます。
3.
3ステップで簡単進行
TestFairyは、アプリ配布→テスター招集→分析の3つのステップで簡単に進行できます。 まずはテスト用のアプリを、テスト専用サイトにアップロード。この際、Android版はSDKの組込みの必要なく、APKを自動組込みします。 テスターはアプリをダウンロード後、即テストを開始できます。 それぞれのテストに最適化したクループ分けは、テスターのデータベースより実施することができ、テスターの招集もさまざまな告知方法で行えます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
iPhone
情報なし
iPhone
情報なし
iPhone
情報なし
iPhone
情報なし
iPhone
利用可能
iPhone
情報なし
iPhone
情報なし
iPhone
情報なし
iPhone
情報なし