北海道と東京が0距離に | テレビでオフィス同士をつなげました #リモート #Mission #北海道

北海道と東京、2つのオフィスを持つスマートキャンプ。文字だけではないオフィス間交流について書きました。
北海道と東京が0距離に | テレビでオフィス同士をつなげました #リモート #Mission #北海道

こんにちは!スマートキャンプ広報インターンの関です。

スマートキャンプは本社が東京にある一方で、北海道に支社があります。離れていて、なんだか寂しいですよね。

「リモートでもつながりたい!」という思いで、この約1200kmの距離を縮める方法を編み出したので報告します!

北海道と東京がつながりました

北海道オフィスを開設してから早1か月。
とうとう東京本社と北海道支社がつながる時がきました。

そう、テレビでね…。

【東京オフィス目線】ピースサインをしてくれる北海道オフィスのメンバーたち

このように業務時間内は画面越しでつながっています。
最初は音声もつながっていたので、北海道オフィスの電話が鳴ったときに一瞬ドキリとしました...(笑)

通常なら見えないお互いのオフィスの様子も、こうして見えるようになると一気に距離が近づいた気がしますよね。個人的には親近感や仲間意識が一気に上がったと思っています。

つながることで生まれた2つのもの

つながったことで生まれたものは2つあると思います。

様子が見れることで一体感や連帯感が生まれた

1つめは勉強会や報告会の同時開催・共有による一体感です。

たとえばスマートキャンプでは各部署の業績を1週間ごとに報告する『週報』というものが毎週月曜日に行われています。これは基本的に全社員が参加する重要なイベントで、社内の透明化や一体化に一役買っています。

以前から北海道オフィスの方々も音声の同時配信などで週報に参加していました。ですが北海道オフィスの光景が見えないので寂しかったり、一緒に週報に参加している感覚が薄かったりしたんです...。

ですがこのテレビが導入されたことで一緒に参加している感覚が生まれました。メンバーも増え、支社ができるのは嬉しいことですが、一方で一体感が下がってしまいやすいのも事実。このような取り組みで再び一体感を高められ、とても良かったのではないかと思います。

動きが見れるからこそのコミュニケーションが生まれた

2つめは軽いコミュニケーション。

北海道オフィスの人々とは画面を通してコミュニケーションをとっています。
写真をとろうとすると、カメラに気づいてピースサインをくれたり、画面越しに目が合うと手を振ってくれたりするんです。

北海道オフィスのメンバーの神対応に、東京メンバーのテンションも上がります。

【東京オフィス目線】ぬいぐるみとダンボールでコミュニケーションを楽しむ社員2人

カメラにぬいぐるみを近づけたり、メッセージの書いてあるダンボールを画面いっぱいにしてみたり...すごく楽しそうです。

北海道のメンバーと連絡をとって業務で協力をしてもらうことは普段からあります。この記事も北海道のメンバーの協力のもと作成しました。

このような形でコミュニケーションを取れるのは、お互いに仕事を気持ちよく円滑に進めるという面でも役立っているのではないでしょうか。

一方で北海道オフィスからの景色は...

北海道オフィスからはこのように、東京オフィスの様子が業務時間中ずっと見えるようになっています。
こうしてみるとあまりオフィス間の距離を感じませんよね。

【北海道オフィス目線】北海道オフィスの画面から見える景色

そんな北海道オフィスのメンバーからコメントをいただいたので、軽く紹介します!

インターン生の吉野仁くん
「本社との風通しが良くなり、ますます働きやすいです!本社の雰囲気を感じられて嬉しいです!」

インターン生の菊地真由さん
「画面を通して雰囲気が伝わってきて、距離が近くなったような気がします!たまに何気なく画面越しにアクションしてくれるのがうれしいです!!」

新スタッフの岩井佑介さん
「本社に行ったことが無いため、本社の方がどういう場所で、どういう雰囲気で働いているのかがわかりませんでした。テレビでつないでいただいたことにより、映像を通して親近感が湧いたので非常に良かったと思います。また、思った以上に気さくな方が多いのがわかりました。」

スマートキャンプ社員の和田さん
「北海道と東京の距離を感じていましたが、TV画面を通じてリアルタイムで本社の様子を見たり、会話ができたりして感動しました。距離感もテクノロジーで解決してしまうスマートキャンプすごいなと思いました!」

松本支社長
「これまでWeb会議やSlackでのやり取りを定期的に本社としていましたが、基本的に業務に関する報連相がほとんどでした。
テレビで常時繋がる事によって、空いた時間に声をかけたりとか、雑談をしたりする様な機会が出来たので、本社と支社の壁を感じなくなりましたね。

余談になりますが、テレビの前を通る際に、手を振ってくれたり、変顔をしてくれる社員に癒やされてます笑」



北海道オフィスのみなさんにとっても、大切な交流ツールになっているようですね。
今後もこうして他愛のないことから重要なことまで、さまざまな用途で使っていきたいです!

いかがでしたか?

現代はリモートという単語が一般的になり、好きな場所で働きやすくなっていますよね。一方で「円滑なコミュニケーションが取りづらい」ことがリモートの課題の1つです。

このようにしてコミュニケーションをとりやすい環境を作り出し、さらに生産性高く働きやすい社会にしていきたいですね。

北海道にニュースはこちら

北海道支社設立に際して日本経済新聞に掲載していただきました  # 北海道支社 # Mission # インサイドセールス | .▲.tent
スマートキャンプの北海道支社設立およびインサイドセールス特化のコールセンター開設に際して、日本経済新聞に掲載してい...
【スマートキャンプ北海道支社】東京に続き、札幌でも2020年度新卒採用をスタートしました!#北海道 #SmartThinking | .▲.tent
2019年2月12日に開設したばかりのスマートキャンプ北海道支社で、2020年度新卒採用説明会を実施しました。今回...


Welcome to SMARTCAMP!

引き続き.▲.tent.ではスマートキャンプの情報を公開していきます!スマートキャンプに興味がある方はぜひ求人もご覧ください!

スマートキャンプ株式会社|求人一覧

人気の記事