サーバー仮想化のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
システム稼働までの時間を短縮
通常、物理サーバを調達する場合、機種の選定や見積もりに始まり、機器の搬入や設置などの手間がかかります。これには、早くても数日から数週間程度の時間を要すことが多いです。しかし、VMware vSphereを導入して新たな仮想マシンを立ち上げる場合、わずか数分から数10分でサーバリソースの準備が可能になります。 さらに、同じスペックのサーバを複数台用意するような場合には、ベースとなる仮想マシンを1台だけ作成し、必要な数だけコピーすることで品質の同じサーバを作成することが可能です。サーバ自体の準備が早くできるだけでなく、サーバの初期設定の手間が省ける事も大きなメリットです。 このように、従来のシステムに比べ、サーバの購入にかかる時間を短縮し、さらにシステムの構築の手間を減らすことが出来ます。
2.
仮想マシンを物理サーバ間で移動可能
仮想マシン用のリソースが不足したら、物理サーバを追加購入することでリソースを増やすことができます。物理サーバを増やすと、リソースに余裕のない物理サーバから仮想マシンを自由に移動することができます。 仮想マシンの移動はVMware vSphere vMotionの機能により、仮想マシンをシャットダウンすることなく、オンラインで実行することができるため、サービスに影響をあたえずに実行可能です。これは、物理サーバの故障対応などのメンテナンスの必要が出てきた場合にも有効です。物理サーバの障害による影響を最小限に抑えることができます。 なお、vSphere vMotionを利用するためには、vSphereが統合管理環境であるVMware vCenterに登録されていることと、それぞれの物理サーバのCPUに互換性があることが必要です。
3.
ハードウェアの削減に伴うコスト削減
従来の業務アプリケーションでは、システムを導入するたびに専用の物理サーバを購入し、システムを構築していました。個々のシステムはつねにフル稼働しているわけではなく、サーバのリソースを完全に生かせていませんでした。 しかし、仮想化技術の登場により、1台の物理サーバ内に複数の仮想マシンを構築することが実現可能になりました。これにより、1台の物理サーバの中に、複数のシステムが共存することができるようになっています。 複数のシステムが1台のサーバに共存していることにより、空いているリソースを分け合い、より有効に活用することができます。 さらに、物理サーバを減らすことは、サーバ自体の管理コストが減らせることはもちろん、サーバを維持するために必要な電源や空調などの設備も減らすことが可能になり、総合的にコスト削減につながります。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし