経営管理システムとは | 企業の健全経営に必要な仕組み・課題・改善方法

経営管理システムとは、企業の事業計画と業績を比較・分析し、改善を続けていく仕組みであり、その中核は予算管理、管理会計となります。企業の健全経営に必須の業務効率化の仕組みとはなにか?従来手法の課題や改善方法とともに解説します。
経営管理システムとは | 企業の健全経営に必要な仕組み・課題・改善方法

経営管理システムとは

経営管理システムとは、経営層の策定する事業計画にもとづき、各部署やグループ会社、それに属するすべての従業員を含む組織全体の方向性を統一して計画を実行し、達成度を数値で判断していく仕組み、もしくはそのためのツールを意味します。

最大の目的は継続的な企業の成長であり、経営管理システムの達成度に応じて事業計画を修正し、改善し続けていくことが必要です。

この記事では、企業の健全な経営に欠かせない経営管理システムの仕組みを解説し、そのなかで多くの企業が抱えがちな課題とはなにか、それを解決するためのツールなどを紹介していきます。

企業経営を改善する仕組み

企業や組織を健全に経営するには、効果的に利益を生み出し続けていく必要があります。これを実現するため、事業計画とそれが達成すべき数値目標=予算を策定し、実行していく過程で得られた実績との差を対比・分析することで、改善に向けた計画の修正と実行をサイクル化していく――この仕組みが「経営管理システム」です。

経営管理システムは「予算管理」「管理会計」が中核となるものの、組織内のさまざまな階層で改善を実行するため、販売・在庫計画などの事業計画も含まれます。

重要なのは計画の方向性・改善行動

事業計画は企業固有の理念や事業内容、価値観などによって決定されるものです。つまり、企業の利益を最大化するには、すべての従業員が計画の意図を認識し、統一された方向性を持って目的に向かわなければなりません。

もちろん、事業計画と実績を対比・分析するだけでなく、改善に向けた計画の修正と実行が行われなければ、企業の業績が改善されることもないでしょう。

経営管理システムを実施するなかで重要となるのは、大前提としてすべての従業員が事業計画の方向性を認識すること、改善に向けた行動を確実に実行することなのです。

複雑化する経営管理

企業の継続的な成長に欠かせない経営管理システムは、近年ますます複雑化する傾向にあります。同時に、改善に向けた経営管理サイクルの迅速化も求められているといえるでしょう。その背景には市場環境の変化および、多様化する人々の価値観が挙げられます。

進むグローバル化

国内市場の縮小傾向や競争の激化が進み、インターネットによる情報伝達が飛躍的に発達した現在、多くの企業がグローバルを視野に入れた事業展開を行っています。

しかし、異なる国や関連企業などに分散されたデータをひとつにまとめるのは容易なことではなく、複数拠点の実態を迅速かつ正確に把握するのは困難だといえるでしょう。こうした状況は、すべての従業員の方向性統一や、経営管理サイクルの迅速化にも影響を与え、市場環境への対応を困難なものとしてしまいます。

製品ライフサイクルの短縮化

多様化する人々の価値観は、少品種大量生産から多品種少量生産へのシフトを促し、結果的に製品ライフサイクルの短縮化が進んでいます。企業はこうした状況に対応すべく、細かな顧客ニーズに対応する製品・サービスを開発し、ライフサイクルを考慮した適切なタイミングで市場へ投入していく必要があります。

必然的に経営管理システムは複雑化し、変化を続ける市場環境への対応も迅速化する必要があるのです。

経営管理システムが抱える課題

このような経営環境の変化を背景とするなか、経営管理システムが形骸化してしまった企業も少なくありません。では、従来の経営管理システムはどのような課題を抱えているのか。具体的に挙げてみましょう。

(1)経営層側の課題

経営管理システムにおいて、事業計画の修正や改善実行の意思決定を行う経営層では、以下のような課題があると考えられます。

  • 各部署・関連企業からの業績報告に時間がかかっている
  • 報告をもとにした予算編成に時間と労力がかかっている
  • 報告内容が具体性に乏しく現場の実態把握が難しい
  • 業績報告をもとにした今後の見通しが予測しにくい

(2)オペレーション側の課題

一方、予算と実績の差異を管理し、その要因を分析して報告するオペレーション側では、以下のような課題があるでしょう。

  • 業績の集計や管理に膨大な時間と手間がかかっている
  • 本来の数値分析や対処法検討にリソースを割けない
  • 業績集計・資料作成が属人化しやすい

(3)Excelでの管理に限界

なぜこうした課題が表面化してしまうのでしょうか。それは、経営管理システムが複雑化する反面、効率的なツールの活用がなされていないことが挙げられます。なかでも、業績管理をExcelで実施する企業などがこれに当てはまり、限界を超えた活用が経営管理システムをさらに複雑なものとしているのです。

関数や列・行の追加を含めて、シートを自在に編集できてしまうExcelでは、バージョン管理やデータの整合性確保が難しく、複数ファイルに分散したデータをスピーディーに統合するのは現実的ではありません。

結果的に、業績管理や報告に膨大な時間と手間がかかり、満足のいく分析や対処法が検討されないまま、経営層とオペレーション層での認識にズレが生じ、適切なタイミングでの適切な経営判断が行えなくなってしまう、という可能性が高いのです。

CPMで課題解決

このようなExcelの課題を解決し、経営や計画の意思決定を迅速化するのに有効なのが「CPMツール」です。

CPMはCorporate Performance Managemantの略称であり、まさに企業経営を管理する「経営管理システム」です。ツールのひとつ「BOARD」を例に、CPMツールがどのように経営管理を改善できるのか、紹介していきましょう。

共通プラットフォームでデータを一元管理

Excelでの経営管理において最大の問題点となるのは、分散された個々のファイルに重複したデータが記録されることでしょう。そのため、データ自体の信頼性に欠けたり、データ転写時に人為的ミスが起きやすかったりといった事象が起きていると考えられます。

業績データが一元管理されるCPMツールを導入すれば、重複する固有データは存在せず、ユーザーはどこにいてもそれを確認できます。また、企業に最適化された共通プラットフォームが用意できるため、意図しない編集や人為的ミスを削減し、正確性と一貫性も確保されるのです。

またBOARDでは、メンバー間の意思疎通を円滑にするためのビジネスチャット機能も搭載しており、数値の確認や修正が素早く行え、業務効率の加速も実現できます。

リアルタイムに経営状態を可視化

CPMツールでは、刻一刻と変化する数値が、関連するすべてのデータにリアルタイムで反映されます。これらのデータは、カスタマイズ可能なビジネスインテリジェンス(BI)により、必要なときに必要な形で確認可能です。

つまり、経営層はもちろん、メンバーそれぞれの立場に応じて、個別に最適化されたグラフなどを瞬時に作成可能。現在の経営状態をスピーディーに可視化できるのです。

経営判断をスピードアップ

経営状態の可視化に加え、蓄積されたデータからの統計解析、予測分析などを行うことで状況に応じた事業計画の軌道修正が可能になり、迅速な経営判断ができるようになります。

BOARDでは、シミュレーション・計画管理で、具体的な販売戦略を練り直すことも可能であり、事業内容に応じて在庫・生産・流通管理機能を追加可能な拡張性、柔軟性も備えています。

BOARDとは

BOARDは、BIおよびEPMを、プログラミング不要な単一の統合プラットフォームに迅速に展開できるソリューションであり、世界中の3,000社を超える企業が活用しています。

従来のBIまたはEPM・CPMに比べ、展開の時間とコストはわずかです。また、BOARDプラットフォームは組織の情報をを正確かつ完全な形で一つの情報として提供します。このプラットフォームは、企業のビジネスプロセスと完全に統合され、戦略的なものから運用の詳細にいたるまで、パフォーマンスレベルの計画および監視を一元的に提供します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
BOARD Japanの資料を無料DL

CPMで経営判断をスピードアップ

本文でも解説したように、企業を取り巻く市場環境の変化は加速度を増しており、四半期や年度ごとに行われていた事業計画の見直しも、より短い間隔で行う必要性が生じています。

こうした状況で企業が継続的な成長を遂げ、競争力を保つには、市場の変化にスピーディーに対応する経営判断が必要です。同時に、経営判断を的確なものとするため、数値に裏付けられた精度の高い状況判断も重要になります。

正確性の確保されたデータを元にした効率的な集計で、経営状態の可視化と分析を行い、経営判断をアシストする経営管理システムは、その意味において、すべての企業にとって必要不可欠のものであるといえるでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
BOARD Japanの資料を無料DL