Web面接システムのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
0-
情報なし
月額/ユーザー
(1ユーザー)
0-
情報なし
場所や時間の制約にとらわれない面接機会を提供。 インタビューメーカーの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
FaceHub(フェイスハブ)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Video Interview(ビデオインタビュー)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
対面面接と同等水準の満足感を応募者に提供可能
従来にない面接方式のためか、WEB面接や録画面接を導入前の企業様からは、多くの不安や心配の相談を頂きます。 「PCやスマホ越しに面接なんて、応募者に失礼では?」、「PC画面越しでは面接官の印象が対面時と変わるのではないか?」 実際にはWEB面接でも、応募者からは高い満足感(平均で4.7点/5点満点)を頂戴しております。また、面接官への心証も損なうことなく(90%以上の応募者が面接官の印象を「非常に良い」と回答)実現できています。 
2.
一度経験すると80%以上の応募者がWEB面接を希望
ブルーエージェンシーが実施したインタビューメーカー経由での応募者向けアンケートでは、「WEB面接を経験した応募者の80%以上が次回面接でWEB面接を希望している」というデータがあります。 様々なチャットツールやSNSの進化で、ビデオ通話に慣れている応募者の立場では、WEB面接は当たり前に受け入れられつつあることが分かります。 今後、WEB面接を経験した応募者が増加していくことで、WEB面接への対応スピードの差が、各企業間の応募エントリー率の差につながる可能性があります。 応募者からは、費用や時間をかけなくてもよかった点や、対面と遜色ない面接ができることにを高く評価されていますが、リラックスして面接に臨めた点も高く評価されています。 このようにWEB面接は、応募者にとって非常にフレンドリーな採用システムと言えます。
3.
録画面接によって、営業時間外でも選考が可能に
録画面接を実施している派遣会社様の例では、応募者が録画面接を受けている時間帯は18時~翌朝8時の時間帯が全体の約50%となっております。つまり、約半数の応募者が、多くの企業にとっては営業時間外の時間帯に面接を受けているのです。 応募者との接点を広げたい企業側にとっても、忙しくて日中に面接を受けられない応募者にとっても、双方メリットのある面接手法としてご活用いただけます。
詳細を確認
1.
インストール・アカウント不要
FaceHubの大きな特徴の1つがインストールもアカウントもいらないという点です。多くのテレビ会議・web会議システムはインストールが必要であったり、アカウントが必要なものが多いと思います。しかしFaceHubではwebブラウザがあれば会議を行うことができるので、手間がかからないので簡単に利用を開始できます。
2.
豊富なオプション機能
FaceHubは豊富なオプション機能を用意しており、自分たちがどの程度の機能を求めるのかによってカスタマイズをすることができます。中でも注目のオプション機能としては、会話の音声を自動で認識して文字に起こしてくれる「文字書き起こし」機能です。ただ日本語にするだけではなくて、日本語を英語に変えることもできるので、英語が必要になった際にも助かります。
3.
豊富な料金プラン
FaceHubでは4つのプランを用意しており、それぞれが「個人事業主、スタートアップ、小規模事業者向け」「中~大規模事業者向け」の2つに分かれており、それぞれに対して2つずつプランが用意されています。自分たちが今どのフェーズにいるのか、どれくらい会議をすることがあるのかなど、現状を鑑みてプランを決めることができます。
詳細を確認
1.
動画面接の活用シーン
面接工数の削減だけではなく、選考の歩留まり向上など様々なシーンでご活用いただけます。 ①候補者の取りこぼし防止 これまで書類で不合格にしていた候補者に動画面接を実施。面接工数をかけずに全ての候補者と面接を実施することができ、候補者の取りこぼしを防げます。 ②遠方候補者の取り込み 来社式面接に加え、面接の選択肢に動画面接を追加。遠方のため面接来訪が難しかった候補者と面接を実施することができます。 ③拠点の面接を本社で一元化 これまで各拠点で実施していた面接を本社での動画面接に置き換え。拠点の面接工数削減に加え、選考基準の平準化や複数人でのチェックが可能になります。
2.
Video Interviewだけの強み
Video Interviewは動画面接に特化した随一のサービス。 そのため、下記のようなメリットがあります。 ①圧倒的安価な料金体系 導入初期費用ゼロ、運用費用も非常に安価です。 ※料金詳細についてはお問い合わせください。 ②高画質な動画 候補者動画について、「高画質で鮮明に確認できる」とお客様の声をいただいております。 ③シンプルで分かりやすい画面設計 機能を絞っているため、非常にシンプルで分かりやすい画面です。 ご説明不要で簡単にご利用開始いただけます。
3.
候補者のお声
Video Interviewでは、候補者の方にシステムへのフィードバックをご依頼しております。いただいた感想をご紹介いたします。 「初めての面接スタイルで緊張しましたが、今後このような面接方法が主流になってくると感じました。 特に違和感はなくスムーズに面接を実施する事が出来ました。」 「非常に取り組みやすく、他の企業様でも取り入れていくであろうと感じました。」 「自身の予定に合わせて面接が受けられるためサービスとしては良いのではないかと思います。」 「操作や内容が分かりやすく、集中して面接に取り組めました。」 「The process was easy to understand. I enjoy that I was able to to have more than one chance to answer questions and think about my answers.」 「I really enjoyed the convenience I get through this interview tool. Thank you.」
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
3ヶ月
5人〜5000人の会社におすすめ
最低利用人数
1人
最低利用期間
1ヶ月