ベンチャー企業でインターンをして良かった3つのこと〜スマートキャンプの場合〜 #Ownership #インターン

ベンチャー企業でのインターンで身についたことやギャップなどを、スマートキャンプでの経験をもとにまとめました。ベンチャー企業でインターンをしたいと思っている方にも、スマートキャンプの様子を知りたい方にもおすすめの記事です。
ベンチャー企業でインターンをして良かった3つのこと〜スマートキャンプの場合〜 #Ownership #インターン

こんにちは、広報インターンの関です。

「ベンチャー企業でインターンするメリットってなに?」「長期インターンは会社によるって聞くけど実際はどう?」など、インターンする前の疑問って、たくさんありますよね。

私や他のインターン生の経験をもとに、スマートキャンプでインターンをして良かったことやギャップをまとめてみました。ベンチャー企業のインターンに一歩を踏み出せない方、必見です!

スマートキャンプで半年以上インターンして得た3つのこと

現在スマートキャンプで広報のインターンをしている私は、都内の大学に通う3年生です。長期インターンは全部で3社経験していて、スマートキャンプでのインターンは3年の春から始めました。

そんな私が「スマートキャンプでインターンしたからこそ得たと思う3つのこと」について紹介します。

自主性を鍛えられる

ベンチャー企業ではインターン生といえども「自主性」が求められます。スマートキャンプはインターン生に重みのある仕事を任せる分、特にその傾向が強く感じました。

とは言ってもそんなに厳しいものではありません。自分の仕事をより効率的にするための工夫だったり、周りの人への働きかけだったり、小さなことばかりです。でも学生だとそれすらも難しく感じます。

仕事を円滑に進めるための「自主性」は大手でも中小でもベンチャーでも必要になるものです。社会に出る前にインターンで少しでも身につけられて、本当によかったと思います。

思考力が身につく

社会人と仕事をするので、学生生活だけでは身につかない物事の見方や考え方が身につきます。特にスマキャンは大企業と比べて社員数が少ないので、代表や経営陣とMTGを行う機会も発生するんですよ。

当然、優秀な方たちの思考回路の一部を垣間見れます。「そんな考え方が...!」と思うことが多くて、とても刺激的です。

優秀な社会人・学生とのつながりができる

スマートキャンプの短期/長期インターンどちらもですが、インターン参加者とはSNSでつながることが多いです。仲良くなると一緒にごはんに行くこともありますね!

つながれる社員が優秀なのは当然のこととして、学生も優秀で動きが早い人が多いです。SNSでつながっておくと、就活のイベントに誘われる・自分が会いたい人を紹介してもらえる、など良いことづくしです!

ちなみにスマキャンでは「思考力」を“Smart Thinking”、「自主性」を“Ownership”、「人を巻き込む力」を“Collaboration”として、行動指針の軸“SOCS”に掲げています。毎週ランダムに選ばれた社員2名が自分の“SOCS”な取り組みを発表する場もあるんですよ!

スマートキャンプのバリューを語れ!HighSOCS LT #SOCS | .▲.tent
スマートキャンプには「SOCS」という行動指針(values)があり、メンバーのSOCSエピソードを共有する場とし...

インターンする前と後のギャップ

実際にスマートキャンプにインターンして感じたギャップは、2つあります。

想像以上にホワイト企業

インターン前までは「ベンチャー企業って仕事たくさんあってブラックなんでしょ...」と思っていました。そんなイメージがある方は多いのではないのでしょうか。私の周りにも同じように考えている人はいます。実際ベンチャー企業にインターンして実感したのは、いわゆるブラックな企業とホワイトな企業の2種類があるということです。

スマートキャンプは間違いなくホワイト企業で、むしろ「業務時間外は仕事しないでね!ちゃんと休んで!」と言ってくれます。限られた時間内で効率的に仕事をすることを求められているので、結果ホワイトにつながっているのかもしれませんね。

入社する環境をよく知ってから入社を決めることは大事です。しっかりと見極めましょう!

自分から学びにいく姿勢が必要

入ったばかりの時は「つきっきりで教えてくれる教育係みたいな方がいるのかな」と思っていました。でもベンチャー企業ではそんなことはありません。レクチャー自体はきっちりしてもらえますが、教えてくれる人も仕事があるので、私につきっきりで指導をするというのは不可能なんですよね。なので、自分から「何に困っていて、何を聞きたいのか」を他の人には発信することが大切です。

他のインターン生3人にも聞いてみました!

スマートキャンプのインターンは広報以外にメディアもあります。ここでメディアのインターン生3人に軽い座談会形式でお話しを聞いてみました。

八尋:デザイン学校に通う3年生。.▲.tentのロゴ作成を担当。
竹野:都内の大学に通う理系の大学3年生。3daysサマーキャンプインターン参加者で、新卒内定者からの紹介でスマートキャンプを知った。
保坂:都内の大学に通う文系の大学2年生。竹野と同じくサマーインターンがきっかけでスマートキャンプで長期をインターン中。

ースマートキャンプで身についたことはなんですか?

八尋:ライティングについての知識はすごく身につきましたね。あと、私自身がデザイン系の学校に通っているのもあってロゴ作りに関わらせていただいた際はすごく勉強になりました。

保坂:ライティングについての知識はもちろんなんですけど、それ以外にも学生生活では使わないようなPCのスキルが身につきました。

竹野:ネット上の情報の取捨選択力です。物事の本質を捉えられるようになったと思います。

▲座談会でのインターン生の様子

ースマートキャンプの働く環境についてどう思いますか?

八尋:インターンだけど、裁量権が大きいと思います。自分が手を挙げれば任せてくれるのはすごいなと思いますね。

竹野:周りが積極的に仕事をしているので、自分も鼓舞されてやる気がでます。皆ちょっとしたことにも気づいて動いているんですよね。実際自分も少し視野が広くなった気がします。

保坂:活気があって作業しやすいですね。スマキャンって適度に植物が置いてあったりBGMが流れたりしているので、殺伐としていなくて良いです。唯一気になるところは、人数が増えて空気清浄機が足りなくなっていることですかね(笑)

ー3人とも、ありがとうございました!

以上、スマートキャンプでインターンをしていて得たことを私の視点でまとめてみました。

インターン先の企業選びは本当に大切だと思います。スマートキャンプとは違い、同じ仕事しか任せてもらえないなどアルバイトのようなインターンも一定数存在します...。

「自分がどういう力を身に付けたいのか」「何に興味があるのか」などを考えて自分に合ったインターンを探してみてはいかがでしょうか。

Welcome to SMARTCAMP!

引き続き.▲.tent.ではスマートキャンプの情報を公開していきます!スマートキャンプに興味がある方はぜひ求人もご覧ください!

スマートキャンプ株式会社|求人一覧

人気の記事