ビジネスフォン中古導入のメリットとは | おすすめメーカー・機種10選

ビジネスフォンの中古導入のメリットとは?オフィスの電話取り次ぎを効率化するビジネスフォンを格安で導入したいニーズは大きく、中古導入を考慮する企業も多いでしょう。販売価格だけでないそのメリット、導入の注意点、おすすめメーカー・機種を紹介します。
ビジネスフォン中古導入のメリットとは | おすすめメーカー・機種10選


ビジネスフォンとは

ビジネスフォンとは、複数の外線や内線ネットワークを複数台の電話機で共有・制御し、自由度の高い外線・内線通話、保留・転送を実現する電話システムです。多くのスタッフ・部署が存在する、組織・企業内での効率的な電話取り次ぎを実現するビジネスフォンは、企業活動には欠かせないものだといえるでしょう。

しかし、その導入コストはけっして安いものではなく、多くの企業が固定費の削減を念頭に、中古ビジネスフォンの導入を検討しているのかもしれません。

この記事ではそのような方に向け、中古ビジネスフォン導入にどのようなメリットがあるのか、中古市場の概要や注意すべきポイントを解説し、中古導入におすすめのビジネスフォンメーカー・機種を厳選して紹介していきます。

ビジネスフォンのシステム構成

家庭用の一般電話機と異なり、ビジネスフォンは電話機を購入しただけでは動作しません。ビジネスフォンは、その自由度の高い電話機能を実現するため、複数の回線や電話機を制御するための主装置=PBXが必要になります。

つまり、主装置に必要な台数の電話機を組み合わせたものがビジネスフォンです。近年では一般電話回線の代わりに、ひかり電話回線を利用するIP-PBXも登場。どちらもハードウェアの組み合わせになるのは同様であり、基本的には、導入した主装置に対応する専用電話機が必要になるのも同様です。

以下の記事では、ビジネスフォンの主装置についてより詳しく解説しています。

ビジネスフォンの主装置とは | 役割・仕組み・クラウドPBXとの違い・選び方を解説 | TRAMSYSTEM
ビジネスフォンの主装置は、外線・内線を端末となる電話機で共有するため、電話交換機としてシステムを制御するものであり...

ビジネスフォンの価格相場

新品ビジネスフォンの価格相場は、主装置が扱える回線規模によって約20万円から、専用電話機が1台あたり3〜4万円程度となっており、IP-PBXの場合はこれがより高額になる傾向があります。つまり、小規模オフィスが3〜4台の新品ビジネスフォンを導入するケースでも、工事費なども含めれば高額になってしまう可能性が大きいといえるでしょう。

このため、多くの企業がリース契約を結んでビジネスフォンを導入している、といわれています。

以下の記事では、ビジネスフォンの価格相場についてより詳しく解説しています。

ビジネスフォンの価格は総額ではない?費用を左右する要因と導入方法 | TRAMSYSTEM
ビジネスフォンの価格は電話機だけでなく、主装置やその設置・設定などの工事費が必要です。初期費用を抑えて業務に耐える...

豊富な在庫を誇る中古ビジネスフォン市場

契約期間が定められているリース契約では、リースアップ時にビジネスフォンを返却しなければなりません。また、事業拡張やスタッフ増員に伴ったリース期間中のリプレースによる借り換えで、比較的新しいビジネスフォンを返却する企業も少なくありません。

こうした事情もあり、国内の中古ビジネスフォン市場は、状態の良好な在庫が豊富に取り揃えられている状況です。導入コストを抑えてビジネスフォンを導入したい企業は、中古市場にも注目すべきだといえるでしょう。

ビジネスフォンを中古導入するメリット

それでは、中古のビジネスフォンを導入することで、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

ビジネスフォン導入コストを削減

まず一番に挙げられるメリットとして、導入コストの大幅削減があります。

上述したように、新品のビジネスフォン導入は、機器代金のほかにも工事費などが必要となり、大きな初期導入コストがかかります。中古のビジネスフォンであれば、導入コストを新品の3分の1〜10分の1程度まで抑えられるのです。

もちろん、工事費などはそれほど節約できませんが、コストの大部分を占める機器代を抑えられるのはメリットであり、その分の資金を経営資源にまわすのも可能でしょう。

豊富なラインナップから選択可能

リースアップ、リプレースなどが活発なビジネスフォンでは、状態のいい中古品が市場に多く出回ります。このため、現行製品などの比較的新しい機種から、機能的には同等ながら製造完了した機種まで、中古市場に出回る豊富なラインナップからニーズに応じた選択が可能です。

また扱い方にもよるものの、ビジネスフォンは故障しにくい製品でもあり、10年以上利用できたりと中古で導入しても比較的長期間使える場合も多いようです。

契約年数に縛られない柔軟な運用

新品のビジネスフォンは高額になりやすいため、リース契約で導入する企業が多いことは述べました。しかし、途中解約ができないリース契約の場合、リースアップまで使い続けなければならないなどのデメリットがあります。

一方の中古ビジネスフォンはリース契約が基本的に行えないため、契約年数の縛りもなく機器返却の必要もありません。機能に満足していて故障などがなければ、使い続けていくのも可能です。

より高機能のビジネスフォンにリプレースすることになっても、導入コストが低いため、リスクも最小限に抑えられるのです。

中古導入にデメリットはあるか

もちろん、中古ビジネスフォンにもデメリットはあります。具体的には中古のためメーカー保証がつかない、製造完了製品などは修理パーツが手に入りにくい、故障のリスクが新品より高くなるなどが挙げられるでしょう。

しかし、整備の行き届いた中古ビジネスフォンも多く流通しているため、信頼のおける中古販売業者を選び、適切な機種を選択すれば、問題は多くないといえます。

ビジネスフォン中古導入で注意すべきポイント

ここまでで、中古ビジネスフォン導入には、コスト面をはじめとした多くのメリットがあることを解説してきました。では、実際に中古ビジネスフォンを導入する場合に、注意すべきポイントなどはあるのででしょうか。

中古でも回線・設置工事は必須

電話回線を共有・制御するビジネスフォン導入は、電話回線工事が必須であり、内線ネットワークの設定などに専門知識が必要なため、設置工事も不可欠です。これは新品・中古を問わず、ビジネスフォン導入時に発生するコストだといえます。

中古製品の調達時に、回線・設置工事も同時に依頼できるのかはもちろん、適切なアドバイスや提案ができるのかなど、費用だけで判断せず、サポートを含めたトータルで業者の選定を行う必要があるでしょう。

回線増設・修理を考慮

専用電話機と主装置の組み合わせになるビジネスフォンでは、中古で販売される場合もセットになるのが通常です。そのため、主装置に接続できる電話機数に余裕があっても、あとから専用電話機のみ追加するのは難しいかもしれません。

また、格安だからとあまりに古い機種を選ぶと、万一の場合に修理できないということもあるでしょう。中古ビジネスフォン選定の際は、こうした点にも注意を払い、相談に乗ってくれる業者を選定するのが安全です。

必要な機能を見極める

中古に限らず、ハードウェアであるビジネスフォンは、導入した時点での機能に限定されてしまうため、ニーズに応じて機能を拡張していくのは難しいといえます。

なぜビジネスフォンの導入を検討しているのかを念頭に、自社がビジネスフォンに求めている機能を明確にし、ニーズを満たしている機種を選択することが重要です。

中古導入におすすめのビジネスフォンメーカー・機種10選

中古ビジネスフォンのメリット、導入にあたっての注意点を踏まえ、以下からは、中古導入におすすめできるビジネスフォンメーカー・機種を厳選して紹介していきます。

SAXA PLATIA PT1000

  • 中小規模オフィスに最適
  • 充実の基本機能・UI機能
  • スマートフォンの内線化対応

SAXA PLATIA PT1000は、スタイリッシュなデザインで人気のビジネスフォンであり、現時点で新品販売も行われている現行機種です。
Bluetooth通信のコードレスフォン、バリエーション豊富な主装置、ナースコール機能などの特徴を持ち、ビジネスフォンとしての充実した基本機能とともに、スマートフォンの内線化対応で優れたUI機能も提供します。

SAXA AGREA HM700

  • セキュリティ製品との連携が可能
  • 中小規模オフィス向けのIP-PBX
  • 規模に応じたStandard / Proシリーズ

SAXA AGREA HM700は、人感センサ搭載電話機によるセキュリティ送信、入退出管理が可能なビジネスフォンです。
8台までの電話機に対応するStandard、32大までの対応が可能なProシリーズがラインナップされ、中小規模事業所に最適な規模間を持ちます。拠点間のシステムでIP-VPN接続を行うのも可能です。

NEC UNIVERGE Aspire-X

  • ルーター機能搭載でIPネットワーク対応
  • 大規模企業対応の高い拡張性
  • 充実した基本機能

NEC UNIVERGE Aspire-Xは、主装置にルーター機能を搭載し、柔軟なIPネットワークを構築可能なビジネスフォンです。
IP電話機による内線ネットワークはもちろん、各拠点間の接続にマルチ方式で対応。ビジネスフォンとしての充実した基本機能を備え、PCを活用としたWeb会議やデータ共有、ナースコールコールセンター機能も備えます。

NTT αBX II


  • 充実の音声メール機能
  • CIT機能で対応履歴を確認
  • セキュリティ装置連動機能

NTT αBX IIは、内線VoIP機能を搭載し、拠点間の通話を効率化するビジネスフォンです。
通話録音、メールボックスサービス、お待たせメッセージ、伝言メッセージなどの音声メール機能が充実、CTIアプリケーション連動で顧客情報を確認しながらの電話対応も可能です。セキュリティ装置・ネットワークカメラ接続も可能。

NTT αNX Plus

  • ひかり電話対応
  • 内線VoIP機能で通話料を定額化
  • 規模に応じたtype S/M/Lをラインナップ

NTT αNX Plusは、ひかり電話対応と内線VoIP機能により拠点間の通話料を定額化し、効率的な業務を実現するビジネスフォンです。
10台までの電話機接続に対応するSOHO向けtype S、30台までの中小企業向けtype M、576台までの大企業向けtype Lをラインアップ、FOMAや一部スマートフォンの内線化も可能です。

NTT αNX II Plus

  • 最新のIP-PBX
  • スマートフォンの内線化が可能
  • 充実の基本機能・CTI機能

NTT αNX II Plusは、αNX IIの後継機種となる最新の現行IP-PBXです。
従来型の基本機能を受け継ぎつつ、スマートフォンの完全内線化やCTI機能の充実を実現し、豊富な音声メール機能で業務効率化をはかります。もちろん、SOHOから大企業まで規模に応じて選択可能なS/M/Lの3タイプをラインアップ。

SAXA Regalis UT700

  • ひかり電話・アナログ回線両対応
  • 充実のセキュリティ送信機能
  • ネットワーク連携メール機能

SAXA Regalis UT700は、ひかり電話・アナログ電話回線両対応のビジネスフォンで、加入回線ごとにインテリジェンスな振り分けが可能です。
小規模事業所で有用な着信履歴転送などのメール機能、セキュリティ機器送信によるセーフティ機能が充実しています。

HITACHI integral-E

  • 60台の電話機に対応するIP-PBX
  • 携帯ブラウザ連携機能搭載
  • 柔軟な拡張性

HITACHI integral-Eは、60台までの電話機接続に対応するひかり電話。アナログ電話回線両対応のビジネスフォンです。
余裕のある接続数で、将来の成長にあわせた拡張を柔軟に行えることに加え、携帯電話のブラウザを利用し、外出先からでもさまざまな操作・設定が可能。着信時に変化する7色ディスプレイで、発信者の判別も可能です。

NTT αGX

  • 安定した人気を誇るロングセラーモデル
  • 規模に応じて3タイプ用意された主装置
  • ひかり電話・コードレス対応

NTT αGXは、2004年発売ながら息の長い人気を誇る、ロングセラービジネスフォンです。
10〜480台までの電話機接続に対応する3タイプの主装置をラインアップ。ひかり電話対応・コードレス接続などの基本機能が充実し、頑丈で使い勝手のよさが人気の秘密です。人気モデルだけに市場流通も豊富です。

Panasonic LA・Relier

  • 音声録音・再生機能が充実
  • 8台までの電話機接続
  • 見やすい表示で簡単操作

Panasonic LA・Relierは、8台までの電話機接続に対応する中小規模事業者向けのビジネスフォンであり、ツイン接続時には16台までの電話機接続にも対応可能です。
音声録音・再生機能が充実し、さまざまな着信転送が可能なほか、メールボックス機能、応答ガイダンスなどで業務をスムーズにします。

おすすめのビジネスフォン工事会社

全メーカーをマルチ対応し全国どこのエリアでも対応してくれる工事会社を紹介しておきましょう。

トラムシステム

  • 全国エリア対応
  • 国内全PBX/ビジネスフォンメーカーに対応
  • 新品・中古を用意し一括購入・リース・レンタルすべてに対応

コストとニーズを考慮したビジネスフォン選定を

企業活動に欠かせない存在であるビジネスフォンには、アナログのレガシータイプ、IPネットワークを利用するIP-PBXが存在し、それぞれが実現する機能はタイプに応じて大きく変わります。重要なことは、自社のニーズに合致した機能を持つビジネスフォンの選択であり、事業規模や内容に応じた最適な機種を選定すべく、熟慮していく必要があるでしょう。

その際に課題となるコストに関しても、中古まで含めれば選択肢は大きく広がるのは本文でも解説したとおりです。工事費を含めたトータルコストを念頭に、バランスの取れた選定が望まれます。