データ可視化で経営管理を最適化|意思決定をスピーディーにするBIツールとは

経営管理の最適化にはデータ可視化が必要不可欠です。BIツールを活用して日々蓄積されるデータを適切に取得、分析し、わかりやすく可視化すれば、経営の意思決定もスピーディーに。また作業負荷が軽減されるため戦略の策定・実行に集中できるメリットもあります。BIツールでのデータ可視化を進める効果やメリットを解説します。
データ可視化で経営管理を最適化|意思決定をスピーディーにするBIツールとは

データ可視化で経営管理を劇的に改善できる

企業が経済活動を続けるなかで、販売・顧客・製造などの各種データは日々蓄積されていきます。ビッグデータの重要性が認識されて久しいいま、データの種類も細分化され、その総数も増加する一方なのが現実です。

こうして収集されたデータを経営に有効活用しようと多くの企業が分析を試みています。しかし、数字を並べただけのデータを眺めても、それが指す本質を理解して分析するのは困難でしょう。わかりやすくビジュアライズする必要があります。

データ可視化のメリット

データの特徴を直感的に理解するには、集計したデータをグラフやチャートで視覚化するのが有効です。これがデータ可視化なのです。

データ可視化によって得られるメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • データの大きさや変化を図形に反映することで視覚的に判断できる
  • 数字だけでは気付きにくい特徴が発見できる
  • わかりやすいレポートが作成できる
経営管理システムとは | 企業の健全経営に必要な仕組み・課題・改善方法 | 未来の予算編成・計画・予測分析
経営管理システムとは、企業の事業計画と業績を比較・分析し、改善を続けていく仕組みであり、その中核は予算管理、管理会...

データを適切に可視化するステップ

データ可視化には数々のメリットがあるものの、単純に収集したデータを視覚化すればいいというものではありません。データのどういった情報を切り出したいか決め、それに見合ったビジュアライズ手法を選択しなければならないのです。

可視化したいデータの観点を決定

まずは、可視化したいデータのどのような特徴を見せたいのかを考え、最適な観点を決定します。具体的には以下のような例が挙げられます。

  • 時間軸:売上データの推移のように、時間軸に沿った動きを観察できる
  • 属性:製品ごとの売上のように、ある属性に着目したデータ比較ができる
  • 割合:製品の市場シェアのように、ある全体量に対する割合を観察できる

可視化したいデータのグラフ種類を決定

可視化したいデータの観点が決定したら、それを視覚化するのに最適なグラフは何かを決めます。具体的には以下のようなグラフ種類が挙げられます。

  • 折れ線グラフ:横を時間軸、縦を変量に設定し、データの変化を折れ線で観察できる
  • 棒グラフ:横を属性、縦を変量に設定し、データの属性を棒の長さで観察できる
  • 円グラフ:円全体を全体量に設定し、それに占める割合を扇形で観察できる

複数種類のグラフを組み合わせることもあります。

表計算ソフトなどでグラフ化

データの観点、グラフの種類を決めたら、グラフを作成します。Excelに代表される表計算ソフトでもグラフ作成は可能なため、取引量やデータ量の多くない企業などでは、Excelが活用されているケースも多いのではないでしょうか。

Excelでのデータ可視化には限界がある

しかし、Excelはあくまでも表計算ソフトであり、多機能ながらも個人の使用を前提としたソリューションです。このため、膨大なデータを抱え、かつ大人数で共有しなければならない大企業では活用に限界が生じてしまうと考えられます。

大規模データのグラフ化に向かない

Excelは基本的に、ビッグデータのような大規模データをグラフ化するには向いていません。仮にデータを集計しグラフ化できたところで、万人が見やすいようにビジュアル化するのは不向きといえます。

データ収集の整合性確保が困難

企業規模が大きくなると、Excelでのデータ収集・管理はとたんに煩雑になります。

基本的に複数人数での編集を前提としないため、共同での数値管理が困難なうえ、多くの場合収集したデータを手入力する必要があり、人為的なミスが起こりやすくなります。複数部署にまたがると、フォーマットや数値の整合性もとりにくくなってしまいます。

BIツールがデータ可視化を容易にする

Excelでの課題や限界を解決し、データ可視化を容易にするのがBIツールです。オールインワンの意思決定ツールとして、世界中で活用されている「BOARD」のBI機能を例にメリットを解説します。

データの整合性を担保できる

BOARDでは、ひとつのデータベースで情報が一元管理されるため、あらゆるデータが関連付けされ、データの二重入力やズレなどが発生しません。全社共通のフォーマットを活用するため、データの整合性も担保され、手作業による集計なども必要ないのです。

これによって、正確さを保ったままデータを可視化でき、担当者は分析と対策に集中できます。

直感的な分析を素早く実現できる

BIツールを利用すると、日々アップデートされるデータをリアルタイムでビジュアル化し、見やすく可視化されたレポートをリアルタイムで作成できます。さらに営業部員などのエンドユーザーが、異なる視点で独自レポートを作成するのも可能。

ドラッグ&ドロップで必要なパーツを指定しクリックするだけの直感操作で、データ分析・可視化でき、データが不用意に上書きされてしまうこともありません。

BIツールによるデータ可視化で得られる効果

BIツールによるデータ可視化は、データの整合性を担保しつつ、直感的な分析を素早く実現できるという点で、大きなメリットがあります。

その結果、業務を遂行するうえで優位な効果も多々得られます。

作業時間の大幅削減

BIツールによって統合データと連携すれば、従来Excelでの作業にかかっていたような手間を一気に省け、わかりやすく可視化されたデータを瞬時に得られます。作業時間の大幅削減につながるのです。

扱うデータ量が増え続けるなかではなおさら効果が高いでしょう。

部署横断的なデータ共有がスムーズ

日々、社内のあらゆる部署にあらゆるデータが集まります。適切な経営判断を行うには、各部署のデータを適切に統合・分析することが求められます。

BIツールを利用すればこうした効果を得るべく、部署横断的なデータ共有を行うのに、BIツールの存在は欠かせません。

ビジュアル化でアイデアを喚起

データ可視化は、基本的に可視化したいデータの観点やグラフ種類をユーザーが決定しなければなりません。

しかし、経営状態の可視化に特化したBIツールは、選択した観点をもっともわかりやすく、最適化されたグラフで表示してくれます。これによって、これまでの常識に縛られたデータ分析から一歩進化した、新たなアイデアを喚起するビジュアルを提供してくれるのです。

データ可視化におすすめの多機能BIツール

必要なデータを瞬時に提供するBI、CPM、データアナリティクス、わかりやすいビジュアライズ機能を備えた、オールインワンの意思決定プラットフォームが「BOARD」です。

BOARD Softwareは、BIおよびEPMを、プログラミング不要な単一の統合プラットフォームに迅速に展開できるソリューションであり、世界中の3,000社を超える企業が活用しています。

従来のBIまたはEPM・CPMに比べ、展開の時間とコストはわずかです。また、BOARDプラットフォームは組織の情報をを正確かつ完全な形で一つの情報として提供します。このプラットフォームは、企業のビジネスプロセスと完全に統合され、戦略的なものから運用の詳細にいたるまで、パフォーマンスレベルの計画および監視を一元的に提供します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
BOARDの資料を無料DL

データ可視化で戦略に専念、一歩進んだ意思決定を

データを可視化し数値をわかりやすく提示することは、直感的かつ素早い経営判断に必須といえるでしょう。

BIツールを使えば、信頼性を担保できるデータを素早く分析・可視化し、レポーティングできます。部署横断的にデータをやり取りするときや、複数部署のデータを全社的に集めて分析するときも、手作業による煩わしさなしにデータを統合できます。

刻々と変化する経営状態をリアルタイムでモニタリング可能なBIツールを活用すれば、作業負荷が減り、対応する戦略の策定や実行に専念できるのです。

予算管理システムの重要性 | 方法と仕組み、課題解決のソリューションを解説 | 未来の予算編成・計画・予測分析
予算管理システムは、策定された予算と実際の業績との差異を分析し、目標達成の改善策への判断材料を提供するツールです。...