ソーシャルリスニング・SNS・口コミ分析ツールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
130,000-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
0-
情報なし
利用料
(月額)
50,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
300,000-
情報なし
利用料
(月額)
150,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
100,000-
情報なし
利用料
(月額)
100,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(月額)
10,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Boom Research(ブームリサーチ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Keywordmap for SNSの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Hoshitornの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
NetBase(ネットベース)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
次世代のマーケティングリサーチツール Brandwatch(ブランドウォッチ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
国内最大規模のソーシャルデータを保有
Twitterの全ツイートデータ、国内最大の掲示板 2ちゃんねるもカバーし、国内最大級のクチコミデータベースを保有しています。対象メディアの分析期間は、直近3年2カ月さかのぼることができます。
2.
豊富分析機能
80種類以上の分析メニューがあり、クチコミ件数やポジネガ分析だけではなく、発言者の性年代・地域分析、本文取得など、80種類以上の分析メニューを標準実装しています。
3.
直観的なUIと動作スピードの速さ
シンプルでわかりやすいユーザーインターフェースですので、初めての方でも直観的に簡単操作が可能です。導入企業様から、分析のアウトプット量とレスポンスの速さを評価いただいてます。
詳細を確認
1.
「誰でも」「効率的に」 ‟成果に繋がる” SNSアカウント運用・分析が可能
これまでSNSアカウント運用やSNSデータ分析を行なったことが無い人でも、成果を生み出すためのデータ分析、レポーティング機能を備えています。 大量なデータ分析やノイズキーワード排除など作業工数を大幅に削減します。
2.
ツール1つでSNSマーケティングを実現
SNSマーケティングには「事前調査」「ペルソナの設定」「KPI指標」「アカウント構築」「運用投稿」「分析改善」が必要です。 Keywordmap for SNSにはSNSのマーケティングフレームに対応した機能がが充実しているのでツール1つでSNSマーケティングを実現することができます。
3.
エンゲージメント率の高いコンテンツを作るための機能
競合アカウントや参考アカウントの成功要因分析から、季節やトレンド別のエンゲージメント率の高い投稿の抽出、Googleトレンドとの連携など新規投稿企画のための機能が充実しています。 投稿ネタを考える苦労から解放します。
詳細を確認
1.
来店数UPを期待できる
昨今のユーザーは、お店を選ぶ際にレビューの星の数を参考にします。そのため、HoshitornによるGoogleの口コミ増加・回復により店舗の集客効果を期待できます。
2.
Googleマップ上の店舗口コミステータスを可視化
口コミ投稿文をAI解析しスコアリングすることで、自店舗の口コミが悪い状態かどうかを可視化することができます。
3.
口コミ改善に必要なミッションを"見える化"
口コミ投稿のポジティブ・ネガティブ投稿文の形態素解析し、投稿文全体の特徴的な単語をピックアップ。それにより、どのようにすればポジティブ投稿を増やせるか、そしてネガティブ投稿を抑えられるかを"見える化"できます。
詳細を確認
1.
分析の観点、多すぎ・・?-ソーシャルリスニングツール随一の分析観点数
ソーシャルリスニングにおいて分析の質を決定づけるものは分析観点の多さです。NetBaseはソーシャルリスニングツールの中でも随一の分析観点数を誇ります。投稿数の推移分析やセンチメント分析はもちろんのこと、インフルエンサー分析やリスク検知、クロス集計など、使用できるフィルターは多種多様です。分析結果をダッシュボード化し、定期配信することも可能です。
2.
言語対応、しすぎ・・?-50言語もの解析に対応
50言語もの解析に対応しています。各言語の言語学者がNLP(自然言語処理)エンジンを開発しているため、どの言語においても非常に高い精度で分析を行うことができます。自社製品のグローバル市場での分析や、海外からの観光客を対象としたインバウンド分析を、言語問わず高い品質で行うことができます。
3.
データソース、ありすぎ・・?-世界30億ドメインに対応
NetBaseで対応しているデータソースはTwitterやInstagram、Facebookなどの主要なソーシャルメディアだけではありません。Weiboなどのプレミアムデータや、ニュースサイト、ブログサイト、掲示板、消費者レビューサイトなど、日本国内だけでも約10万ドメイン、グローバルで約3億ドメインに対応しています。
詳細を確認
1.
ネットの口コミを集計する
SNSに発信された膨大な量の口コミを集計し、自社に対する声を具体的な形にします。必要なデータのキーワードに関する情報を広範囲に収集し、投稿された声をグラフ化して、よりわかりやすい形へとアウトプットします。分析データは、自社で表計算ソフトを利用して加工できるので、今後のビジネスに利用できます。それ以外に風評や炎上の対策にも生かせ、ネット上をいつも監視することなく早期の対応ができます。 また、自社のユーザーの属性も分析して、日常生活での興味といった行動も把握できます。イベントを実施する際の、効果を確認する作業にも役立ちます。キーワードは自社のものに限らず、他社のものも指定可能です。
2.
アカウントの視覚化
日本有数のビッグデータを保有しており、膨大なデータの中から必要なものだけを利用できます。自社に必要な言葉を指定して、関連するデータを収集し、発言だけでなく地域の特性や発信元の人間像を推測します。また、発言のタイミングを分析することで、投稿するチャンスを探ることも可能です。 データを活用するためには、競合する企業のユーザーの分析も欠かせません。ソーシャルインサイトを利用して、競合する企業のユーザーも分析できます。ユーザーの属性の違いや特徴など、必要な情報を手に入れることができます。また、ユーザーの会社に対する想いを数値化することもできます。発言だけでなく、動画や画像も分析対象とすることで、漏れのないソーシャルマーケティングが可能です。
3.
コミュニケーションをスムーズに
自社の運営しているSNSに投稿された発言を管理し、運営を助けるだけでなく、コミュニティーを構築します。投稿された言葉からリプライが必要なものをピックアップし、緊急性によってランク分けします。投稿に関する過去のデータも関連して集めることもできるので、コメントを連続したデータとして扱うことができます。投稿への反応のスピードアップや、的確なリプライは、ユーザーの満足感につながります。 アカウントの管理は、発信する場合にも力を発揮します。投稿する前のチェックを担当が行ってから、承認されたものだけが予約投稿などで配信できる形を取り入れています。ユーザーとの大切なコミュニケーションを深めるツールとしてSNSを活用できます。
詳細を確認
1.
多彩なデータ収集・取り込み機能
見える化エンジンでは、入電ログなどの応対履歴やアンケート、営業日報など、社内のあらゆるテキストデータをCSV形式で自由に取り込み、分析することが可能です。社外にあるSNS、音声認識データのような自由な発言、書き込みに対応できる優れた言語処理技術を備えています。 自動インポート機能で最新の分析結果を把握でき、SNSデータも設定ワードを自動でバッチ収集します。検索後、即出力できるTwitterリアルタイム分析レポートなら、プロモーションや新商品の反響などの速報レポートとして活用可能です。Twitterコメントの収集と同時に画像も収集できるので、Twitter上で話題になっている内容がより鮮明に把握できます。
2.
顧客ニーズ発見型の高度な分析機能
見える化エンジンの分析機能は、発言を自動的にグループ化したマップやランキングの形式を使用しており、俯瞰的に顧客が話題にしている内容を把握することが可能です。さらに掘り下げて知りたい場合は、クリックひとつで原文を参照できます。 また、顧客の性別や年代ごとに特徴的な発言を比較分析できるため、性別や年代特有の発言傾向を読み取ることが可能です。テキストの文脈から顧客の感情を分析し、要望や疑問、困難、予想外などに分類して一覧表示する機能を使えば、顧客の細かなニーズを読み取ることが可能になり、商品・サービスの改善や新しい企画のヒントの発見につながることもあります。
3.
分析結果を共有する「気づきポータル機能」
せっかく顧客の声を分析しても、分析結果を埋れさせておいては活用することができません。見える化エンジンには「気づきポータル機能」が搭載されており、分析結果はひとつの集約された情報として経営層や各事業部へリアルタイムに展開・共有できるのが特徴です。 顧客の声を社内に浸透させるため、毎日自動配信メールで社員へ通知するプッシュメール配信機能も搭載しています。この機能により顧客の声に対して社員の関心度を高めることも可能です。顧客の声のなかに即時対応が必要とされるリスクワードが含まれている場合には自動検出され、担当者に向けてアラートメールが送信されるので、迅速な初動のタイミングを見逃しません。
詳細を確認
1.
過去の投稿を知る事でユーザーのトレンド変化を察知!
ソーシャルメディアはユーザー自身の興味・関心事を表現します。投稿内容もニュースに関する感想や、自身の趣味や出来事を投稿したりと様々。 ソーシャルリスニングツールを活用し、現在だけでなく、過去のトレンドを知ることで、現在の状態が過去からの継続的なものなのか、突発的なものなのかを分析する事ができます。 Twitterにおいては、2010年7月以降の投稿データに全量アクセスする事が可能です。 さらに、多言語に対応しているため、外国人の日本における興味関心の移り変わりも知る事ができます。
2.
目的に応じた評価軸でソーシャルデータを分析可能!
ソーシャルデータを分析するにあたり、通常はポジティブ(好意的)ネガティブ(否定的)ニュートラル(中立的)と大きくグループに分かれます。しかし、企業にとって必要な分析は各グループの割合ではなく、ポジティブ(好意的)にはどのような要素があるのか、その要因を把握することが大切です。ツールによってはグループ分けされた内容から要因を手作業で分けなくてはなりません。Brandwatch Consumer Researchは独自アルゴリズムにより、要因分析まで知る事が出来ます。
3.
定量的な情報と掛け合わせて、より価値のあるデータに
ソーシャルリスニングによって得られるデータは定性的な情報のため、分析目的によっては単独のレポートでは、「ビジネスシーンにおいて有効活用できないのでは?」と思われがちです。 しかし、定量的なデータと掛け合わせることで、売上や顧客数などの補完データとして活用する事が出来ます。 Brandwatch Consumer Researchで独自の評価軸で分析したデータを活用し、売上向上の要因や会員が離脱した原因等、ソーシャル上でのユーザーボイスがどう影響しているのかを知る事で顧客ニーズを反映したビジネス展開が可能になります。
詳細を確認
1.
月間20億のデータを解析し、的確な分析を可能にする
コミュニケーションエクスプローラーは、TwitterやFacebookなど140以上のSNSに対応し、中でもTwitterでは2007年1月までの全てのデータを遡って分析できます。 コミュニケーションエクスプローラーでは、単にデータを集めるのではなく、商品に対する感情、時間の経過による話題性の移り変わりなど、様々な観点からの分析に必要な集められます。例えば時間経過による投稿量の増減データを見れば、CM放映やプロモーションなどの効果を測定可能です。分析結果はグラフで表示されるため、測定結果を感覚的に捉えられます。
2.
感情など分類の難しいデータも効率的に分析
コミュニケーションエクスプローラーは、SNSに投稿された内容から、人の感情を「肯定」「否定」「中立」の3段階48種類で分類します。長年蓄積してきた情報によって投稿内容を判断し、今まで分類の難しかった感情も、75%~98%の高い正答率で分類できるようになりました。 細かな分析も可能なコミュニケーションエクスプローラーなら、人の手では集めることが不可能だった作業も自動化できます。コミュニケーションエクスプローラーを使えば、分析に人の手を割く必要はなくなり、分析結果を元に改善策を考えるなど、より重要な業務に労力を避けるようなります。
3.
自社と他社を比較し、自社のポジションを明確にする
コミュニケーションエクスプローラーでは自社だけでなく、他社の分析も可能です。自社と競合他社の分析結果を元に業界内での自社のポジションを明確にすれば、今後のマーケティング戦略を立てやすくなります。 例えば同じシャンプーを扱っている企業でも、他社と比べて自社は香りに関してポジティブな反応が多いのであれば、自社製品のポジションは「香り」にあるとわかります。反対に価格に関してはネガティブな反応が多いなら、価格を下げたり高級感を演出したりといった対策を取ることができます。
詳細を確認
1.
ソーシャルリスニングツールとして国内有数の情報量と導入率
クチコミ@係長は、総数590億件以上のデータを保有しています。Twitterの全ツイートや世界中のSNSの情報をカバーし、3,700人以上のブロガーを網羅。32億件以上の蓄積記事データに加えて国内最大掲示板「2ちゃんねる」の情報を独占提供しています。 それらのソーシャルメディアの情報に基づいて、自社・競合ブランドがどのように広まっているのか、どう言及されているのかを解析することが可能。解析にもとづき、プロのマーケターがあらゆるマーケティングの課題を解決に導いてくれます。 名だたる大企業を含め導入社数が1,000社を超えるほどの実績と信頼を持ち合わせているのは、この莫大なデータ量とマーケティング力によるものです。
2.
幅広い切り口からの検索と多角的な分析が可能
キーワードを入力するだけで簡単に口コミを検索することが可能です。また、検索キーワードがSNSやブログでどう広まっていったのか、そのキーワードとともにどんな言葉が使われているのか、どんなシチュエーションで使われているのか、ポジティブな口コミかネガティブな口コミかなど、多彩な切り口で情報を集めることができます。 集めた情報は年代別や地域別などの属性やトレンド、関連語などさまざまな分析が可能です。分析したデータをレポートとして作成することで、商品開発・改善へのヒントにしたり、マーケティングへと活用することができます。事業会社や広告代理店、メディア運営企業など幅広い事業で応用が可能です。
3.
スピーディな動作と見やすい画面により高いユーザビリティを実現
1度に10キーワード、最大13か月の検索期間を7秒で以内で検索できるため、スムーズな情報収集が可能です。スピーディに集められた情報は、視覚的にわかりやすいグラフで表示されます。 円グラフや棒グラフ、折れ線グラフなどの図表には、直感的に把握できるよう、極力シンプルな配色が採用されています。そのため数値を細かく知る前に、グラフを見ただけで全体像を把握することが可能です。他にも「成分マップ」機能では、検索したキーワードの関連語が何なのかがグラフとともに表示されるなど、一目見てわかりやすい画面構造なのも特徴です。 こうしたスピーディな操作性や直感的にわかりやすい表示によって、情報が把握しやすくなっています。
詳細を確認
1.
マーケターのニーズに沿った分析機能
ソーシャルデータ分析を行なっているマーケターの声を取り入れ、「かゆいところに手が届く」分析機能が多数搭載されています。 話題分析機能では、いつどんな内容が話題になっていたのかを俯瞰的に把握することが可能。自動で作成されたグラフにマウスのポインターを合わせると、その日の特徴的な話題をすぐに確認することができます。 拡散プロセス分析機能では、どんな要因で話題が拡散したのかを簡単に把握することが可能です。これにより、話題の拡散に大きく貢献したツイートを時系列順に追いかけることができたり、自動で作成されたグラフをクリックすると、その日の主なツイート、ニュース、キーワードなど、その日の主な話題を確認を確認することができます。
2.
シンプルなUI
使いやすく、シンプルなUIも特徴の1つで、知りたい分析結果に、簡単かつスピーディーにたどりつけるようになっています。 まるでGoogleで検索するかのように、キーワードを入力してEnterキーを押すだけで、すぐに分析結果に到達します。
3.
仮説立てしやすい過去データ分析
Insight Intelligence Qでは、過去13ヵ月間の投稿データを試行錯誤しながら分析することが可能です。そのため、マーケティングに欠かせない調査から仮説出しまでがより正確に行えるようになっています。 また、分析結果はCSV(タブ区切りテキスト)として出力することも可能。ワンクリックでコピー&ペーストできるので、資料作成などの作業にも便利です。
詳細を確認
最低利用人数
1人
最低利用期間
6ヶ月
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
5人〜の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
未対応
Android
未対応
スマホブラウザ
未対応
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし