標的型攻撃メールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
初期費用
300,000-
情報なし
利用料
140,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Security Blanket MT(セキュリテイ ブランケットMT)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
標的型攻撃メール受信時に情報漏洩しない対応を訓練できます
○人的対策 ・有事の際に被害を最小限に抑えるための行動 ・定期的な訓練の実施など 標的型メールを受け取ったときの対応方法を『訓練』 ・不審なメールは開かない訓練 ・開いてしまった際に被害を拡大しないための訓練
2.
低コストで簡単に導入。管理者様の煩雑な作業も殆どありません
【SaaS型】440,000円〜 ・メール本文作成から添付ファイルの内容まで自由に作成 ・送信間隔や送信方法を選べる ・実際の標的型攻撃のように個人名宛に送信可能 ・URLリンクや添付ファイル型等攻撃方法をカスタマイズ ・攻撃手法は、バラマキ型、やり取り型の実施が可能 ・訓練対象のOSとアプリを表示し、開封環境を確認 ・メール訓練回数は1回、2回を選択できる ・訓練メール文案をご用意。レポートはPDFファイルやCSVでいつでも出力可能 【オンプレミス型】1,800,000円〜 ・購入後初期設定をすればすぐに訓練を実施 ・SaaS型の基本性能を備えている(やり取り型攻撃のみ非対応) ・メールアドレスや訓練結果を外部に知られることなく実施可能 ・クラウドサービスを利用できない環境でも訓練できる ・1年間無制限ライセンスなので様々な手法で何回でも実施できる ・次年度以降は更新費用で使用できるため訓練コストをカット ・LANケーブルの抜線確認(無線LANはネットワーク無効)が可能 ・Webサーバ機能により、Webサイトを別途用意する必要がない
3.
最近増加しつつある「バラマキ型」、「やり取り型」にも対応可能
事例をもとに標的型攻撃メールを受け取ったときの対応方法をあらかじめ訓練できます  【バラマキ型】  ターゲットに定めた企業内の不特定多数のユーザーに同じ内容を送りつける手法となり、要するに無差別に送信されるスパムメールを意味します  【やり取り型】  問い合わせなどを装って特定の従業員と何度かメールのやり取りを重ね、信頼させて社外秘情報を得た後に、マルウェアを仕掛けた添付ファイルを送りマルウェア感染さ   せたり、不正送金させたりする方法が多いです。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし