【Tocaro】Box連携を徹底解説

ビジネスチャットTocaroのBox連携について、徹底解説します。
【Tocaro】Box連携を徹底解説

Box連携とは

一般的にチャットツールの「連携」というと、「通知」することが一般的だったりします。

ですが、TocaroのBox連携は、一般的な連携とは異なり、大手のBoxユーザーが求めている連携を実現しています。一言でいうと、「Tocaro(チャット)に送ったファイルをすべてBoxに自動保存」することができます。

また、Box上に自動保存するうえで、Tocaroのストレージを介すこともないため、完全にファイルの置き場をBoxだけに限定することができます。

Boxについてはこちら

企業向けクラウドストレージ「Box」は、なぜ多くの企業に選ばれるのか? | 大企業の働き方改革コラム
いつでも、どこでも、アクセスできる便利なサービスといえば、クラウドストレージ!かつては個人利用が主でしたが、企業利...

Box連携に投資したワケ

上述したように、TocaroのBox連携は、一般的な連携と異なるため、開発するにあたりそれなりの投資を行っています。では、なぜBox連携に投資したのか、ここでお話したいと思います。

いくつか理由はありますが、大きくは2つです。

  1. BoxのNo.1リセラーとして、Boxユーザーにさらなる価値を提供したかったから
  2. Tocaroユーザーから、「ファイルだけは閲覧権限など細かく設定を行いたい」というニーズが多かったから

やはりCTCとして多くのBoxユーザーを抱えていたことは、大きなポイントになりました。それに加えて、Boxは使っておらずチャットのみを使っているユーザーからも、”ファイル”への権限設定を強く要望されたことが、最終的にBox連携に投資を行った理由になります。

チャットは使っているけど、“ファイルは送れない設定”にしている、または“ファイルは送らないルール”にしているお客さまも、日本には多くいらっしゃいます。こういったお客さまには、ぜひTocaroのBox連携をご利用いただき、チャットでファイルを送れる利便性を体感していただきたいと思っています。

Box連携で提供できる価値

お客さまには、TocaroのBox連携を使っていただくことで、「Box単体で使うよりも“もっと素早く”、Tocaro単体で使うよりも“もっとセキュアに”」、コラボレーションを行うことができます。

機能紹介はこちら

ビジネスチャットの「Box連携」が便利な理由 | 大企業の働き方改革コラム
Fortune500の6割以上の企業が導入する「Box」と連携ができるビジネスチャットツールが非常に増えています。...

Boxユーザーは、社内だけでなく、社外コラボレーションにも利用の幅を拡げているケースが多いです。ですが、使うツールは、やはりメールが基本。ここで、BoxとTocaroを合わせて使っていただくことで、“長いメールを書いて、共有リンクをわざわざコピペして”という手間から解放されるようになります。


このように、企業向けにユーザービリティ/セキュリティの両面を考えて開発しています。今後も利便性を高めるためのアップデートを検討中です。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

社内がつながるコミュニケーションを一瞬で
「Tocaro(トカロ)」はBoxに最適化されたビジネスチャットツールです。お使いのBoxはそのままで、ファイル共...
人気の記事