テレワーク・デイズとは?テレワーク導入のねらいやメリットを解説

2018年7月23日〜7月27日の間、「テレワーク・デイズ」が実施されています。本記事では、テレワーク・デイズの概要や、そもそもテレワークとは何か、また導入のねらいやメリットについて解説します。
テレワーク・デイズとは?テレワーク導入のねらいやメリットを解説

テレワークとは?

テレワーク・デイズの説明を行う前に、簡単に「テレワークとは」という点について、解説をしたいと思います。

テレワークとは、「tele=遠く(離れた場所)で」「work=働く」という意味の造語であり、一般的には“在宅勤務”のことを指して使うケースが多いです。しかし、テレワークは、在宅勤務だけでなく“会社以外の場所で働く”ことを意味しています。

テレワークという言葉自体は日本の造語ですが、海外にも同様の労働形態は存在しており、米国では1970年代から行われているようです。

テレワーク・デイズとは?

テレワーク・デイズとは、2018年7月23日(月)~ 2018年7月27日(金)の間において、各企業・団体の状況に応じて、2020年東京オリンピック開会式の日である7月24日(火)+その他の日の計2日間以上を「テレワーク・デイズ」と定め、テレワークの実施を促すものです。

テレワーク・デイズは、総務省、厚生労働省、経済産業省,国土交通省、内閣官房、内閣府が主導している、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた働き方改革の取り組みです。

この取り組み自体は、2017年に始まったもので、2020年東京オリンピック開会式の日にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、全国一斉にテレワークを実施しました。結果としては、約950団体・6.3万人もの参加者を得られ、一定の成果を出せたといえます。

テレワークのねらい、期待される効果

テレワーク・デイズの取り組み自体は、2020年の東京オリンピック開会式での通勤緩和がメインのねらいとして見られがちですが、テレワークには下記のようなさまざまな効果が期待されています。

少子高齢化対策の推進

  • 女性、高齢者、障がい者等の就業機会の拡大
  • 労働力人口の減少のカバーに寄与

ワーク・ライフ・バランスの実現

  • 家族と過ごす時間、自己啓発などの時間増加
  • 家族が安心して子どもを育てられる環境の実現

地域活性化の推進

  • UJIターン・二地域居住や地域での企業等を通じた地域活性化

環境負荷軽減

  • 交通代替によるCO2の削減等、地球温暖化防止への寄与

有能・多様な人材の確保、生産性の向上

  • 柔軟な働き方の実現により、有能・多様な人材の確保と流出防止、能力の活用が可能に

営業効率の向上・顧客満足度の向上

  • 顧客訪問回数や顧客滞在時間の増加
  • 迅速、機敏な顧客対応の実現

コスト削減

  • スペースや紙などオフィスコストの削減と通勤・移動時間や交通費の削減等

非常災害時の事業継続

  • オフィスの分散化による、災害時等の迅速な対応

テレワークは、昨今の日本の労働社会における課題を、解決する1つの策になるのではないでしょうか?

伊藤忠テクノソリューションズでの取り組み

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)でも、積極的にテレワークを取り組んでいます。2017年のテレワークデイに関しても、全役職員(役員、正社員、受入出向社員、契約社員、嘱託社員、派遣社員)を対象とし、対象の約36%にあたる2,700人がテレワークを実施しました。

詳細は以下の記事よりご覧ください。

テレワーク・デイズの働き方(前編) CTCの取り組みにみる効果と課題 | 大企業の働き方改革コラム
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)では、2017年のテレワーク・デイに続き2018年のテレワーク・デイズにも参...
社内がつながるコミュニケーションを一瞬で
「Tocaro(トカロ)」はBoxに最適化されたビジネスチャットツールです。お使いのBoxはそのままで、ファイル共...