チームビルディングのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
タスク管理
情報なし
社外コミュニケーション
利用可能
メール連携
情報なし
ファイル添付
情報なし
既読・未読
情報なし
検索
情報なし
メンション
情報なし
情報なし
ファシリテーション
利用可能
リーダーシップ
利用可能
チームマネジメント
情報なし
チームコミュニケーション
未対応
講義型
利用可能
合宿型
未対応
eラーニング
未対応
初期費用
0-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
500-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
0-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
90,000-
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
Goodjob!(グッジョブ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
従業員エンゲージメントの向上
「グッジョブ」「ありがとう」「おめでとう」「素敵ですね」「がんばれ」といった相手に対するポジティブな気持ちをメッセージとともに送り合うことによって社員同士のつながりを深め、会社への帰属意識を高めます。
2.
リモートワーク中の社員への共有
タイムライン機能で全社、部署ごと、プロジェクトごとの出来事を把握できるので、離れた場所にいてもお互いの状況がよくわかります。
3.
社内通貨としてピアボーナスに利用
送って嬉しい、もらって嬉しいピアボーナスで積極性を育てます。もらったポイントは社内の福利厚生や景品に交換することもできます。
詳細を確認
1.
低価格かつ透明性のある料金体系 人材の給与を開示します
お貸しするラボスタッフの人件費に一人あたり月額換算約9万円のサービス費を足した額が月々の料金となります。人件費は人によりけりですが、500ドルから800ドルあたりが多いので、他社の半額程度でサービスをご提供可能です。 これを可能にしているのは、弊社自身が日本本社からベトナム支社に発注する自社開発の割合が高いからです。自社開発のために必要な人材量よりもやや多めに雇用し、トレーニングや選別を行っています。いわば「在庫」がない、遊休費が発生しない状態なので、その部分をお客様への請求額に転嫁しなくてもよいというのが、低価格の理由の一つ目です。 二つ目は、お客様に直接英語で指示を出していただくピュアラボという形式を取っていることです。これにより、ブリッジエンジニアや日本語のできるエンジニアなどの、希少で人件費の高い人を使わなくても良いようにしています。日本語のできるブリッジエンジニアに丸投げする、属人的なオフショア開発案件は失敗をする可能性が非常に高いという弊社の経験からこのようにしています。 三つ目は、他社でみられる豪華な設備や過剰なイベントなどのコストを徹底的に削減しています。これらはスタッフの離職防止のために行っているようですが、弊社ではその分を社員に相場よりも高い給与として還元しています。この方法がもっとも離職対策として機能しますし、お客様にご負担いただく費用も低く抑えることができます。
2.
最短で即日アサイン可能
他社のラボでは、ラボスタッフは自社スタッフではなくて、ラボごとに人材を外部から募集します。つまり採用活動から行う必要があり、その選考過程に時間がかかります。また最初の2ヶ月は人を選んだり、日本式の仕事のやり方を教えるのに時間が取られてしまいます。弊社の場合は、自社制作・開発を行っている弊社のスタッフをお貸しします。社内での担当業務の変更に過ぎませんので、早ければお申込み翌日からラボを開始することができます。
3.
人材のミスマッチが起こりにくい独自の仕組み
他社ではラボ開設が決まってから、お客様自身が ラボスタッフを選ぶことが多いようです。しかし、人材のミスマッチは日本でもあることで、ましてベトナムで生活しているわけでもないご担当者様が、書類選考や面接だけで選んでも、さらにミスマッチのリスクが高くなるだけではないでしょうか。 弊社自身のベトナムでの自社案件制作・開発の経験を通じて体得したことは、プロジェクトの成功にはベトナム人スタッフの性格と人柄であり、きめ細やかで言われたことをきちんとやるということが、まず第一に大切だということです。そういった人材を弊社自身のスタッフとして採用し、トレーニングと選別を行っています。弊社自身が一緒に仕事ができると思った人材をお貸ししています。
詳細を確認
1.
グローバル化の進展で増える「バーチャルチーム」に焦点
グローバル化の進展に伴い、世界各国の拠点にメンバーが分散する「バーチャルチーム」が増えています。本研修はバーチャルチームのチームビルディングに焦点をあてています。
2.
バーチャルチームならではの課題を解決
時差と距離を超えてどのように会議を行うか?同じ拠点にいない部下をどのように評価するか?などバーチャルチームのリーダーが直面する課題を扱い、実際的な解決のヒントを示します。
3.
バーチャルチームのベストプラクティスを提供
バーチャルに仕事を進めることの多い欧米グローバル企業におけるリサーチを元にしたベストプラクティスが豊富に含まれています。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
最低利用人数
15人
最低利用期間
1日
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし