「若手アスリートのセカンドキャリアを支援したい。」代表取締役 古橋が語るアスリート採用への思い #Mission #Vision

代表取締役の古橋が.▲.tent.初の記事を書きました。アスリート採用に込める思いを語っていますので、ぜひご覧ください。
「若手アスリートのセカンドキャリアを支援したい。」代表取締役 古橋が語るアスリート採用への思い #Mission #Vision

こんにちは。代表古橋です。
おかげさまでスマキャンも丸5年が経ちまして、組織も60名くらいと少しづつですが大きくなってきました。
今年は100人の壁に突入しそうでして、結構緊張しています。どんな組織にしていこうか、どんな課題が起きるんだろうか、など。経営者としての悩みは尽きないなぁというのが正直なところです。

そんな中、今年は徹底的に採用・組織周りにグッと介入していこうと思っています。今特に採用面を設計しているのですが、スマキャンで活躍している人ってどんな人なのかなというのを考えていました。
そうすると、

・第二新卒
・元アスリート(弊社では、スポーツに限らず何かに全力で打ち込んでた人をアスリートと総称しています。)

が結構他社と比べても多くて特徴的だなと思いました。もちろん上記に当てはまらずとも活躍しているメンバーはたくさんいるのですが、特徴を挙げるとこうなりました。
私自身、大学時代は体育会水上スキー部に所属していたのと、新卒で入った会社を1年程で辞めており第二新卒経験もあるので、波長が合うのはあるかもしれません。
またこれらをさらに特徴を加えるとすると

・どこかで一度挫折経験がある

というのが重要なのかなと思っています。私も学生時代日本一になれなかったり、新卒でお世話になった会社へ貢献できなかったりと、そこでの挫折した経験が今の自分を作っているように思います。
特にアスリートとしてキャリアを築いていきたいと考えていた人が、20代中盤から後半にかけて怪我や不調なので引退したときの雇用の受け皿が少ないようにも感じます。新卒の就活だと、「体育会出身」というのは一定のアドバンテージがあるように思いますが、社会人アスリートはそうではないというのが現状だと思います。
※あくまでも個人の所感です。

スマキャンとしては、何かに打ち込んできてやりきった人は、ジャンルを変えても充分に成功できると確信しており、実際にそれで入社した人はご多分に漏れず結果を残しています。
所謂アスリートのセカンドキャリアを、スマキャンでは全力サポートしたいと思います。

なので、そういった経験がある方はぜひ弊社採用にエントリーして頂ければと思います!!(笑)

ちなみに参考までにどのようなアスリート経験者がいるかと言いますと、


・高校野球経験者(甲子園出場およびベスト8まで行った実績あり)
・水泳関東大会出場
・ビリヤード全国2位
・スピードスケートインターハイ
・ハンマー投げインターハイ
・ポケモン世界大会出場
・ドラム極めすぎて楽曲提供
etc....

など、結構特徴的です。笑
素敵な仲間と最高の仕事をしていきたいと思っているので、ピン!と来る方いらっしゃいましたら気軽に応募してください!
(新卒、中途問わずお待ちしております!!!)

求人情報



人気の記事