おすすめビジネスフォンメーカー解説 | 選び方・メーカーの特徴・最新機種9選

おすすめできるビジネスフォンのメーカー・機種とは?オフィスの電話連絡の効率化に必須のビジネスフォン。自社に最適な機能を満たす製品の選択はどのようにすべきか。各メーカーの特徴を解説し、新品に焦点をあてたおすすめ機種を紹介します。
おすすめビジネスフォンメーカー解説 | 選び方・メーカーの特徴・最新機種9選


最適なビジネスフォンを選ぶには

複数台の電話機で外線・内線ネットワークを共有・制御し、自由度の高い外線・内線通話、保留・転送を実現するビジネスフォンは、複数部署が存在し、多くのスタッフがかかわる組織・企業での効率的な活動に欠かせないものです。

しかし、企業の業種や業態、職種によってビジネスフォンに求める要素は異なり、多くの選択肢から自社に最適なものを選ぶのは簡単なことではありません。

この記事では、最新機種のビジネスフォンに焦点をあて、ニーズに応じた選択のポイントを解説し、メーカーごとの特徴、おすすめの最新機種を紹介します。

ビジネスフォンの主流はIP-PBXへ

一般的にビジネスフォンといわれるものには、電話回線と接続して電話機のネットワークを構築するアナログビジネスフォンと、ひかり回線などと接続し、電話機のネットワークをLANで構築するIP-PBXがあります。

両者の大きな違いは、アナログのビジネスフォンが基本的に電話機能のみとなる一方、IP-PBXではスマートフォンやPCを端末にでき、IT機器との高い親和性を持つなどの高い付加価値を持っていることが挙げられます。

このため現在では、ビジネスフォンの主流はIP-PBXとなっており、選定の際には、こうした将来性も考慮する必要があるでしょう。

機能重視の最新機種がおすすめ

ビジネスフォン導入の際に、まず検討議題となるのが「新品か中古か」なのではないでしょうか。中古には、初期費用が抑えられるという大きなメリットがあります。

しかし、中古ビジネスフォンの導入にはメーカー保証が効かない、サポート終了・故障対応終了のリスクがある、リースが利用できないなどのデメリットもあります。これに対し、最新機種のビジネスフォンはIP-PBX対応のものがほとんどであり、より新しい機能を活用できます。

機能重視でコミュニケーションを活性化させるためなら、新品の最新ビジネスフォンを選択するのがおすすめだといえます。

ビジネスフォン選択のポイント

それでは、機能を重視したうえで自社に最適なビジネスフォンを選択するには、どのようなポイントを基準にすればよいのでしょうか。

業種・業態に最適な機能で選ぶ

ビジネスフォンが基本的に備える保留・転送、外線・内線の共有といった機能以外に、自社の業種・業態で必要とする機能を洗い出し、条件を満たす機種を選定するのが重要です。

たとえば、発信・履歴管理、通話内容の録音など、付加機能がどの程度必要なのかを吟味する必要性が挙げられます。コールセンターであれば、CRM機能を統合できるビジネスフォンが選択肢に入るでしょう。

さらにビジネスフォンに求める要素によって、必要な電話機の台数も明確になり、機種を絞り込んでいくのにも役立ちます。将来的な増設を見据え、拡張性を備えているかなどを確認するのも選択のポイントとなるでしょう。

IP-PBXならではの機能も

ビジネスフォンの主流といえるIP-PBXは、従来のアナログビジネスフォンに比べ、より多くの機能を備えることは解説しました。検討時の参考になるよう、以下にIP-PBXならでは機能を簡単に紹介しておきます。

  • リモートコールバック
  • 外線手動転送
  • 通話モニター
  • IVR
  • ビデオ・電話会議

最新のIP-PBXでは、スマートフォンを内線端末として利用可能なものがほとんどとなっており、外線をスマートフォンに転送する外線手動転送、外出先から代表番号で発信可能なリモートコールバックなどが大きな特徴です。

また、通話内容のモニタリングや、着信を適切に割り振るIVR機能などのほかにも、ITと親和性が高いことを活用した、遠隔地とのビデオ・電話会議なども可能です。

IP-PBXとは | インターネットを活用するビジネスフォンの仕組みとメリット・クラウドPBXとの違い | TRAMSYSTEM
IP-PBXとは、電話機とLANネットワークを構築し、インターネットを活用した通話を可能とする電話交換機です。従来...

工事費を含めた総額で業者選定

内線にLANネットワークを利用し、外部ともIP回線で接続されるIP-PBXでは、従来機種よりも設置・設定が容易ではあるものの、導入する際、ある程度の工事費用は発生します。

電話線で内線ネットワークを構築するアナログビジネスフォンでは、電話に関する専門的な知識が必要になるため、この金額がより高額になる傾向もあります。

つまり、ビジネスフォンの機種選定では、単品の価格だけではなく、工事費も含めた総額で判断する必要があるのです。これらの要素を含め、的確なアドバイスと適正価格を提供できる、良質の販売業者を見極めるのが重要だといえるでしょう。

ビジネスフォンメーカーの特徴から選ぶ

ビジネスフォンメーカーは、主要なものだけでも12社以上が存在しています。それぞれが持つビジネスフォンの機能に関しては、メーカーによって特徴が存在するのも事実です。

このため、自社がビジネスフォンに求める特徴からメーカーを選定し、そこから機種を絞り込んでいくという方法も考えられます。

ビジネスフォン主要7メーカー

ビジネスフォンメーカーごとの特徴としては、機能のほかにも、どの程度の規模まで対応できるかという拡張性の違いがあり、オフィスにマッチするデザイン性なども判断材料となるでしょう。以下からは、主要なメーカーの特徴を簡単に紹介します。

NTT

  • 中小〜大企業まで幅広く対応
  • NTTブランドの安心感

接続できる電話機が1〜480台など、小規模の事務所から大企業まで対応する拡張性を持ち、ブランドとしての安心感が得られるビジネスフォンメーカーがNTTです。使いやすさに加え、流通数が多いため、故障対応がスムーズだというのも安心材料だといえます。

NEC

  • コールセンター機能が充実
  • 拡張性に優れたラインナップ

最適なオペレーターへの振り分けが可能なIVR機能、着信を均等に振り分けるACD機能など、コールセンターなどに有用な機能を持つ機種が多いビジネスフォンメーカーがNECです。そのため、回線増設などが容易な機種が多く、拡張性とともに幅広い企業に対応できます。

SAXA

  • 小規模〜中規模企業に最適
  • 用途にあわせた豊富なラインアップ

用途にあわせた豊富な機能を持つ機種をラインナップし、歴史と信頼性から大きなシェアを誇るビジネスフォンメーカーがSAXAです。使い勝手や見やすさに定評のあるデザイン性が特徴であり、小規模〜中規模企業に最適です。

AVAYA

  • 世界中でもっとも利用されているビジネスフォン
  • マルチベンダー対応であらゆる端末を活用

AVAYAは、あらゆる端末を活用できる、マルチベンダー対応ビジネスフォンメーカーです。ユニファイドコミュニケーションを追求した豊富な機能を持つため、そのすべてを業務効率化に生かすには、ある程度の企業規模が必要となるほどです。

NAKAYO

  • 介護・宿泊施設で多く活用されるビジネスフォン
  • 高機能で低価格

操作性の良さとデザイン性で人気を誇るメーカーで、介護施設や宿泊施設などをはじめとした幅広い業界で採用されているビジネスフォンメーカーがNAKAYOです。ナースコール、コードレス、事務電話機が一体化するなど、高機能で低価格なのが特徴といえるでしょう。

HITACHI

  • 規模に応じた拡張性
  • バランスの取れた機能

バランスの取れた機能・デザイン・利便性・耐久性などで、万能型といわれるビジネスフォンをラインナップするメーカーがHITACHIです。電話機数に応じて主装置を選択可能なため、さまざまなオフィス規模で使える拡張性も備えています。

OKI

  • ナースコール・ホテルシステムなどの豊富な機能
  • セキュリティ機能に重点

スマートフォンの端末接続からナースコール、ホテルシステム連携、CTI対応などの豊富な機能を備え、セキュリティ対策も万全な機種をラインナップするビジネスフォンメーカーがOKIです。ソフトフォンをはじめとした、さまざまな機器を端末で利用できるのが特徴です。

おすすめのビジネスフォン最新機種9選

各メーカーの特徴を簡単に解説したところで、それぞれのメーカーを代表するビジネスフォンを紹介しましょう。

NEC UNIVERGE Aspire UX

  • 多機能IP-PBXシステム
  • スマートフォン内線化やUC機能に対応
  • コールセンターにも対応する拡張性

NEC UNIVERGE Aspire UXは、マルチキャリアのIP電話に対応する多機能IP-PBXシステムです。
ビジネスフォンとしての機能はもちろん、スマートフォン内線化を含むUC機能が充実し、チャット、プレゼンス、Web機能も搭載。働き方を変革する円滑なコミュニケーションを実現します。ACD機能などでコールセンターにも対応、事業拡大に柔軟に対応する拡張性も備えます。

NTT αNX II type S/M/L

  • 複数拠点対応のIP-PBX
  • PCやスマートフォンの内線化に対応
  • オプションでナースコールにも対応可

NTT αNX IIは、電話台数10台まで対応のtype Sから、576台対応のtype Lまで、規模に応じて3タイプからチョイス可能な、複数拠点対応のIP-PBXです。
デザイン性に優れた豊富なIP電話を端末として利用できるほか、PCによるソフトフォン、スマートフォンも内線化できます。音声メール機能、CTI機能などが充実し、オプションでナースコールにも対応可能です。

SAXA PLATIA II Standard・Professional・Ultimate

  • 多機能IP-PBX
  • MLinerオプションでスマートフォン連携
  • ナースコール対応

SAXA PLATIA IIは、マルチキャリアのIP電話に対応し、IPネットワークによる多拠点接続が可能なIP-PBXであり、規模に応じて最大384台のIP電話が接続できるUltimateまでがラインアップされます。
スマートフォンでの外線着信、代表発信を可能にするMLinerアプリもオプションで用意、スマートフォンの内線化に対応します。

AVAYA Office

  • コミュニケーションをシームレスに統合
  • マルチベンダー対応でシステムを統合
  • 充実したUC機能

AVAYA Officeは、eメールへの音声返信、内線化されたスマートフォン、IMなどを統合し、好みの手法でコミュニケーションが取れるように設計されたコミュニケーションシステムです。
このUI機能を実現すべく、オープンスタンダードが採用されたインターフェースはマルチベンダー対応となり、さまざまなデバイスをシステムに統合できます。

NAKAYO Stand up Business iF S/M/L

  • ハイブリッドIP-PBXシステム
  • スマートフォン内線化対応
  • ナースコール対応

NAKAYO Stand up Business iFは、従来のビジネスフォンの機能とIP-PBXの機能を併せ持つ、ハイブリッド型のビジネスフォンです。
主装置に連動する無線LANデュアル端末を収容したことで、スマートフォンの内線化に対応。VPNを利用した拠点間ネットワークの構築も可能です。

IWATSU LEVANCIO

  • ひかり電話対応ビジネスフォン
  • 複数拠点でのシステム接続を実現するSite Link
  • 携帯ブラウザで発着信履歴を確認

IWATSU LEVANCIOは、通信コスト削減が期待できるひかり電話に、アダプターなしで接続可能なビジネスフォンです。
LEVANCIOを採用するすべての拠点をSite Linkで結び、互いを内線化するのも可能。充実した留守録機能に加え、携帯ブラウザから発着信履歴を確認するのも可能です。

OKI CROSCORE2

  • 複数拠点対応IP-PBX
  • スマートフォン・PC内線化対応
  • コールセンター・医療・宿泊施設対応

OKI CROSSCORE2は、OKIの各ビジネスフォンシステムとのSIP連携により、多拠点連携が可能なIP-PBXです。
これにより、社内のコミュニケーションを推進するWeb会議、プレゼンス、アプリケーション共有が可能となるほか、スマートフォンやPCの内線化も可能。ナースコール、ADC、IVR機能で医療・宿泊施設やコールセンターにも対応可能です。

CISCO IP Phone 7900

  • 音声とデータのネットワーク融合
  • IPフォンからさまざまな情報にアクセス可能
  • XML機能によるシステム拡張

CISCO IP Phone 7900シリーズは、ビジネスフォンの使いやすさをそのままに、音声とデータのネットワーク融合で、企業の生産性を向上させます。
XML機能をカスタマイズすれば、IPフォンからさまざまな情報へのアクセスが可能。Unified Wireless IP Phone 7921Gの利用で、UI機能をテレワークにまで拡大するのも可能です。

Panasonic IP OFFICE

  • 公衆IP電話サービス対応IP-PBX
  • スマートフォン内線化対応
  • 強化されたセキュリティ機能

Panasonic IP OFFICEは、多彩な公衆IP電話サービスに加入することでスマートフォンでの外線着信・代表番号発信ができる「バーチャルオフィス発信・着信」を可能にするIP-PBXです。
音声録音や転送が可能なほか、迷惑電話着信拒否、センサーやモニターと連動したセキュリティ機能も強化されています。

おすすめのビジネスフォン工事会社

マルチメーカー対応で全国どこのエリアでも対応してくれる工事会社を紹介しておきましょう。

トラムシステム

  • 全国エリア対応
  • 国内全PBX/ビジネスフォンメーカーに対応
  • 新品・中古を用意し一括購入・リース・レンタルすべてに対応

ビジネスフォンに必要な機能を見極めた選択を

メーカーによる独自の考え方もあり、ひとくちにビジネスフォンといっても、さまざまな機能を持つさまざまな機種が存在しています。こうしたビジネスフォンを活用するのは、それこそ千差万別な企業であり、それぞれがビジネスフォンに求める要素も異なってくるのです。

将来的な事業計画も含めた検討で、自社のニーズに最適なビジネスフォンを見極め、適切な販売業者とともに選択していく必要があるのではないでしょうか。